もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【13】まで更新。(12/14/12:01)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤菊鷹 〜比翼 (ヒヨク) 〜 山廃 本醸造 無濾過生酒 29BY <愛知> ── dಠಠb「暴力的なまでにパワフルなアルテン君主」#Rich/Unique/Well-Cured 




kikutaka_hiyoku29by1.jpg
 ▲なぜ女子高生がラクレット用のチーズヒーターを持っている (笑) !?[4品目 ラクレットチーズ (TVer) ]




 おそらく飲みにくい日本酒の最高峰でしょうね、菊鷹「山廃 本醸造 生 29BY」です。


 ある意味で「山廃」であることにも「本醸造」であることにも裏切られた気分。全く軽くないし、とにかく濃いし酔う。これに比べたら「花泉 上げ桶直詰め 純米 無濾過生原酒」なんか「カレーの王子さま」ですよ (笑) 。とてもじゃないけど、原酒のままでなんか飲めないです。



kikutaka_hiyoku29by2.jpg
 bottle size:1800ml





【842】菊鷹 -きくたか- 〜比翼 (ヒヨク) 〜 山廃 本醸造 無濾過生酒 29BY <愛知>

藤市酒造 (by 日本酒専門店 Sake芯) :http://sake-sin.blog.so-net.ne.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:富山県産 雄山錦 /70%
▪︎酵母:協会7号 (※30BYは11号酵母)
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開。たった今ココを見て知ったけど、ちなみに27BYは「+8/2.7/2.4以上」で、まさにそんな感じ (笑) 。
▪︎ALC:19% (※30BYは18%)
▪︎処理:無濾過生酒 (※たぶん原酒。)
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年3月
▪︎管理状況:2019/10/31に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年11月2日 (土) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kikutaka_hiyoku29by3.jpg



 立ち香──よくある〝草鷹〟系ですね。ややカカオライクな熟感があるカナートいう感じです。海藻系の旨み (ヨード感) もそれなりには出てます。この段階だと酸に引き寄せられるフルーティネスはほとんど感じない。穀物系の麦藁アロマが少々。

 ひとまず飲んでみる──そこそこ黄色いぞ。

 ♡☺♡「ナッティー来た。さすがに19度を感じるけど、軽いよ。ある意味、安心した。なぜなら、結構熟成が進んでるからゴクゴク飲まずに──撃沈せずに──済むから (笑) 。乳酸はある。さすがに濃いから刺身には合わなそう。」



kikutaka_hiyoku29by4.jpg



 決して軽くはヌワイ (笑) 。なんかウイスキーとかブランデーみたいだな。水割りでもイケそう。酸は予想以上にビシっと、アミノ酸はギシっと劇画調の色目でギラついており、全体にはスゲえパンチのある、筋肉ムキムキ系の山廃本醸造。この、空きっ腹にカァっと来るマッスルなアル感と、なんだか桜餅のような独特の甘酸に包まれた熟感には賛否が分かれそう。

 ♡☺♡「薄めた方がこの酒の良さが出る。さすがに原酒はキツイ (笑) 。」

 薄めた方が酸が立ってフルーティーになる。なんか身体がポカポカして来たんですけど。しかし麹のクセがスゴい。まるで微妙な味わいの干し葡萄を真っ黒で濃い麦茶の焼酎割りと一緒に藁小屋の中で食ってる感じ (笑)

 原酒のままだと旨みのウネリがグニョグニョにトルネード。とにかく濃ゆい熟成生酒系の日本酒が好きな人は試してみたらいい。トテモじゃないがマトモに飲む気にはなれない。ウイスキーとかブランデーみたいな位置づけに近いので、食後や寝酒にチビチビという感じ





── 4日目。

kikutaka_hiyoku29by5.jpg



 立ち香──ちょっと漢方チックな草感が増しては来てます。ある意味、青カビ系というか (笑) 。

 原酒侍──。

 濃い──ただ、それだけ (笑) 。でもまあ、味わい的には「マズい」とまでは言い切れないんだよな。甘酸っぱくもビターな穀物&果実感には「液体」というよりは「個体」な量感がある。それでも「山廃」としての、旨みのシルエットが透けるような削げたストラクチャーがヌワイとは言えヌワイ。でも、濃いし、これをゴクゴク飲めるヤツはもはや人間じゃない。



kikutaka_hiyoku29by6.jpg



 ワイングラスでロック──。

 香ばしい麦チョコ感もあるにはあるけれど、速醸には出せない酸の太線があるので、最終的には旨みが筋肉質にムキっと引き締まり、旨みが鷹揚に横に広がることなく、そこそこシュッとした縦のラインに五味が収まる感じ。余韻には和三盆のような、微細にパウダリーな甘みも。

 明日は「お燗」にしてみようかな。





── 5日目。

kikutaka_hiyoku29by7.jpg



 懲りずに原酒侍──。

 そんなものがあるとして、これはまさにミルクチョコレート・ボンボンの最強版。これを原酒のまま飲むのは無理。不味くはないけど、進んで飲みたいとは思わないよな (笑) 。



kikutaka_hiyoku29by8.jpg
 ▲田中みな実の〝ペンギン歩き〟を無茶振り。[動画



 割り水してレンジ燗──。

 香りは綿飴にミルキー。含むと、ツンケンしたアル感も飛んで、柔らかな液性になります。とはイエイ、生酒なので、米の旨みにコツっと当たるニュアンスはなく、むしろ「純米生原酒のお燗」みたいに少しブチャっと甘旨が広がる。

 結構な割合で薄めてますが──ALC.14%くらい?──、まるで味わいが薄まる気配はヌワイです (笑) 。「菊鷹」を飲んでる感じも「山廃」を飲んでる感じも「本醸造」を飲んでる感じも今はないけれど、飲み方としては「お燗」がベター。ALC.度数が高いので、薄めると一升瓶で2000ml以上分にはなるのでは? (経済的)


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


日本酒 生酛 山廃 菊鷹 not_on_list_good

Comment

Add your comment