◤Vaziani Company Makashivili Wine Cellar (ヴァジアニ・カンパニー - マカシヴィリ・ワイン・セラー) 「Rkatsiteli」2015 




2019_9_21Makashivili9072.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 ジョージア (旧グルジア=元ソビエト連邦の構成国で1991年に独立) の、いわゆるオレンジワイン──ざっくり言うと「白ブドウで作るロゼ」みたいなもん──です。独立した今でも「グルジアワイン」と呼ばれることが多いですね。

 旧グルジア (現ジョージア) は「ワイン発祥の地」としても知られ、なんと8,000年以上も前からワインが飲まれていたんだとか。中でも特に有名なのが「クヴェヴリ」と呼ばれる素焼きの壷に潰したブドウを入れて発酵・熟成させるスタイルで、これを白ブドウ品種で行うと、今で言う「オレンジワイン」や「スキンコンタクト (マセラシオン) 系の白ワイン」のような色合い&味わいになります。





グルジアワインの酷造方法「Qvevri (クヴェヴリ) 」製法

 世界3大長寿国のひとつ、グルジア。大陸性気候に恵まれ、「ぶどうのルーツ」とも言われるところ。この地で生まれたワインの歴史は紀元前8000年までさかのぼる。シルクロードの西の端、コーカスの山から湧き出たミネラルウォーターで育った世界最古のブドウの原種からワインが誕生した。最古から受け継がれてきたグルジアのワイン酷造方法で最も鍵となるのが「Qvevri(クヴェヴリ)」と呼ばれる大型の壺である。

 このクヴェヴリ製法とは、ブドウを壺の中で(この壺の内側はオーガニックの蜜蝋でコーティングされていてる)発酵させるのだが、さらに壺を地中に埋めることで一定の適温での発酵が実現されるという。この製法こそがワイン作りの起源になったのだが、今なお行っているのは唯一グルジアだけ。樽での発酵では絶対に生まれない豊かな果実感を持った身体に優しいワインが出来上がる。タンニンも豊富に含まれており、活性酸素をも抑制する効果も持つ健康にも良いワインだ。完全な手作りだからこその無添加で個性的なワインの仕上がり。まさに歴史と伝統、品質の良さ、酷造技術、3拍子そろった本物のワインの味わいを生み出す壺なのである。

出典



2019_9_21Makashivili9081.jpg
 ▲『ネタパレ』のレギュラー陣に衣装デザインを被せに行くスタイリストは有能。[登場シーンだけ編集された動画





◤ヴァジアニ・カンパニー - マカシヴィリ・ワイン・セラー「ルカツィテリ」20152,592 円

Tag Link



2019_9_21Makashivili9085.jpg
 マイク・ポップコーンの「サッポロポテトバーべQあじ」は割りと〝まんま〟な仕上がりで再現性は高い。マイナーなのか、あまり見掛けない。つうか、HPを見ると過激なコラボ商品もたくさんあるのな。まだ「緑のたぬき味」はいいとして「柏もち味」って (笑) 。



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。やや不自然 (=自然派ライク) だけど、割りとキチンとフルーティーで、どちらかと言うと、系統としては「スキンコンタクト系のボルドー白」で、そこに「自然派テイスト+エキゾチック」というニュアンスがオプションで加算される感じ。甘香ばしいバニラもあるし、樽のニュアンスはボルドー白に近い。飲むのはまだ先だけど大丈夫そう。

 グラスに注いで──桃のコンポート&生クリーム。いわゆる「自然派のオレンジワイン」よりクリーミイ&まろやか。そして、徐々にクドさのない、そこはかとないフローラル石鹸。



2019_9_21Makashivili9111.jpg



 ♡☺♡「それでも自然派系の感じはある。」

 果皮からエキスを抽出してるので、当然「普通の白ワイン」よりはタンニンの先生はシッカリめ。思ったより全然酸っぱくないけど、まあまあかな。含むと「ボルドー白」は完全否定。大枠では「自然派のオレンジワイン」に近いニュアンス (根菜系の渋み、ストレンジ&エキゾチックなお茶、フローラル石鹸のアロマ) ではあるが、あそこまで「生酒」っぽくもないので、テクスチャーは普通のスティルワインに近い。

 以前、moukan1973♀がロシア旅行した際にグルジアのワインを飲んで、♡☺♡「旨かった!」と言ったから少し拾ってみたけど、結局、たとえば、♡☺♡「フランスで飲んだオーストリアのワイン美味しかった!」と言ってるのと同じことで、要は「漠然の宇宙」過ぎて情報としては体を成さないので──旅グルメ番組でタレントがその土地の魚や珍味を食いながら「日本酒に合いそう!」というスケールのデカい表現を使うのと同じ──、何か大きな契機でも訪れない限り、しばらくは買わない。ま、いわゆる一つの「旅補正」もあるだろうし。

 そう考えると、3,000〜5,000円クラスのGraves (グラーヴ/ボルドー左岸) の白というのは、どれを飲んでも (コスパを議論しなければ) それなりには美味しいし、結局、ワインという酒は、産地 (アペラシオン) や品種や格付け (値段) をある程度は細かく限定しないと、まるで何の情報にもならんということですね。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


グルジア オレンジワイン 自然派ワイン 浜辺美波

Comment

Add your comment