もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【13】まで更新。(12/14/12:01)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤あべ - ☆シリーズ「REGULUS」生詰 30BY <新潟> ── dಠಠb「ますます過激に淡麗化」#Fruity/Wine Oriented/Clear 



abe_REGULUS30by1.jpg
 ▲当時25歳だって。昭和の女優さんパネえ〜。

abe_jungin_jikagumi4.jpg
 photo: 蔵直酒屋 方舟




 29BYに引きつづき、火入れ (生詰) のREGULUSあべです。この「生詰Ver」が丁度いい塩梅に旨いので、どうにも「生酒Ver」は飲む気がしなかったわけだけど、この30BYを飲んでも、その印象は変わりませんでした。とにかくバランスが命の酒なので、これをわざわざ「生酒Ver」で飲みたいとは思わないです。

 というわけDE、先に結論を言っておくと、素晴らしい事に、30BYも「on my list - excellent」です。酸っぱくて淡麗で軽い日本酒が好きな人が買わないという選択肢はヌワイです。しかも29BYより出来がイイ!





<<ブランドコンセプト>>

①原料米
 →すべての原料米を蔵がある旧柏崎市及び周辺30km圏内のエリアのお米を使い酒を醸します。また柏崎に縁があるお米も積極的に使っていきます。

②720ml詰め中心の展開
 →720ml瓶詰め中心の商品です。低アルコール酒のため酒質的に早飲みタイプのお酒が多い為です。

③阿部酒造としての挑戦酒
 →あべシリーズ進化を加速させるためエッジが利いた酒造りを行っています。

④低アルコール酒
 →12-15度の原酒を目指し製造をしております。原酒は元来アルコールが高いから敬遠されていましたが、酒造技術も上がり、味わいしっかりな原酒タイプでありながら、アルコール度数が低く飲みやすい原酒が増えてきています。当蔵の☆シリーズもまさしくそのタイプです。

⑤精米歩合等の表記はなし
 →表記のイメージにとらわれず飲んでほしい為、精米歩合や諸々の数値は味わいに影響するもののみ公開をしております。


<<ラベルに込めた想い>>

☆シリーズの表ラベルはすべて原料米の田んぼです。このお酒で柏崎を知り、柏崎に人が来る、そして柏崎にお金を落とし、地域を潤す。このお酒が地域の潤滑油のような存在になれればと思います。またラベルの田んぼは商品をリリースする時期の田んぼの表情を描いております。




abe_REGULUS30by2.jpg
 bottle size:720ml





【841】あべ - スターシリーズ「レグルス」30BY <新潟>

阿部酒造 株式会社:http://www.abeshuzo.com


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:新潟県柏崎産 五百万石78%、新潟県柏崎産 越淡麗22%使用/非公開
▪︎酵母:非公開
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:─/4.0 (29BYは3.1) /─ (※日本酒度は酸度との兼ね合いで「−4〜6」くらいのニュアンス。なので、さほど甘いとは感じないです。)
▪︎ALC:13% (29BYは14%)
▪︎処理:生詰原酒 (一回火入れ)
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2019年7月
▪︎管理状況:2019/9/28に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年10月29日 (火) / 1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




abe_REGULUS30by3.jpg



 立ち香──なんか29BYよりスリム&お酢で、香りの出力は幾分ヨワーメだな。ある種、チヨメン6組っぽいというか。あべ的バナナ (シナモンの効いたバナナ・シフォンケーキ風) もあるけど、クリアなエキスに溶け込んでるニュアンス。ちょいフローラル。

 どうでしょう──。

 つうか、梅酒 (笑) ──「梅仁丹」ライクなフローラルネスも含めて。そして、明らかなる低アル体躯。淡麗やな~。29BYと地続きな〝淡麗主義〟ではあるが、この、更に過激に押し進められた〝エレガンス強化策〟を、オレは評価したい。そして、この酒の「」は飲んだことないけど、やはり、生詰が活きるタイプではないだろうか



abe_REGULUS30by4.jpg



 ワイングラス──。

 過激に淡麗なので、こっちの方が肉付きの良いストラクチャーになって、サイズ感が程良くなる。問題なく旨いです。これはニャカニャカにイイな。オレと「酸っぱい日本酒」における趣味の合う人は〝買い〟です。ドッカン生酒星人は「味しねえ」だの「もっと甘い方がいい」だの見当違いなことを言いかねないのでスルーでいいでしょう。

