もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今週の『歌謡ゲスオテン (通うゲス男テン) 』、初登場1位。一番悲惨なのは桐谷くん。ヒット&当たり役の予感もあっただけに。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤鯵ヶ澤 - 番外 山廃純米 無濾過生原酒 蔵内低温囲い 2019 (30BY ) <青森> ── dಠಠb「原酒のままじゃ飲めない、加水&ブレンドしたらクイクイ消化」 




ajigasawa_bangai_yamahai_nama30by1.jpg
 ▲まるでジャケ違いのリミックス盤を漁るように、ちょいレアな鍋用スープを見つけると、ついつい買ってしまうという煎餅アプローチが身についてしまった。そのまま使うことはヌワイが、アレンジし易いので便利。少し薄めてカレーの基本スープに使っても便利よ。これらを使えば料理が下手なお母さんでも絶対に失敗しないね。スパイス系ではない家庭の煮込み系カレーを美味しく作る唯一のコツは「そこそこ美味しい基本スープを作ること」以外にはないから。

 ▼個別幅広帯「剣崎比留子 (浜辺美波) 」ヴァージョン。[個別幅広帯][取り扱い店舗一覧
EKXrXymUYAItK4Z.jpg




 というわけDE、久々の鯵ヶ澤 (あじがさわ) です。2017年の10月に呑んで結構気に入った割りには普段パトロールしてる酒屋での扱いがヌワイのでスカーリ忘れてました。

 この「鯵ヶ澤」という銘柄は、新潟の「尾崎酒造」が醸す、静岡の「塚本商店」という酒問屋プロデュースの別注ライン (PB商品) みたいです。蔵では特にそこから先の小売店を把握していないようなので、気になる人は直接「塚本商店」に問い合わせるといいです。 (2年前に蔵にメールして教えてもらった限りでは) 都内で常時扱ってるのは5店舗ほどだそうです。

 先日、他の店で「火入れ」を買ったんだけど、近所の「信濃屋」にスポットで今回の「無濾過生原酒 蔵内低温囲い 2019」が入荷してたので拾ってみました。「火入れ」とは数値がまるで異なるので、同時開栓はせずに、1本ずつ飲んでみます。原酒でALC.度数が18%もあるので、濃かったら薄めます。



ajigasawa_bangai_yamahai_nama30by2.jpg
 bottle size:720ml





【852】鯵ヶ澤 -あじがさわ- 番外 山廃純米 無濾過生原酒 蔵内低温囲い 2019 (30BY ) <青森>

尾崎酒造 株式会社:http://www.ozakishuzo.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:華想い (麹)・まっしぐら (掛) /60%
▪︎酵母:協会7号?
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:−1.3/2.0/─(※28BYの生は「+2/2.8」、30BYの火入れは「+1.6/1.9」なので、それぞれ別物と考えた方が良さそう。)
▪︎ALC:18%
▪︎処理:無濾過生原酒・蔵内低温囲い (一夏越え)
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2019年10月
▪︎備考:肩ラベルに「2019」とあるが、中身は一夏越えの30BY (2018ヴィンテージ) です。
▪︎管理状況:2019/11/15に購入、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年11月25日 (月) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




ajigasawa_bangai_yamahai_nama30by3.jpg



 立ち香──開けたての瓶口は至って穏やか。ほんのり寒天やアロエやナタデココのようなパツンとしたヨード感。乳酸アロマの彩度はビビッドなものではなく、マットな白濁感に準じるタイプのそれ。つまり、キラキラのクリスタル感はヌワイです。今のところ派手な熟香もヌワイです。グラスに注いで液面を動かすとグイグイとマロみのある乳酸。なんか出来がイマイチの時の「米鶴 山廃 純米大吟醸」みたいだな (笑) 。

