◤黒澤 - 生酛 純米「Type 9」仕込15 直汲み生原酒 30BY 5本目 1800ml!<長野> ── dಠಠb「ダイナミック過ぎ問題 (笑) 」#Rich/Unique 




kurosawa_type9_30by5_1.jpg




 ラストの1本の「Type-9」は1800ml、黒澤です。


 ホーント、1年が過ぎるのは早いもので、あと2ヶ月もすると新ヴィンテージがドロップされますね。30BYの「Type-9」は若い状態でも普通に飲めたので、割りと味はシッカリ出てるヴィンテージでした。まあ、結論から言うと、この1800mlはオレには少しダイナミックに育ち過ぎたという気がしてますが、問題なく旨いです。〝精米歩合65の美山錦の生酛の直汲み生原酒〟という属性を持ちながら、ここまで魅惑的な味わいに到達できるわけですから、凄いとしか言いようがないです。

 関係ないけど、新商品 (?) の「黒澤 生酛 純米 金紋錦 ダム熟 生原酒」って何だよ (笑) 。「洞窟」というのはタマに聞くけど、まさかの「ダム」ですか。



kurosawa_type9_30by5_2.jpg
 bottle size:1800ml





【838】黒澤 -くろさわ- 生酛 純米「Type 9」仕込15 直汲み生原酒 30BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:長野県産 美山錦/65%
▪︎酵母:協会901号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開 (※たぶん例年より日本酒度とアミノ酸度は低め。)
▪︎ALC:18%
▪︎処理:直汲み生原酒 (たぶん無濾過)
▪︎酒造年度/詰め日:H30BY/2018年12月 (詰め日での記載は長野ルール)
▪︎管理状況:2019/3/20に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年10月20日 (日) / 1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み



kurosawa_type9_30by5_3.jpg
 ▲黒澤とキャラ沢。



 立ち香──少しヨード感のあるヌタっとした旨みの先読みもあるけど、まあ、イイ感じの黒澤ブドウです。若々しさはないものの、ひとまず「麦チョコ」は回避。

 ♡☺♡「旨い・・・っ。一口飲んで『旨い』って出るのはホント旨いと思うんだ。味が凄い出てる。イイ仕上がりだと思いますよ。酔っぱらいそうだけど (笑) 。」



kurosawa_type9_30by5_4.jpg



 720mlとはまるで異なる熟成式だ。切る前の蕎麦やうどんのように、薄く練り伸ばされながらも、しっかりコシのあるストラクチャー。それでいてアタックはシルキー。クリアでツルピカのエキスに酸がキラン☆と反射する最高の仕上がり。熟成によって柔らかく撓んだ液性に黒澤流儀のチョーキーなミネラル感がエレガントな陰影を与える。ちなみにガスはほとんどなくなってます。

 ♡☺♡「なんかどんどん旨くなるな。甘さが引っ込んだ。」

 磨き65%とは思えないほどの透明感がありつつ、旨みの弾力感にまるで果肉を噛んでるかのようなテクスチャーが宿るのもまた、磨き65%ゆえの体躯ではある。決して「ガブガブ飲む」タイプの酒質ではないが、堂々たるモダン生酛の最高峰であることに異論を挟む余地は一切ヌワイ。





── 2日目。

kurosawa_type9_30by5_5.jpg



 立ち香──初日より乳酸キャンディーなアロマが広がる。それでも、相対的には「Type-7」よりは穏やかですね。

 ちょっとダイナミックな怒濤のスケール感が半ば暴力的に襲い掛かって来るけれど (笑) 、まあ、堂々たる銘酒ですね。香りそのものはそこまで派手ではないものの、含むと七色の味わいが交錯する独特の複雑みがあって、普通ならクドくて鈍重な酒になっちゃうんだけど、そこは流石にエレガント。



kurosawa_type9_30by5_6.jpg



 ワイングラス──。

 縦のラインがシュっとする感じで、ニャカニャカ良いです。ただ、やはりそこは日本酒、そもそもの情報量が多いジャンルなので、小さな領域でチャキっとクイっと飲んだ方が〝ピュアな煌めき〟を感じやすいということはあります。要するに、味の濃い酒をわざわざ更に外に押し広げて飲む必要も必然もヌワイというわけです──この場合、コンパクトなサイズ感を維持することで逆に濃密な凝縮感を噛み締めることができる。

 もちろん、ワイングラスで〝より生える〟酒がないこともないけれど、そういう酒は非常に限られた神酒だけですね。なんでもかんでも日本酒をワイングラスで出す店は何もわかってないですね。

 ブレンド──先のMoukanブレンド (菊鷹 仕込9号:65%、篠峯 Type-9&M:10%、菊鷹 8号酵母29BYベースのブレンド酒=他、黒澤2種入り:25%) 40%に対して60%が今回の「Type-9」。

 平均精米歩合が下がるので、やはり、さらにクリア。こりゃ旨いな。「Type-9」そのものよりはシンプルな味わいだけど、どっちがスイスイ飲めるかの話になれば、むしろ軍配はブレンドの方に上がるか。





── 3日目。

kurosawa_type9_30by5_7.jpg



 前日に少し割り水して原酒と馴染ませておいた──。

 ♡☺♡「旨いな。濃いけど (笑) 。」

 日に日に味がグイグイ出てるけど、カニッキーな (果肉っぽい) 甘酸の塊があるから、ダレずに飲める。ただなあ、1800mlなりのスケール&解像度で、これはこれで極めて壮麗にダイナミックな仕上がりではあるんだけど、ややフィネスに欠けるか。ドッカン星人なら泣き出すであろうくらいには旨いけど、個人的には3本目の720mlの方が好みではある。



kurosawa_type9_30by5_8.jpg



 少し水で薄めてるので、これくらいのALC.度数 (16%前後?) だとワイングラスで飲んでもうるさくはならないかな。見晴らしの良い透明なエキス感にも出会えるし、旨みの弾力感も程良いポヨみ具合で好ましいです。

 本命は「Type-7の1800ml」なので、こっちはこんなもんかな。「marvelous」を点灯させない一番の理由は──ブレンドの方が旨いから (笑)


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


日本酒 生酛 山廃 黒澤 on_list_excellent

Comment

Add your comment