◤梵 - 純米大吟醸 山田錦50 中取り 無濾過生原酒 26BY ── dಠಠb「このお酒は、実は我々夫婦が日本酒にハマる前から、たまの気分転換に何度も一升瓶を買って飲んでいた数少ない日本酒なんです」#Fruity, Well-Cured, Women, Umakuchi,メガネ警察 




 梵です。兵庫県産山田錦を50%まで磨いた、 (表記はないけど) 山廃仕込みの無濾過生原酒を氷温 (−10〜15度) で1年以上寝かせてから出荷される、蔵の人気定番商品の純米大吟醸です。


 福井県鯖江市の蔵元なんだけど、鯖江と言ったら、メガネの町としても非常に有名。ぬわんとメガネフレームの国内シェアは96%、世界シェアでも約20%を鯖江市が占めているんだとか。

 このお酒は、実は我々夫婦が日本酒にハマる前から、たまの気分転換に何度も一升瓶を買って飲んでいた数少ない日本酒なんです。もちろん、当時は「山廃」だの「山田錦」だの「無濾過生原酒」だの「中取り」だの「精米歩合」だの、そんなことはなーんにも知らずに、ただボトルが鮮やかで目立っていたから手に取り、飲んで気に入ったからこればかりをリピートしていたという、まあ、日本酒をあまり飲まない人間には極めてありがちな光景なんだけど。

 なにがありがちって、詳しいスペックなんか全く気にしないで何となく気に入ったモノを思考停止気味&非発展的にリピートするところがさ! ま、皮肉な話、実はこの思考停止こそが日本酒がワイン並みの流布と定着をこの国で獲得するための必須項目だとは思ってるんだけどね。だって、本気で好きになって詳しくなっちゃったら、気軽にそのへんで買えなくなっちゃうじゃん。

 詳しくないくせに何となく好きで──というより、好きなのに詳しくなろうとしないで、そのへんの店で気軽に適当買いしても味や値段に満足できちゃう素晴らしく平和的な消費者ばかりだからこそ、ワインはここまで繁栄したわけじゃん。

「日本酒がカジュアルに家庭に入り込むためには飲み手の思考停止こそが必須」──日本酒警備員 (アルバイト)




bon_jundai50nama1.jpg


 トゥルルルルルッ、トゥルルルルルッ── (電話の着信音)


bon_jundai50nama2.jpg


 トゥルルルルルッ、トゥルルルルルッ── (電話の着信音)


 d۝۝b「はい、こちらメガネ警察です、事件ですか、事故ですか?

──「事故です。わたしの大好きな向井くんがみんなと同じ、黒縁&金パーツの丸いメガネをプライベートで掛け始めちゃいました・・・

 d۝۝b「通報ありがとうございます。方々に迷惑が掛かる恐れがありますので、なるべく見て見ぬふりをしたかったんですが、ここまで街に氾濫すると捜査しないわけにはいきません」





-o-o- EYEWEAR PATROL -oo10- ▶︎向井理 (34歳)

 ▼Clickで全ての写真が拡大▼
メガネ警察_向井理2メガネ警察_向井理1


 ▼金曜ドラマ『神の舌を持つ男』より
メガネ警察_向井理3 とあるTV番組内で「ドラマでメガネをいつも掛けていたら、普段素顔でいるのが恥ずかしく感じるようになってしまって、今まであまりメガネを掛けたことはなかったんですが、最近ではドラマ以外でもメガネを掛けるようになってしまいました」というような趣旨のことを語っていた向井くん。この言葉を真に受けるなら、彼はメガネ初心者ということなんでしょう。

 悪いのは取り巻きのスタッフ──つまり無能でノーセンスなスタイリスト連中ということになります──もしくは「衣装協力」という形で業界にダサい自社メガネを捻じ込んできた、ある意味で有能な──だがしかしメガネ偏差値的には笑っちゃうくらいヘボな広報担当者ということになる。

 決して信じてもらえないだろうけど、こんなオレだって、極々稀に悩んだり内省したりすることはある。そんなオレの切なる吐露──これ、本当にイケてるの?──という疑問。

 ま、ドラマの小道具としてデッカイ眼鏡を当てがって、コミカルなの?──よくわからんけど、まあいいさ、デカくて丸ければコミカルという、その記号的で思考停止気味のセンスがスタイリストとしての限界と哀愁感を指し示している事実については、わかった、この際、オレなりの聖なる優しさで一旦保留するとしようじゃないか。

