もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【13】まで更新。(12/14/12:01)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「珍しく銘柄がバラけた」#舞美人/土田/鯵ケ澤/旭興/MIYASAKA 




 毎度アクセスありがとうござます。


 珍しくスタンプラリーなバラけた買い物。1本〝赤い酒〟があるけど、日本酒です。なんか5本同時に開けたくなるような──まるで「疑似・持ち寄り会」みたいな──組み合わせだけど (笑) 、記事にまとめるのが面倒なので、1本ずつ飲んでイキます。



2019_11_12転入生1





ტ 本日までの転入生


◤舞美人 山廃純米 木槽搾り「sanQ - 濃醇」無濾過生原酒 30BY <福井>
◤土田 山廃純米「イニシャルF」30BY <群馬>
◤旭興 生酛 九割九分 樫樽熟成「ROSSO」30BY <栃木>
◤鯵ヶ澤 番外 山廃純米 原酒 火入れ 30BY <青森>
◤MIYASAKA (みやさか) 純米吟醸 愛山 30BY <長野>



2019_11_12転入生2 舞美人 (まいじびじん) は2017年の5月に伊勢丹新宿で軽く試飲しただけで、買って飲むのは初めて。行動圏内に買える店もあるんだけど、そこの店主が好きじゃないので──ひたすらに面倒臭い──、それで飲むのが遅れました (笑) 。この「濃醇」は後発の別ロットみたいですね。「酸度」は「4.0」なので、ワイン換算なら、むしろ甘いくらい。本当は「7.5」の「外伝」という商品が欲しかったんだけど、タッチの差で誰かに持ってイカれました。

 土田 (つちだ) は読者さんに教えてもらった酸っぱいヤツ。ちょっと気になるのは、造り手が「新政リスペクト」という点です (笑) 。先入観、捨てなきゃッ! ALC.11%の低アルで「日本酒度:−34、酸度:6.0、アミノ酸度:3.7」と、むしろオカシイのは低アルのくせに「アミノ酸度:3.7」もある点。重くなきゃいいけれど。あとは、どことなくフィネスの足りない素人臭そうな味筋の予感 (悪寒) が・・・。



2019_11_12転入生4
 ▲赤酒に黒字じゃ読みにくいのでシールを剥がして下地を挟んだ。



 旭興 (きょくこう) がこの3本の中では一番変わってるんじゃないかな。赤米を使ってるので「普通酒」扱いで、そんでもって「磨き99の生酛」の、さらに「樫樽熟成」という、何ともなレシピ。ただし、杜氏のテクニック的にはココが一番期待できる。「日本酒度:−8、酸度:3.2、アミノ酸度:0.6」。


2019_11_12転入生3 鯵ヶ澤 (あじがさわ) は28BYの生原酒ヴァージョン以来、久々。タイミングうんぬんじゃなくて、単に存在を忘れてました (笑) 。割りと好きな方向でスパイシーなので、火入れだけど、この季節なら別にいいっか。

 MIYASAKA (みやさか) は「真澄」を造る宮坂醸造のモダンラインですね。中でも「突釃 (つきこし) 」や「CORE」という商品が〝いかにも〟個人マニア向けの仕様みたいで、オレの知らない世界線では割りと話題みたいです。スティルワインとシャンパーニュのストックが併せて70本くらいになってしまったので──飲んだら買うので減らない──、この手の高級ラインの日本酒はなかなか週末に開ける機会がなくて。ま、気が向いたら。この「愛山55」は生詰なのかな。「7号酵母シリーズ」なので、さすがに香りがクドいということはないでしょう。[MIYASAKAのHP][突釃のHP



2019_11_12転入生5



 それでは皆さま、酔い平日を。


moukan1972♂






舞美人 土田 鯵ヶ澤 旭興 MIYASAKA 真澄 誉国光

Comment

Add your comment