もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤本日の1曲♪【DOMESTIC】2019年9月20日 (金) 公開・映画『HELLO WORLD』主題歌「Official髭男dism - イエスタデイ」の三段活用 (1984-2019) #ケツメイシ/坂本龍一/浜辺美波 

genre tag:DOMESTIC, TECHNO/ELECTRO, HIP HOP/RAP
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎ちょっと息抜き。こんなもん、秒で芋づる。端的に言えば80'sエレポップ流儀の、ストレートな8ビートの系譜。「イエスタデイ」は外部プロデューサーの蔦谷好位置氏を迎えての制作なので、今回ばかりはバンド指数 (バンド演奏による正確な再現性) はヒクーメ。ケツメイシは当時のインタビューで80'sのエレポップを意識した音作りを明言。坂本龍一は時代的な当事者。邦楽はほとんど聴かないけど、これくらいのことは知ってるし、分かってる。メロディー的な意匠 (マナー) としてはmoukan1973♀の指摘──♡☺♡「なんかミスチルみた〜い!」──を待つまでもなく、ミスチル以降の我が国の伝統──ミディアム・テンポ (BPM100) 以上の楽曲においてバラード的な旋律を従えて熱唱するスタイル──の蓄積。Official髭男dismは魅力的な若者たちではあるが、別に新しいことは何もやってないし、日本のアーティストはネタ語りをあまりしないので、ファンの若者たちも簡単にはルーツを辿れないし、音楽評論家 (邦楽の) は無知じゃないと務まらないので都度都度〝流行り〟に媚びてヨイショするばかりで、誰も本質を問おうとしないのでオレが美波ちゃんに免じて気まぐれを起こしてみた。映画そのものの中身が面白ければいいのだけれど、さて。











2019_9_2nexi5.jpg
D74QinhUcAYRbqF.jpg


 ▶︎Official髭男dism - イエスタデイ (2019)
 

 ▶︎ケツメイシ - さくら (2005)
 

 ▶︎坂本龍一 - Self Portrait (1984)
 

 ▶︎Orchestral Manoeuvres In The Dark - If You Leave (1985) ←典型的な80'sエレポップの大ヒット曲。
 

 ▶︎小田和正, 財津和夫, 松任谷由実 - 今だから (1985) ←オマケ (笑) 。Key&アレンジは坂本龍一。
 

 ▶︎映画『HELLO WORLD』より。
hello_world_浜辺美波_Official髭男dism_イエスタデイ

 

 

 ▶︎Official髭男dism



moukan1972♂


※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン

DOMESTIC TECHNO HIP_HOP 浜辺美波

Comment

Add your comment