◤本日の1曲♪【BRAZILIAN DEEP HOUSE】Frankie Valentine feat. Alegre Correa - Brazil 1 (2002)  

genre tag:DEEP HOUSE, LATIN HOUSE, CLUB LATIN
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎話としては一昨日の続き。久々に選曲的な話ですね。「Loose Ends - Silent Talking (1985) 」の次にこのへんを選曲すると「非常に都会的でセンスがある」という具体例です。Frankie Valentineは数少ないオレが影響を受けたDJのうちの一人で、90's初期はUS Garageを中心に独自のセンスで縦横無尽な選曲をしてたけど、やがてRaveシーンの隆盛と共に一時はTechno系のDJになり、青山の「Maniac Love」にも頻繁に来日してた記憶があって、そして気づいたらDeep House周辺に戻っていて、本作はその頃の曲。モロにMasters At WorkやJoe Claussellの影響を受けてるけど、アルバム全体は無国籍志向で、他だと「Past And Present Days」あたりが秀逸。











 ▶︎Loose Ends - Silent Talking (1985)
 

 ▶︎Frankie Valentine feat. Alegre Correa - Brazil 1 (2002)[Unreleased Instrumental
 

 ▶︎Frankie Valentine - Past And Present Days (2002)
 

 ▶︎MAW feat. Luis Salinas - Pienso En Ti (I Think Of You) (1998)[Moukan's Late Nite Reprise
 

 ▶︎George Benson - Song For My Brother (1997)
 

 ▶︎Alegre Correa
music_Alegre_Correa1.jpg

 ▶︎Frankie Valentine
music_Frankie_Valentine1.jpg

 ▶︎持ち出しMP3♪
 Frankie Valentine - Pescara Blues (Guitar Version/1999)




moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン

DEEP_HOUSE CLUB_JAZZ LATIN_HOUSE

Comment

Add your comment