 で、何がしたいの?──このイケメン捕まえて

 いいんだよ別に、ドラマの小道具なんでしょ? でもさ、彼ってば、すっかりデカ丸メガネは正義だと勘違いしちゃってるじゃん。ドラマを離れても、プライベートで黒縁金パーツのダサダサ眼鏡を掛けちゃってるよ。どうせ誰かが仕込んだんだろーよ。ああ、可哀想。おい、周囲の関係者ども! メガネ初心者に恥をかかせるなよ。責任取れよ、マジで。

 巷でヘドが出るほどよく見かけるこのタイプのメガネ──そもそも誰も似合ってないんですけど (笑) !



 ▼サイズはともかく、このあまりにも絶望的な異物感。
メガネ警察_宮迫博之
 あのね、このメガネはね、いわゆる「CLASSICタイプ」なんだけど、ビシっとスーツで決めた大人の男がダンディーにキメるという前提で成り立つデザインなの。だからね、普段着で突飛に掛けても全然似合わないしダサいだけだから、せめてここを見てる人は絶対に掛けちゃダメ。特に向井くんはサイズも合ってないし、格好にも合ってないし、そもそも似合ってすらいないし、カッコよくも可愛くもないし、つうか、なんでそんなにこのメガネが好きなの?
 (※コチラで加筆した記事をUPしていますので、興味のある方はどうぞ。)

 流行という珍現象の中で、しばしばオーバーサイズが引き起こす悲劇というのは、これまでにも何度も繰り返されてきた。だけど、正しくないサイズは、必ず短い期間の根拠なき享受を経て、すぐに廃れ、目を覆いたくなるような黒歴史という沈殿物に成り下がる。悲しいけど、これは事実。信じられないというなら、黙って下の動画を観てみろよ。こんなものだって、当時は誰一人疑いなく受け入れてたんだから。マジかよ。もはやギャグ以外の効能を何も見つけることができないんだけど。



 ▼57秒からの原田芳雄の肩パットに注目。誰もが我が目を疑います。
 
  (ドラマ『親にはナイショで…』<1986年>より)


 ▼伝説級の肩パット。ある意味、シュールの極みです。



 ▼オリジナル。




 だからいつも言ってるけど、サイズ感のおかしいメガネだけは絶対に掛けちゃダメ! オレがおじさんでアナタが若者で、それゆえの価値観や審美眼における世代間格差という話で片付けようとしちゃダメよ。こちとらメガネ上級者やで。そもそもアナタだって、鏡に映った自分を見てそこまでイケてるとは思ってないでしょうが。でも、メガネそれ自体は流行りのデザインだから、なんとなく安心──違う、ただの思考停止という放棄──を手にしているだけ。だから、マジでやめとけ。このタイプのメガネは2〜3年後には廃れて、掛けていたことがどうしようもなく恥ずかしくなるだけだから──まるで原田芳雄の肩パットのように。




bon_jundai50nama3.jpg
 bottle size:720ml





【139】梵 -ぼん- 純米大吟醸 山田錦50 中取り 無濾過生原酒 26BY <福井>

加藤吉平商店:http://www.born.co.jp


Moukan's tag:




 それでは久々にいただきます。

 立ち香──おや、まずは白ブドウ様の酸、次第に白桃のようなフルーティーで甘やかさのある酸、そして奥からジワっと華やかでクリーミイな吟醸香。イチゴもある。メロンやバナナはない。明利系や山形酵母系の酒なんかで感じることのある、女子ウケ抜群なキャッチーで華やかな香りもあるけど、山廃だからか、香りそのものの質量はそれほどでもない。透き通った、見晴らしいの良い清々しいフルーティーさ。


bon_jundai50nama5.jpg 1年以上寝てるからか、さすがに色がうっすら付いてる。

 ん? こんな味だったっけ (笑) ?──

 頭は甘くてフルーティーだけど、最後はしっかり辛い。切れると言えば切れるけど、やや強めのアタック感。この時点で、山廃らしさはほとんど感じない。乳酸系のフレイヴァーもないし、クリアな酸によるスリムな飲み口なんかも特に感じない。もはや言われなきゃ山廃かどうかわからん。

