もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【13】まで更新。(12/14/12:01)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【CONTEMPORARY FUSION/NEW WAVE】Everything But The Girl - Album『The Language Of Life』(1990)  

genre tag:FUSION, NEW WAVE, BLUE-EYED SOUL
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎ココからの続き。「Roberta Flack - Uh-Uh Ooh-Ooh Look Out (Here It Comes) 」を久々に聴いていたら、真っ先に「Everything But The Girl - Album『The Language Of Life』(1990) 」を想ひ出して、ムワサカ (まさか) と思って辿ったら、同じくJerry Hey絡みでしたとさ。「Letting Love Go」は以前にも単体で記事にしてるけど、アルバム全体としても秀逸なので、改めて。翌年の『Worldwide』は従来通りのネオアコ路線に戻るけど──中でも「Twin Cities」はフェイヴァリット──、この『The Language Of Life』は、全Everything But The Girl作品の中でも、異質にアーバンなFusionテイスト溢れる仕上がり。シングルカットの「Driving」や「Take Me」を差し置いて、やはり「Letting Love Go」と「The Language Of Life」が至高。「Driving (Acoustic Version) 」は「Take Me」の12inchに収録。そして「Everything But The Girl Meets House」ということであれば、やはり──「Missing (1994) 」が最初の試みではあっても──「Temperamental (2000) 」は特別の作品。











 ▶︎Letting Love Go (1990)[Album - All List
 

 ▶︎The Language Of Life (1990)
 

 ▶︎Driving (1990)[Acoustic Version
 

 ▶︎Take Me (1990)
 

 ▶︎Get Back Together (1990)
 

 ▶︎Twin Cities (1991)[Album - All List
 

 ▶︎Temperamental (DJ Spen & Karizma Remix/2000)
 

 ▶︎Temperamental (DJ Spen & Karizma Da Organ Dub/2000)
 

 ▶︎Missing (Todd Terry Club Mix/1994)
 

 ▶︎Jerry Hey
music_jerry_hey1.jpg

 ▶︎Everything But The Girl
music_everything-but_the_girl2.jpg


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン

FUSION NEW_WAVE BLUE-EYED

Comment

Add your comment