もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤IL Valentiano (イル・ヴァレンティアーノ) DOC Rosso di Montalcino「Campo di Marzo」2014 




2019_10_13IL_Valentiano9667.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 イタリア赤の高級アペラシオン「Brunello Di Montalcino (ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ) 」の、一つ下の弟分的な位置づけの「Rosso Di Montalcino (ロッソ・ディ・モンタルチーノ) 」ですが、ここの蔵は所有する全ての畑が「Brunello Di Montalcino」を名乗れるので、このキュヴェも法定熟成期間 (樽で24ヶ月以上、トータルで50ヶ月以上) さえ守れば「Brunello Di Montalcino」としてリリースすることができるんだけど、輸入元のフィラディスの説明だと──畑は全てブルネッロに格付けされているため、最終的にバレルテイスティングによってブルネッロとして瓶詰めするのかロッソにするのかが決められる。つまり、全てブルネッロで生産も出来るものを格落ちさせているため、クオリティは非常に高い。──ということのようです。

 というわけDE、この「Rosso Di Montalcino (ロッソ・ディ・モンタルチーノ) 」はスロヴェニアンオークの大樽 (3000L) で12ヶ月の熟成期間を経てリリースされます。現行ロットは既に「2016」に移行してるけど、今回は「2014」なので、イイ感じに追熟してます。




2019_10_13IL_Valentiano9673.jpg





◤イル・ヴァレンティアーノ DOCロッソ・ディ・モンタルチーノ「カンポ・ディ・マルツォ 」20142,570 円

Tag Link



2019_10_13IL_Valentiano9676.jpg
 ▲最近はカラオケに行った際に隣の部屋から自分たちの曲が流れて来ることが嬉しいというヒゲダン。



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。まるで味の濃い甘さ控えめのジャムのようにしっかりとカニッキー (果肉ライク) にフルーティー。時おりイタリアやスペイン産の赤で感じる馬小屋臭もなく、なかなかにイイ感じ。安いので、これで旨けりゃ最高なんだけど。

 グラスに注いで──樽のエッジ感が増して来たけど、逆にスマートな立ち姿に。色は熟成由来の、ややレンガ調の赤。



2019_10_13IL_Valentiano9701.jpg
 ▲DE、本人はミスチルを歌ってるという。



 ♡☺♡「クセがない。でも、安っぽさがない。コスパがいい。カジュワルワインとして全く問題ない。でも、ちょい甘いかな。」

 際立つようなキャラはないものの、ちゃんとジューシイで、飲むことへの充足感に満ち溢れた、コスパの良い、分かりやすい──だが手堅さのある赤。アタックは滑らかながら、程良く引き締まった酸とタンニンがあり、立ち姿はそこそこシュっとしてます。ややアルコール感に棘があるものの、まあ、そこはこのレンジなので別に。



2019_10_13IL_Valentiano9706.jpg



 品の良い、地味ながら手堅いイタリア赤という感じで、カジュアルと高級のちょうど中間ゾーンを射抜くようなクオリティゆえ──「1,000円台じゃちょっと満足できない、でも3,000円までは出したくない」──という、エンドユーザーのデリケートな欲求を正当的に満たすことのできる上質カジュアルなワイン。造り手の個性よりも職人芸ライクな手堅い業務性を感じさせる味筋なので、どこかのイタリアン・レストランでコレがオンリストされていたのなら、そこのシェフやソムリエは非常に信用できるセンスの持ち主と言える。

 温度が上がると少し甘くなるので、その場合は少し冷やすと縦のラインが矯正され、スマートな味筋を取り戻す。正直、思っていた以上に旨かった (笑) 。





── 2日目。

2019_10_13IL_Valentiano9714.jpg



 2日目もちゃんと旨いです。内側への集中力が増す感じ。IL Valentiano (イル・ヴァレンティアーノ) はコレで3種類目だけど、値段的にはこれが中間で、さすがにエントリーレンジの「IGTロッソ・トスカーノ (1,925円) 」よりは明白にフルーティーで旨いです。4,341円の「DOCGブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」が圧倒的にコレより旨いかどうかは少し難しい話にはなるけれど、やはり、ブルネッロはジャンルが異なるという印象。

 今回の「DOCロッソ・ディ・モンタルチーノ」はカジュアルワインの上質版という感じで、気軽に飲むには程良いです。あと、センスを見せつけるための財布に優しい手土産としても最適 (笑) 。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


イタリア赤 トスカーナ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ IL_Valentiano

Comment

Add your comment