 おかわりすると、ああ、焼きリンゴ系の熟香もあるじゃん。甘さにほろ苦いアフターが重なる。温度が上がってくると優しい甘さが顔を出す。甘露のようなトロみのある旨みと甘み。ああでも、徐々にこなれてくると、やっぱある、このクリアで軽やかな旨み、ここか、山廃属性が発揮されてる部分は。


bon_jundai50nama4.jpg 正直に言う──最後に飲んだのは5年以上前だと思うんだけど、当時とつながる要素は何一つない (笑) 。でもね、これは楽しい体験だよ。当時も今日の酒と同じ味や香りの要素はあったはずなんだけど、全然探せなかったし、味わってさえいなかった。ま、旨いと感じた気持ちに嘘はないけれど、ここまでわかるようになるのか、ほぼ365日、2年間日本酒ばかりを飲みつづけると (笑) 。これはある意味で非常に感慨深い体験だ。

 で、今の舌で飲んでどうなのかという問題──。

 まあ、普通に旨いよ。無濾過生原酒の山廃を1年氷温で寝かせて出荷される商品もそうは多くないので、その意味でも楽しいし、ちゃんと熟成ライクなフェイスが味に反映されてる点も評価できる。基本、華やかな香り酒だけど、含んだあとも、ちゃんと酒としてのエンタテイメントあるしな。

 ただ、この酒でしか味わえない何かという強烈な個性があるかと言われると、そこはゴニョゴニョと口ごもってしまう。イヤな言い方をすると、いろんな酒のいろんなイイ部分がまんべんなく放り込まれてるというかさ。それでも、通年商品的な展開で山廃無濾過生原酒で1年熟成、華やかでフルーティーでわかりやすく、でもキッチリ旨い、これはこれで存在意義はあるんじゃないかな。

 あんま日本酒ブロガーの覚えめでたくない銘柄だけど、そういう事情も何となくわかってしまうあたりも含めて、やっぱ我々夫婦としては一度はちゃんと飲むべき酒ではあったかな。いや、普通以上には旨いよ。ブラインド勝負なら、そこらの人気銘柄を駆逐するくらいの勢いはあるよ




── 2日目。


bon_jundai50nama6.jpg 残りも少ないので、昼間からチャチャっとテイスティング。

 おおお、今日は山廃ライクな香りあるぞ。抜栓後の酸化によって、今日の香りには昔飲んでた時のタッチを思い出すことができる。そうだそうだ、この感じ。懐かしいなあ。

 少しザラつきのある甘やかな香りに山廃らしい密度の高い──だがしかしクリアな酸が詰まってる。フルーツ換算で言うと、甘酸のコンビネーションによってイチゴが出現、そこに少し山廃らしいクリーミイさが加わり、さらに熟成によるほろ苦さも──そして穀物由来のミネラリーな、少し枯れた旨口感もある。

 イチゴミルクのカカオパウダーまぶし?

みたいな (笑) 。結構アフターにはドスンとした渋みと辛み。華やかな前半に比べて、後半はしっかりした酒感。全体に少し大雑把で派手な田舎風情もあるにはあるが、造り手の芯の強い主張性は感じる。変にモダンなベクトルになびかないこの感じも、意外と嫌いではない。

 

moukan1972♂






日本酒 山廃 生酛 メガネと酒

Comment

Name - サンジュリアン  

Title - 

もうポッちちゃったんですね〜
多分 大丈夫でしょう。確かにリアルなラインナップですから、
アルアルなら、十四代を全部 定価で販売しますよ、ちょっと震え
2016.11.29 Tue 22:34
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

あれ!?
まだ届いてなかったんですね!

僕は今日ポチって、入金はまだです。
4日間は取り置き扱いになるらしいので、少し様子を見ますかね。
送料フリーとか、意味不明ですね。
代引がないのが怪しいんですよね。
ただ、詐欺にしては、微妙なラインナップが妙にリアルというか、
本物臭さがあります──本気で騙したいなら篠峯なんか扱わないだろ!っていう (笑) 。

無事に届いたらすぐに連絡ください。雄町しております。

2016.11.29 Tue 21:45
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

本当に物が届くか?なので、今暫く待っててください。
無事届いてらメールします。
2016.11.29 Tue 19:11
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

とりあえず別撰アトラクションにでも乗ってみましょうかね。
でも怖いな (笑) ー。
闇ルート、ハンパないですね。
2016.11.29 Tue 11:56
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