 飲んでみる──色は少し黄色いくらい。

 数値以上に辛口に感じる。そして、結構濃い。割りと「黒澤」レベルにゴリゴリ&ゴワッシュにミネラリー。薄っすら「草感」もあるかな。正直、28BYの方が旨いし面白いですね。田舎臭く鈍重だし、香り同様、少し白濁したテクスチャーで透明感は微塵もヌワイです。どちらかと言えば旨口役場の肥満課長。



ajigasawa_bangai_yamahai_nama30by4.jpg



 重い。とてもじゃないが、オレは原酒のままじゃ飲めない (飲みたくない) 。ロックにするとスリムに酸っぱフルーティーになるので、普通の (無個性な) 酒に成り下がりはするけれど、皮肉なことに酒としてのフィネスは増すわな。もうね、ALC.14%くらい (薄め過ぎて甘みが足りなくなったカルピスみたいなニュアンス) まで落としても全然問題ナシゴレン。



ajigasawa_bangai_yamahai_nama30by5b.jpg
 ▲しりとりの「り」で詰まってるの絵。



 レンジ燗──。

 う~ん、イマイチ。まさに〝HOTアロエ飲料〟という感じで (笑) 、草っぽさ&粉っぽさが割り増されて、正直、あまり旨くヌワイ。

 というわけDE、こんな酒で酔いたくはヌワイので、この後、日曜の残りのワインと「旭興 生酛88」を飲んでました。

 そんでもって、3合ほど残した状態で少し多めに水を入れて、足りない分は「穂積 生酒 30BY」と「そこそこ旨い我が家の料理酒」をブレンドして4合チャージ完了です。馴染ませるために一晩置いて、明日はコレを飲みます。





── 2日目。

ajigasawa_bangai_yamahai_nama30by8.jpg
 ▲大凡のブレンド比は「鯵ヶ澤:75%、水:10%、黒澤 (穂積):5%、篠峯&菊鷹ベースの料理酒 (秘伝のタレ):10%」という感じ。



 立ち香──あくまでも初日の「鯵ヶ澤」をベースに、ブーケ (熟成香) は「菊鷹 山廃本醸造 29BY」が主導。少し穀物を炒ったような独特の渋酸。「篠峯」や「黒澤 穂積」は全く感じず。「山廃」ライクな乳酸は更に後退。

 無駄にチョーキーだけど、全体としては淡麗な味筋、透明度は見事に伸びて、昨日 (原酒のまま) よりも全然イイです。これなら何とか捨てずに飲めるわ。とはイエイ、もうちょい酸っぱくてもいいかな──何かの「篠峯」を少し足したい気分。



ajigasawa_bangai_yamahai_nama30by6.jpg
 ▲背後のポスター中央 (神木くん部分) が千鳥のノブ。



 薄さはコレでギリ。昨晩、調子に乗ってドバドバと割り水してたら、結構薄まっちゃった (笑) 。その代わり、酒の表情が若々しくなったのと、どことなく生詰 (一回火入れ) ライクなテクスチャーになり、サイズ感は都合良く整った感じ。もはや重くもヌワイしな。

 まろやかな田舎臭い旨口の「山廃生」は、割り水すると「カルピスの法則」が発動して酸がキビキビと躍動するので、向上心タカーメのマニアさんたちは、決して「騙された」とは思わず「一つの法則」として素直に受け入れて、是非、一度試してみて下さい。



ajigasawa_bangai_yamahai_nama30by7.jpg



 カジュアルな日常酒として、今はそこそこイイ感じ。ほとんど「黒澤 穂積 生酒 30BY」は感じない。そして、相変わらず「旭興 生酛88」は万能。結局あれから冷蔵庫には入れず、そのまま常温 (18-20℃) で管理。日に日に酸っぱくなってるけど、むしろそれでいい。moukan1973♀も帰宅後の〝追加酒〟に重宝していて、♡☺♡「これは常備させたい」と言ってます──さらには「基本ワインで、もう日本酒はこういうのだけでいいよ」とも。← 一理、ある。





── 3日目。

ajigasawa_bangai_yamahai_nama30by9.jpg
 ▲今日は月一「Bütz (ブッツ) DAY」。今にも潰れそうだが、頑張って欲しい。都内1号店は、是非、新宿東宝ビル (TOHOシネマズ新宿) 内で。[浦安に住みたい!web][スペシャル・インタビュー@TVガイド






 ちょっと薄くなり過ぎたような気もしたので、昨晩、ほんの少しだけ「穂積」と「スーパー料理酒」を足しておきました。

 うん、そのままで良かったかも (笑) 。ややモッツリと旨口なプロポーションが膨らんでしまった。再び割り水してパキっとさせました。とはイエイ「実質2日」で飲み干したので、ブレンドは成功と言っていいでシャウ。 


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


日本酒 鯵ヶ澤 生酛 山廃 浜辺美波 not_on_list_good

Comment

Add your comment