もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Guy Thibaut (ギィ・チボー) AOC Champagne Brut「Réserve」A Verzenay Grand Cru NV 




2018_10_12Guy_Thibaut9685.jpg






 毎度アクセスありがとうございます。


 Guy Thibaut (ギィ・チボー) はモンターニュ・ド・ランス地区の、皆が喉から手が出るほど欲しがる──あるときインタビュアがアンセルム・セロスに「メニルだのアンボネイだののグラン・クリュを買ってるお金があるならヴェルズネイを買うべきじゃないですかね?」と話を振ったら、彼は「ヴェルズネイが最高のクリュであることは常識。問題は誰も売ってくれないということだ!」と答えたほどの──ピノ・ノワールの名産地であるVerzenay (ヴェルズネイ) のRM。ちなみにココの先代Claude Thibaut (長男) は、今、アメリカのバージニア州で「Thibaut - Janisson (チボー・ジャニソン) 」というブランド名でスパークリングワインを造ってます。

 実はシャンパーニュ超初心時代に人に薦められて3回ほど飲んでいて、今回は〝改めて〟というわけです。さすがに今は良くも悪くもこのワインの正しい価値というのが手に取るように分かりますが、結論から先に言えば、まあ値段なりです。ちなみにオレなら人には──特に初心者には絶対──薦めません。その理由は本篇で。



Montagne_de_Reims_Verzenay.png



 セパージュは「ピノ・ノワール:80%、シャルドネ:20%」で、この地区のスタンダードNVとしては素直な比率。その他の詳細が不明ではあるけれど、たぶん発酵はステンレスタンク、マロラクティック発酵、ドザージュは8〜10g/1Lくらいはありそう。つまり、我々には〝ちょい甘い〟です。瓶熟期間はこの「Réserve」で48ヶ月、スタンダード版で36ヶ月と、この価格帯のキュヴェとしては長めです。



2018_10_12Guy_Thibaut9691.jpg





◤ギィ・チボー AOCシャンパーニュ ブリュット「レゼルヴ」ヴェルズネイ グラン・クリュ NV3,386 円

Tag Link



2018_10_12Guy_Thibaut9697.jpg




 立ち香──立ち香──コンディションに問題はないけれど、なんか味が薄そうな気配が。。しかし、グラスに注ぐと一気にフローラル。ほんのりハーブ系の青いアロマ。あとは微かに醤油っぽい甘み。

 ♡☺♡「結構、濃いよ。ブドウの果実味と酸のバランスが最高。香りが凄い。」

 まあ、値段なりっちゃ値段なりだけど、気軽に開けられてこのクオリティなら特に文句はないです。ヴェルズネイらしい〝パキっと&カチっと〟した、精緻な骨格の隅々に明瞭な光が当たる見晴らしの良い液性。塩気のあるミネラル感に余韻の長い果実味、やがて膨らむハチミツ系のコク。ただ、もう少しドザージュは少なくていい。



2018_10_12Guy_Thibaut9698.jpg



 あくまでもカジュアルなピュア・ワインという相貌だけど、さすがに果実のパワーは特級レベルなので、立ち姿は堂々たるものです。

 ♡☺♡「高級感はないけど──高級感は必ずしも必要ないし、この値段でこのクオリティだったら買いです。でもちょっと甘いね。」
 dಠಠb「たとえば信濃屋のスポットなんかで大量に入荷してて『よくわからん蔵だけど安いから買ってみるか』という感じで手に取って飲めば『意外にイイじゃん!』となるとは思うけど、それでも、まあ値段なり。もちろん、この価格でこのクオリティなら文句はないけど、もしもこれで5,000円なら大いに不満に感じるかもしれないことを思えば、やはり値段なり。」





── 2日目。

2018_10_12Guy_Thibau9710.jpg



 ♡☺♡「高級感はないけど普通に旨い。」

 初日より酸とミネラルに引き締まり感が出て来た。あと、レゼルヴらしく深めに色濃く滲む果実味が膨らんで来た。それでいてエキスの輝きにはヴェルズネイらしい透明感。ただ、やはり、我々には少し余韻が甘い。ここまで酸の角を研磨する必要はないかな。

 とにかく、この罪悪感ヒクーメの値段こそが魅力のワインなので、近所でホイホイ買えればmoukan1973♀に黙って平日に飲んでしまう感じではあるんだけれど、年に数えるほどしかシャンパーニュを飲まないのなら、心を決めて、まずはガツンと5,000〜7,000円の予算でドカンと旨いヤツを買った方がいい。

 Guy Thibaut (ギィ・チボー) は、日頃からそれなりにシャンパーニュを飲んでる人がトータルで1本あたりの単価を下げる役割を持つキュヴェだと思うので、その意味において、特に初心者には絶対に薦めないということです。別に不味くもないし、どちらかと良い部類ではあるけれど、限られた機会の中で選択するべきシャンパーニュではありません。たとえば1年に1本しかシャンパーニュを飲まない人は残りの人生が50年として死ぬまでに50本しかシャンパーニュを飲めないわけで、そんな人に誰がこれを薦めようか。

 ヴェルズネイ主体のNVなら、オレが薦めるのはEtienne Lefevreで、さらにコアな領域に進みたいなら、Quenardelの2004は至高も至高。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


Guy_Thibaut ヴェルズネイ

Comment

Add your comment