もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤旭興 - 生酛 純米 磨き八割八分 30BY <栃木> ── dಠಠb「オレは『生酒』と『純米吟醸』さえ卒業できれば、もう少し『日本酒』と上手に付き合えるんじゃないかとすら思うわ (笑) 」#Well-Cured/Okan 




kyokukou_kimoto88_30by1.jpg
 ▲2020年1月スタートのテレビ朝日系ドラマ『アリバイ崩し承ります』で主演。まーた (3連続) 探偵役。時間は『おっさんずラブ -in the sky- 』の枠 (土曜23時15分〜) なので、とりあえず『賭ケグルイ』よりは人の目に付くのか。遅い時間帯の主演よりプライムタイムの4番手5番手 (誰もが知る人気女優の後輩・部下・妹 ・親戚・彼氏/友人/上司/先輩の関係者役) の方がオイシイしインパクト残せるのに──【理由】美波ちゃんレベルの認知度だと、主演の場合、基本ファンしか熱心に観ないから意外に新規開拓が進まない (つまり「このコ、誰!?」とはなりにくい) ──トテーモ残念。同期の上白石萌歌なんか綾瀬はるかの義理の娘役 (しかも2020年1月2日のスペシャル版で再登板) だぜ? まあ、仕方ない。絵的なバランスもあるし、綾瀬はるかと親子という設定は、たとえ血縁関係になくとも絶対にアリエナイ。我が家では最近これを「美人リスク」と呼んでます。オレはまだ『相棒』と『科捜研の女』へのゲスト出演の可能性は諦めてないけどな!──いや、むしろこれでより現実味が帯びた。つうか『科捜研の女』内で舞台を共有させるという手段もあるぜ〜。[テレ朝内のサイト][映画ナタリー][原作小説][『ピュア! 一日アイドル署長の事件簿』DVD発売決定







 というわけDE、旭興 (きょくこう) の「生酛88」です。


 近所の「旭興屋」を久々に覗いたら、珍しく火入れ酒と貴醸酒しかなかったので──「ROSSO」も当然ヌワイし、まさか「雄町50」までも──、それで (予定通りではあったんだけど) コレ1本だけ買って来た。通年なのか、1年中売り切れないのかは知らないけど、この店にはいつもあって、この瓶は「1.9」 という表記で、一瞬「1月9日?」なーんて思ったのだけれど、あああ、ワカリニキっ、令和1年9月、ということなのね。もう西暦で統一してくれよ。



kyokukou_kimoto88_30by2.jpg
 bottle size:1800ml





【851】旭興 -きょくこう- 生酛 純米 磨き八割八分 30BY <栃木>

渡邉酒造 (by とちぎの地酒 月井酒店) :http://www.paw.hi-ho.ne.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:栃木県大田原市産 とちぎ酒14/88%
▪︎酵母:栃木県ニューデルタ
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開。 某酒屋には「−1.8/1.95」と書いてあるが、さすがにそれはヌワイ。もちろん、米の甘みはしっかり膨らむけど、全体としては王道火入れな辛口タッチ。常温だと体感上は「+5/1.8/1.2」くらいのイメージ。
▪︎ALC:16%
▪︎処理:たぶん二回火入れ。ちょい加水してるニュアンスも。
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2019年9月
▪︎備考:買った店が常温陳列してたからか、それなりの熟香&熟味はある。
▪︎管理状況:2019/11/19に購入、常温で管理。
▪︎試飲日時:2019年11月20日 (水) / 1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kyokukou_kimoto88_30by3.jpg
 ▲「かきのたね」をわざわざ一文字 (「の」) だけ省くセンスがオレには理解できない。だったら、ピーナッツ無しを謳ってるわけだし、オレなら「かきのたねだけ」というネーミングにする。その方が面白いし分かりやすい。味は悪くない。そこまで辛くもないので、酒の邪魔にもならない。



 立ち香──常温です。20℃くらい。割りとビターな感じだけど、しっかり熟してます。これ30BYなのかなあ。この段階では「生酛」なのか「速醸」なのかは分からないです。つまり、そこまで露骨な乳酸アロマは出てヌワイです。典型的な「燗酒仕様」という感じだけど、そのために買って来たので問題ナシゴレン。注いで液を動かすと、ほんのり果実的な熟れた甘酸。