そうです。
こう言う所は下手に紹介して不良品に出会うと、モウカンさんの信用も落ちますから、何回か毒味して大丈夫と分かってからでしょう。
HPには28新酒が8掛けで並んでますよ。
ヨドバシで出立ての時計が20-30%引きで売ってるますよね〜 あれメーカーは40%で出して、問屋は65%で小売店に出すんのですよ。電化製品も多分同じくらいでしょう。
と言うことは、酒もメーカーは60-65%出し、正規店から定価で買っても転売屋は大儲け、正規店でも30%くらい利益有るでしょう。
2016.11.29 Tue 10:26
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

──例のみやびから3本¥5400で買いましたが、全部マトモでしたよ。

えっ!?
これ、どーゆーことですか?
この店で28BYも取り寄せたんですか!?

日本酒って、力のない店だと返品できないので、ここが売れ残りの前年度酒の墓場になるのは分かるんですけど、新酒まで安売りとは・・・。

危険ですけど、「大人の遊び」と考えるなら、開けるまでのドキドキのアトラクションと言ったらないですね (笑) 。

「夏色生酒」は1月にリリースされる「うすにごり」のノーマルVerを瓶で囲って蔵で寝かせてから夏に出荷するヤツですね。篠峯と言えばブラックボトルの「純米大吟醸 雄町50」ですけど、BY表記ないモノがゴロゴロありますね。ちなみに「クラシック9 (9号酵母) 」表記のモノは27BYですね。

実は今、一番アツイ酒屋かもしれません。
ブログで紹介するには、まずは我々が毒味しなきゃですね (笑) 。
2016.11.29 Tue 09:50
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

篠峯は夏色生酒 ブルー瓶の奴ですね〜 2015.3製造
2016.11.29 Tue 09:29
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

振り込み先 が ベトナム人の様な名前で一瞬 躊躇いましたが、ここは私が人柱に成って新たなルート確保かと、それにしても十四代や爾今の転売屋で、28新酒を安売りしてるとは、所謂 お酒のバッタ屋かも?
例のみやびから3本¥5400で買いましたが、全部マトモでしたよ。
2016.11.29 Tue 09:27
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

うぎゃあああーーー!!!
まーた、複数買いしてるーーー!!!

別撰は必ず上澄みを完全分離してから飲んでください。

たぶん、1週間〜10日はかかります。

ガス感たっぷりで七色にフルーティーだったらアタリ (老ねナシ) です。渋いとか、くすんだダークカラーな味わいとか、それらは「老ね」です。問題がないようなら僕も買いたいです。

雄山錦は「ろくまる」のブルーラベルですかね。実は僕の未飲スペックです。ちなみに「おりがらみ」の上澄みは「リンゴ」でした。少しでも「ブチャっ」としてたら熟味です。パキーンと爽快ならGood Conditionですが、まあ、それはないでしょう。

しかしスゲえ店、見つけましたね。感心しますよ、マジで。。。
2016.11.28 Mon 23:29
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

モウカンさん
今日 例のワイン屋に振り込みしました。
何と雄山錦60 と萩鶴別撰 2+2で8960 送料込み一本2240ですよ。
多分今週届くのでチェックしてみますよ。
2016.11.28 Mon 23:22
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

実はこれ、表記はないけど「山廃仕込み」なんです。

サンジュリアンさんが「酒粕ぽい風味」と感じたのは、この山廃的な乳酸由来の酸ですね。僕も10年くらい前によく飲んでいたんですけど、まあ、思い出は美化される系ですね (笑) 。

これに比べると、イマドキの山廃の進化には目を見張るものがあります。
ちょっと古びてしまったことは否定できないですね。
役目は終えたような気がします。

2016.11.28 Mon 22:55
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

今日 これ開けました。5月に購入2016.3瓶詰め品 6ヶ月地下に放牧
開けたては結構強い酒粕ぽい風味と微かな発泡感と最後に残る苦味を感じました仙介と似てる(これが兵庫県の山田錦の共通性か?)と思ったのですが、1時間後に飲んでみたら鳳凰美田的な甘みで真ん丸な風味でスイスイ飲めるフルーティな酒に成っていました。
皆んなでワイワイ言いながら一気に飲み干すなら良い酒でしょう。
ときしらず、ゴールドと共通する癖の無さが、凡庸ではないけど印象を弱めてる感じかな。
2016.11.28 Mon 22:47
Edit | Reply |  

Add your comment