もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤舞美人 - 山廃純米 木槽搾り「sanQ - 濃醇」無濾過生原酒 30BY <福井> ── dಠಠb「はいはい、勝手にやってろよ」 




maibijin_sanq_noujun30by1.jpg

maibijin_sanq_noujun30by2.jpg
 bottle size:720ml





【853】舞美人 -まいびじん- 山廃純米 木槽搾り「sanQ - 濃醇」無濾過生原酒 30BY <福井>

美川酒造場:http://www.maibijin.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:五百万石/60%
▪︎酵母:蔵付酵母
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:─/4.0/─(※「−30/4.0/2.8」のイメージ。)
▪︎ALC:16.5%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2019年9月
▪︎管理状況:2019/11/12に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年11月28日 (木) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn List / Not On List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/unsufficient/faulty/undeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




maibijin_sanq_noujun30by3.jpg



 立ち香──癖ツヨーメの酒みたいなので、飲む前に香りだけチェックしておきます。そこそこ焦げたような熟香がフワっと伸びて来ます。その奥には、なんとも不思議な〝まろやかさ〟を纏った、ややバニラリーな香りのマントがあり、更には、この時点では「旨そう」とは思えない、まるでフルーツを糠漬けにしたような特殊な甘酸の妖怪が不気味にうずくまっており、時折、肩越しに振り返ってはコチラに奇怪な一瞥をくれます。そして、社内で配られる誰かからの要らぬ海外土産のブランデーボンボン (主にロシア産) みたいなB級感に満ちた垢抜けないニュアンスもありつつ、久々に来たッ、ドブ川 (湿った藁) ライクなエグみも。

 あれから数時間──あああ、徐々に泡盛系のエグい穀物感が膨らんで来た。そして、グラスに注ぐと熟したシャルドネのような黄色。徐々にバニラリーなムセる系の乳酸。相対的ではあるが、ドブ臭は少し後退。



maibijin_sanq_noujun30by4.jpg



 正直、今はただ、素直に「不味そう」と思うわけだが (笑) ──。

 残念ながら、まずーい! もう一杯!──とはならない。〝香りまんま〟な味わいだけど、思ってたよりも綾瀬はるかに甘いです。あと、全く旨いないですね。さすがにこのままじゃ飲めない。

 もしもこれを「個性的」と言うのなら、パンツ一丁で💩まみれのTシャツを着て、更には赤い靴下に白い長靴を履いて街を歩いてるオッサンも「個性的なファッション」ということになっちゃいますね。「変わってること=個性的」という図式を喜んで受け入れる、その思考停止気味の感性こそが凡庸さの証。

 ロック──。

 にすると、飲みたくはないけど飲めなくもない感じ。しかしまあ、オレにとっては単にクドくてブショネなVin Jaune (ヴァン・ジョーヌ=黄色いワイン) という印象だけど、こんな酒をマニア連中は有り難がって飲んでくれるんだから──そればかりかブログで持ち上げてくれる──、つくづく日本酒 (評論界) は平和な世界。一言で表すなら「世界で一番飲みにくい五百万石の酒」ということになるでしょうね。



maibijin_sanq_noujun30by5.jpg



 少し割り水してレンジ燗にしてみたけれど、この穀物ライクなエグみというか雑味というかドブ川エキスというか、いつかの「ハズレの竹雀」を想ひ出したわ (笑) 。

 全く旨くない。これに比べれば「土田 イニシャルF」の方がまだマシ。まさに「蓼食う虫も好き好き」ですね。逆にその味覚、羨ましいわ。あーあ、シャンパン飲みてえなあ。しかし、そういうわけにもイカないので、ヲトナしく平和に「旭興 生酛88」でもダラダラ飲みますわ。この1週間はこの酒がなかったら非常に厳しかった





── 2日目。

maibijin_sanq_noujun30by6.jpg



 立ち香──昨日よりドブ。まあ、これはねえ・・・正直「老ね」スレスレだし、なんなら「老ねてる」と言ってもいい。問題なのは、これを「熟香」や「熟味」として謳って、我々エンドユーザーに〝さも価値ある何か〟と思わせつつ売り払ってしまう「蔵元」と「小売店 (酒屋) 」の、そのセンスと知識 (or 責任感) のなさ。どう考えたって異臭だし、もちろん「老ね」と「正常」の差は、飲み手がそれを「不味い」と思うか「旨い」と思うかで決まるわけだけど、さすがにこれは悪目立ちし過ぎ。造った本人も売ってる酒屋も、本当にこれを「旨い」と思ってるのかね。



maibijin_sanq_noujun30by7.jpg
 ▲遂に橋本環奈と共演したと一部で話題みたいだけど、セリフの絡みもヌワイし、一緒に撮影してるかどうかも微妙。互いの事務所に忖度して二人を積極的に絡ませないとか、更に退屈だし、同じ絵に映ることの意味が全くヌワイ。せめて二人で並んでオフショットくらい撮れよ。まさに時間と金の無駄。一向に面白くなる気配がないので、さっさと終わらせて欲しいクズCM。[橋本環奈×浜辺美波“期待の若手女優”が共演 ドコモ新CMに「女神降臨」の声

 ▼さすがに11月11日の撮影でこの時期のオンエアはヌワイだろ。
maibijin_sanq_noujun30by7b.jpg

 



 加水したので、クドい甘さは引っ込んだけど、別に飲みたいと思うほど旨くなってはいないです。加水したことでエキスに光沢感が出て、酸の光彩もビビッドになって、昨日よりジューシイに感じる瞬間もあるけど、この泡盛ライクな穀物っぽい雑味だけは受け入れ難い。まさに河川敷の泥まみれの湿った枯れ芝だよ (笑) 。

 しかもこの味わいじゃ料理酒にもならないよね。まあ、捨てますわ。なにげに日本酒を捨てるのは久々だな。こんな酒を「変態系」などと言って有り難がってる連中こそ「凡人系」の極み──本当に「旨い酒」を知らないという意味で。勝手にやってろよ。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


日本酒 生酛 山廃 舞美人 浜辺美波 not_on_list_faulty

Comment

Add your comment