 しかし、何ともスレスレなバランスを潜り抜けての、この仕上がり。「薄いなー」と思う瞬間もありつつ、だからと言って、これ以上のALC.度数が欲しいかと言えばそうではないし、むしろこの淡麗な味筋に陰影を与える「ミネラル感」や「そこはかとない旨み」を探した方がアクティヴな試飲を楽しめる。

 フレッシュ系の日本酒には珍しく、ワイングラスの方がいいです。田崎真也や石神秀幸を始めとする素人連中が口にする「香り」に関する話──「香りを楽しむために日本酒でもワイングラスを・・・」云々──じゃない。これは「ボディバランス」に関する話だ。つまり、ワイングラスの方が円く柔らかいボディになる。グイ呑みは少し酸がツンケンするし、酒も痩せる──ように感じる。



abe_REGULUS30by5.jpg



「Type-7」──。

 残念ながら何もかもが重いな (笑) 。残りはブレンド瓶に合体。比率的にほとんどが「Type-7」だけど、それでもブレンドの方が軽い。




abe_REGULUS30by6.jpg



 ワイングラス返し──。

 良い。「あべ生」にありがちなゴワッシュな苦みもゴリゴリの粉っぽさもないし、オレ的には、これがベストなコンディション。こなれて来ると、徐々に酸も〝面〟に対してコーティング作用をもたらすし、こぼれた甘みをチャキっと掠め取る様もニャカニャカにエレガント。

 全く問題なくWell-Madeで、出来そのものも良い。個人的には29BYより好き。「marvelous」に辿り着くためには「五百万石」を捨てる必要があると思うので、どうせなら「越淡麗100%」でやったらどうだろう。

 ♡☺♡「ナニコレ!? 超ぉ〜滑らか。旨いじゃないか! これなら一人で4合瓶を空けられそう







 もしもこの中に今回の「REGULUS」が大のお気に入りという人がいたのなら、ワインだけど「Raymond Dupont-Fahn “Chaumes des Perrieres” 2016」あたりに進むと、世界基準を知ることができる。「2016」は徐々に市場から消えつつあります。フィッチで「残1」です。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


日本酒 あべ on_list_excellent

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん

糠漬け (笑) 。

こういう酒、タマにあるよね〜。
2019.11.08 Fri 21:57
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - To moukan1972♂さん

すみません、人に聞いた話、間違ってました!

正しくは、

木槽搾り 五百万石 蔵付き酵母 山廃純米 29BY → シェリー
木槽搾り 純米にごり酒 29BY? → 糠漬け
両方ともお燗にしても飲みこなせない

らしいです 笑
SanQ酵母ではなかったです。
2019.11.08 Fri 21:53
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん



毎度です。


──SanQ酵母の山廃は飲みにくいらしいです。

逆に魅惑的なキャッチコピー (笑) 。

ありがとうございます。某酒屋で面白そうな同梱を組めそうなので、まあ、この際だからイっときます。「日本酒度:−17、酸度:7.5」の「外伝」という商品もあったんですが、つい最近、売り切れました。ホントはこっちが良かったんですが。


2019.11.08 Fri 21:30
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - To moukan1972♂さん

舞美人・・・全然参考にならないと思いますが、4~5年ほど前に飲んだことあります。超酸っぱいだけで好みではなく、それから敬遠してるのもありますが、行きつけの店には、ほぼ入らないですね。もう記憶があやふやですけど、たしか速醸で酸度5.5(5.5と大きく書いてあるシールがクビに貼ってあった)でした。あと人に聞いた話なんでもっとアレですが、SanQ酵母の山廃は飲みにくいらしいです。あまり得るものは無さそうな予感はしています 笑
2019.11.08 Fri 21:08
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

「REGULUS」だけが際立って酸っぱいようなので、他のは飲む気がしませんが──「FOMALHAUT」は貴醸酒──、まあ「VEGA」の生詰がNBRに入れば同梱してもいいカナートという感じです。