 まずは常温の原酒 (加水ナシゴレン) で──。

 アタックは加水レベルに滑らか。含むと「生酛」らしいキビキビとした渋酸。香ばしい旨みを閉じるように、フィニッシュはカァっとキレる。こりゃ便利な「火入れ純米」だ。あんま露骨な乳酸はヌワイかな──もちろん「速醸」より旨みの肉に掛かる酸がマッスルというニュアンスはあるが。常温いいかも。つうか、カレー味の「かきたね」によく合うわ (笑) 。



kyokukou_kimoto88_30by4.jpg
 ▲基本、オッサン俳優と並んだ方が収まりがイイ。



 米の甘みも優しく柔らかに膨らんで、コアには適度な硬さの旨みの肉。ビターな余韻の中に、ほんの一瞬だけ彩度タカーメの酸がギラっとコチラを睨む。これ「加水」なのかな。もしも「原酒」だとしたら、濃くも重くもヌワイなかなかの塩梅。スイスイ飲んじゃうな。今や我が家には高級ワイン (シャンパーニュ) がそれなりにストックされてるので、むしろ日本酒を飲むならこういう方がストレスを感じないかも。

 つまり、最初から「米の甘みと旨み」を求めて栓を開ける、と。



kyokukou_kimoto88_30by5.jpg



 ちょっと錫チロリに入れて冷やしておいた──。

 さすがに少し旨みのレイヤー感がギスギスするかな。その代わり「」は感じやすくなるけど。あとは、骨格のシルエットがビビッドになって、逆に複雑味というか個性が増すかな。そこまで冷たい温度もでもないけど──15℃くらいか?──、これはこれでいい。



kyokukou_kimoto88_30by6.jpg
 ▲黙ってれば普通にイケメン。睫毛が長く黒眼がちで、もしもヤスケンをイラストにすれば、おそらく少女漫画に出て来るイケメン王子風になる (笑) 。



 レンジ燗──。

 旨いっす。ようやく「生酛」らしい乳酸侍が見参。そこまでスベリが良いわけでもないけど、イイ感じにネチっとしたコシのある旨みが口内をミネラリーに締め上げる。フルーティーな生酒フォロワーの飲み手には薦めないけど、これからの寒い季節、顰めっ面でアーダコーダイーダヨーダ言いながら日本酒を飲みたくはないという人には、気軽な万能酒としてオススメしておきます。便利です

 本当にフルーティーでブドウな酒が飲みたいならワインを開ければいいわけだし、こういう酒こそ日本酒を飲む理由になりつつあるのかな。1800mlが税込で2,090円素晴ランド (素晴らしい世界) 。

 帰宅したmoukan1973♀に常温で飲ませたら、♡☺♡「あ、これいいわ。ダラダラ飲むのに最適。鍋にも合いそう」と言ってた。





── 2日目。

kyokukou_kimoto88_30by7.jpg
 ▲肥満リスク (笑) 。



 立ち香──開栓後に冷蔵庫で管理するべきか常温のままで大丈夫を決めるために酸化の具合をチェックです。特に香りに大きな変化はナシゴレン。

 まずはJO (じょうおん) から──。

 初日より少し渋みが増す方向で酸の線が太くなってはいるものの、むしろ今日の方が「生酛」らしくていいんじゃないかな。それにしても盤石な日常酒だなー。ALC.度数も丁度いいな。

 半分冗談だけど、もしかしたら、オレは「生酒」と「純米吟醸」さえ卒業できれば、もう少し「日本酒」と上手に付き合えるんじゃないかとすら思うわ (笑) 。もっと言えば「秋冬だけ日本酒を飲む」とか。実は2日目は「黒澤」の次に飲んでるんだけど、もうあっちは飲みたくヌワイ。



kyokukou_kimoto88_30by8.jpg



 レンジ燗──。

 うん。温めると一気に五味の彩度 (出力) が増す感じで、なんか濃く感じるな。お燗の場合は少し割り水するとバランスが整う。「酸」と「焦げみ」の力関係で「酸」が前に出るようになるので、若返りますね。旨い。なんか今、すごく「日本酒」という酒と上手く付き合えてるような気が (笑) 。

 気分やシチュエーションにもよるだろうけど、個人的にはJO (じょうおん) に軍配。ほんのり薄ぅ~く7号酵母っぽいセメダインがあって、お燗だとコレが消えてしまう。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


on_list_good 日本酒 生酛 山廃 旭興 浜辺美波

Comment

Add your comment