もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Siegbert Bimmerle (ジークベルト・ビムマーレ) Spätburgunder (Pinot Noir) Rotwein Trocken「Baden」2016 




2019_10_17Siegbert_Bimmerle9800.jpg






 毎度アクセスありがとうございます。


 ドイツの赤です。「Spätburgunder (シュペートブルグンダー) 」とは何ぞや。「Pinot Noir (ピノ・ノワール) 」のシノニム (同義語) です。「Rotwein Trocken (ロートヴァイン・トロッケン) 」は「赤 (Rotwein) の辛口 (Trocken) 」という意味です。信濃屋のスポット商品ですね。2,000円前後のブルゴーニュ赤は余りにも鬼門なので、デイリー用のピノ・ノワールとなると、他の産地や国をチョイスするしかないというわけです。

 最近では「Spätburgunder (シュペートブルグンダー) 」が世界最優秀ソムリエコンクールのブラインド・テイスティングでもよく出題されるようで、結構な数のプロたちがブルゴーニュ産のピノ・ノワールと間違えるらしいけど、さすがにこの価格レンジのブドウで間違えることはヌワイと思います (笑) 。どちらかと言うと、ラングドック=ルーション地方のピノ・ノワールに近いニュアンスです。





世界的に注目される、ドイツのピノ・ノワール!




 最近のブルゴーニュの高騰と、地球温暖化の影響で世界的に注目される、ドイツのピノ・ノワール=シュペートブルグンダー。

 生産地のバーデンは、ドイツで3番目に広い生産地域で、ドイツ最南端の生産地だけあって、黒ブドウのシュペートブルグンダーが35%を占める、ドイツの赤の主要生産地です。

 1936年創設の現在3代目のジークベルト氏が当主のジークベルト・ビムマーレはここバーデンで凝縮感のある高品質なシュペートブルグンダーを生み出すこれからが楽しみな生産者です。

(販売ページより)



2019_10_17Siegbert_Bimmerle9802.jpg
 ▲さすがに「ブルゴーニュにもひけをとらないエレガントなワイン」は言い過ぎ (笑) 。





◤ジークベルト・ビムマーレ シュペートブルグンダー (ピノ・ノワール) ロートヴァイン トロッケン「バーデン」20162,199 円

Tag Link



2019_10_17Siegbert_Bimmerle9792.jpg




 立ち香──まずは開けたての瓶口から。割りと重心低めのズシリとしたピノ表現。ちょっとワイルドながら、旨みの層は厚そうな予感。ピンと張りつめたようなエレガンスはないけれど、ニューワールド系の過剰さも、またヌワイです。どちらかと言えばブルゴーニュ (コート・ド・ボーヌ) 寄りのアロマではあるものの、徐々に (安ピノの象徴としての) 乳酸ライクな甘やかさが伸びて来て、今はラングドック=ルーション地方のニュアンスに近いです。

 グラスに注いで──色は割りと薄め。徐々にイチゴ系のキュートな甘酸が膨らんで来た。そこそこフローラルだけど、クドさやケバさはヌワイです。



2019_10_17Siegbert_Bimmerle9849.jpg



 とりあえずは南フランス産のピノと対決してみようか──。

 まあ、値段なり。ひとまず2,000円前後のピノ・ノワールとしては及第点。香りほどに味は濃くなく、どちらかと言うと「薄ピノ」ジャンルではあります。アタックはシルキーながら、そこそこ旨みには厚みがあり、タンニンも程良くアクセンテッド。余韻のアロマに関しては「果実よりも花がメイン」で、酸の透明感は〝もう一つ〟ながら、確かにどこぞのACブルっぽさはあります。

 舌が慣れて来ると、徐々に「甘さ」と「薄さ」が「安っぽさ」とガッチリ握手をし始めるものの、無理矢理「何か」をしようとしてる酒ではない (酒として厚化粧ではない) ので、素直に値段なりで、その範囲内で見栄を張ることなくピュアなピノ表現がなされていて、決してハズレではありません。まあ、罪悪感の少ないデイリー・ピノなら、個人的にはChateau d'Antugnac (ラングドック=ルーション) やAlamos (アルゼンチン) の方を推すということはあるけれど。



2019_10_17Siegbert_Bimmerle9850.jpg

 ▼赤はカベルネ・ソーヴィニョン、白はシャルドネで、だいたい各5,000円 (税抜) くらい。




 というわけDE、ちょい冷やしめの温度帯の方がテンションのある味筋になるので、旨みにコシが出るのと、バラの花びら茶ライクなモリモリのタンニンも引き締まるので、まあ、値段的な納得感に対する正当性は高まります。

 まあまあかな。今はもう、なんか不思議な味のするフルーティーな紅茶という感じです (笑) 。道に落ちてれば喜んで拾うけど、自らリピートすることはヌワイです。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


ドイツ赤

Comment

Add your comment