めいさん的に「REGULUS」は〝買っとかなきゃいけないヤツ〟なので、2本は正解です。29BYよりイイですね。望んでいたようなフィネスを獲得した感じです。

「舞美人」はスペックやロットによってそこそこ味わいが変わるようなので、今時期だと買えるモノが限られるんですが、蔵で生熟させた「完熟」という商品もありますね。

以前、伊勢丹新宿で試飲イベントやってたんですが、マトモなコンディションで飲めなかったんですよね。まあ、少し「花巴」と被るような気がしないでもないですが、もはや「酸モチベーション」がないと新しい銘柄に手を出す気がおきないもので (笑) 。

http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-928.html


2019.11.06 Wed 12:00
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

昨日銀座のイマデヤへ行く機会があったので見てみると他のお星様シリーズはあってもこれだけない…聞いてみたら全店在庫切れだそうで。

通販で2本確保しました(笑)

おっと、舞美人ですか(笑)

スペックは控えてませんが、近所の日本酒バルに一時期置いてあって、ご主人が難儀してました。出せるようになるまで開栓後常温放置で2ヶ月以上かかったらしいです。まだ開けたてのを少しもらいましたが、とにかく荒々しかったのを覚えてます。
2019.11.05 Tue 21:14
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん



毎度です。

そうそう、記事の中で書くのを忘れましたが、あらまさん然り、28BYの「黒澤 生酛純大 金紋錦45」を楽しめた人にとってもストライクでしたね。あっちも「生詰」ですしね。〝旨みのサイズ感〟も含め、似たようなテクスチャーはあります。


──生酒は生酒で機会があれば試してみたいです。生詰と比べるとガス感はあるけど、酸味が強くて旨味があんまりない感じですかね~?

これの「生」は未飲ですが、

http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-2408.html#comment4160

読者さんが (たぶん30BYを) 飲んだ感じだと、まあ、こういうニュアンスは避けられないとは思います。他のスペックの「あべ生」にもあるように、端的に言って「粉苦くフィニッシュが重い」ということはあると思いますね。「黒澤 生原酒」の若いヤツなんかにもある、ギシギシした旨みの層が暴れる感じというか。

なので「酸味が強くて旨味があんまりない感じ」とは違うと思いますよ。むしろ「旨みの出方=暴力的」ですらあるでしょう。この「生詰」で感じる、硬めに炊いた米のようにカチっと旨みの動きが定まるニュアンスこそ「火入れ」ならではの属性でしょうね。

つまり、このテクスチャーから遡及的に「生コンディション」を探れば、飲まずともある程度は推察することができます。まだ買える店もありますが、比較してもさほど面白くはないと思うので、完全に「別の酒」としてトライする方がいいでしょうね。大袈裟に言えば「同じ魚の刺身と干物」を食べ比べるようなものですよ。

あとは、この酒の場合は「火入れがこれだけ旨いんだから生はもっと旨いはず」という考え方は全く当てはまらないということです。たとえば「十四代」も基本形は「生詰」ですしね。

そういや、我が家の瓶にはチャームポイントになるほどの〝ガス感〟はなかったですね。


──こちらは相変わらず居心地のいい居酒屋でスタンプラリーの日々です 笑

スタンプラリー強者のあらまさんに逆質問なんですが (笑) 、福井の「舞美人」って、今更ですけど──まだ未飲なんですよ──、どうですか? いろんなスペックがあるので、どれを飲むかにもよりますが、僕の知る限り「酸度:4.0」以上の日本酒ってコレだけなんですよね。

2019.11.04 Mon 15:54
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - ご無沙汰しております。

簡単に飲めそうなので買ってみましたが、これはヤバい。軽すぎるようで軽すぎない。いつまでも飲み飽きないのがその証左ですね。酸味のあとからやってくる複雑な旨味が、この軽さに説得力を与えてくれていると感じました。開けたてでピリリと感じるガス感も個人的には好みです。これは無くならないうちに買い増しておかなきゃ。生酒は生酒で機会があれば試してみたいです。生詰と比べるとガス感はあるけど、酸味が強くて旨味があんまりない感じですかね~? 機会があれば答え合わせしてみたいです。

素晴らしいお酒をご紹介いただきありがとうございます。一言御礼を申し上げたく久しぶりに書き込みました。こちらは相変わらず居心地のいい居酒屋でスタンプラリーの日々です 笑
2019.11.04 Mon 14:51
Edit | Reply |  

Add your comment