もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【13】まで更新。(12/14/12:01)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【HOUSE CLASSICS】Fleetwood Mac - Big Love (12" Extended Remix/1987) #David Cole 

genre tag:VOCAL HOUSE, ROCK/POPS
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎話としては昨日の続き。安易に『House Musicの歴史』を照査しようとすると壮大な話になり過ぎるので、ここでは恣意的にアウトラインをサラっと引くだけに留めるけど、メジャー領域で「House Music」が意識され始めたのは、おそらく1987年頃ではあると思う。すでに1987年のUKナショナル・チャートでは「Steve "Silk" Hurley - Jack Your Body (1986) 」や「M|A|R|R|S - Pump Up The Volume (1987) 」が普通に大ヒットしていたけれど、このジャンルの場合、先ずはアンダーグラウンド側が口火を切って、それを大資本のメジャーなプロデューサーが即座に真似して、ある程度のメソッドやフォーマットが完成すると、今度は逆にアンダーグラウンド側がそれを取り入れて一気に創作クオリティを上げるという流れがある。そういう意味でShep Pettiboneは「アイディア泥棒」ではあるのだけれど、それでも彼の提示する完成された〝総仕上げ〟というものは、アンダーグラウンド側のクリエイターにとっては消しようのない〝強大な教典〟になるというわけだ。

▪︎今日は、そんな1987年のメジャー作品の「House Remix」を御紹介。「Big Love」自体はフツーにヒット・チャートで流行っていたRock/Popsナンバーだけど、リミックスを手掛けたのはArthur Bakerという異質ぶり (笑) 。しかしながら注目するべきはキーボードを担当して〝House的なバッキング〟を惜しげもなく披露したDavid Coleの方で、ご存知、後のC+C Music Factoryの中心メンバーです。1987年時期はDavid Moralesなんかと2 Puerto Ricans, A Blackman And A Dominicanというユニット名で活動していて、当時のアンダーグラウンド・シーンではそこそこ名の知れた〝キーボード弾き〟だったようで──DJの現場にシンセを持ち込んでTrackに合わせて演奏していた──、当然、そこにはMadonnaなんかもShep Pettiboneと一緒に遊びに来ていたはずで、そうした流れの中で「Causing A Commotion (1987) 」や「Vougue (1990) 」なんかが生まれたというわけ。

▪︎Paradise Garage世代の若者たちがLarry Levanの意志を継いで新しいNYサウンド (NY流儀のHouse Music) を生み出し──もちろん子供の頃からShep Pettibone作品は聴いていて──、今度は逆に大御所であるShep Pettiboneがその芽から新たなインスピレーションを得て次のレベルにまで創意を押し上げ、そうしたフィードバックを若者たちも素直に受けて、そうして蓄積された様々な要素が一気に大爆発したのが1991年という歴史的イヤーで、1992年はそれらがアンダーグラウンド領域でも完成した、これまた非常に偉大なイヤー。2019年になった今でも、結局はこの時期にNYシーンが獲得した意匠やフォーマットがベースとなっていることを思えば、まさに「House MusicはDance Musicの核心」と言って差し支えないだろう。オレが星野源を蔑むのは、こうしたアレコレを知らない無知の門外漢が、たとえ冗談であっても「新しいダンスミュージックを作った」とか言ってしまう世界的なマヌケだから。ちなみに「Willie Colón - Set Fire To Me (Inferno Dub/1986) 」はメジャーレーベルから生まれた奇跡のアンダーグラウンドNYサウンドで、これはあまりにも例外的な傑作。もちろん〝超〟が付くほどの一大Garage Classicsで、当然、若かりし日のBlazeやBasement Boysたちも、みんなこれをParadise Garageで聴いて衝撃を受けているはず。












 ▶︎Fleetwood Mac - Big Love (Extended Remix/1987)
 

 ▶︎Fleetwood Mac - Big Love (Piano Dub/1987)
 

 ▶︎Fleetwood Mac - Big Love (Album Version/1987)
 

 ▶︎Willie Colón - Set Fire To Me (Inferno Dub/1986)[Latin Jazzbo Version
 

 ▶︎T.J.M. - I Don't Need No Music (1979) ←Arthur Baker!
 

 ▶︎Northend Feat. Michelle Wallace - Happy Days (1981) ←Arthur Baker!
 

 ▶︎Touchdown - Ease Your Mind (U.S. Remix/1982) ←Arthur Baker!
 

 ▶︎Madonna - Causing A Commotion (Silver Screen Mix/1987) ←Shep Pettibone!
 

 ▶︎Fleetwood Mac
music_Fleetwood_Mac1.jpg

 ▶︎David Cole ←1995年にエイズで死去。


 ▶︎C+C Music Factory (Robert Clivillés, David Cole)
music_c_c_music_factory1.jpg

 ▶︎C+C Music Factory - Do You Wanna Get Funky (C.J.'s Full Length Version/1994)
 


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン

VOCAL_HOUSE POPS

Comment

Add your comment