もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤本日の1曲♪【LOFT CLASSICS/BRIT FUNK】Powerline - Double Journey (1981) #Atmosfear 

genre tag:FUSION
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎一昨日に引きつづきAtmosfear関連。今更感の強い超ウルトラ・クラシックスだけど、あまり再発されないRareなリミックスも併せてこの機会に。プロデュースがAtmosfearのAndy SojkaとJerry Pikeということで「こんなん出ました」けど、Powerline自体はそこそこ素直なUKのソウルユニットみたいですね──特に今まで気にしてなかった。DE、この曲、これは何と言ってもPrelude Recordsがライセンス・リリースしたUS盤が有名で──というより、早い段階からNYのDJたちに認知されていたからこそ、一連のBrit Funkの掘り起こし作業もスムースに進んだんだと思います。簡単に言うと、この時代のUK産Jazz Funk (Fusion) に対する正当的な評価は──少なくとも先鋭的なNYシーンでは──既にリアルタイムで為されていたということです。その大きなキッカケを作ったのが、US盤のクレジットに記されている通り「Special Thanx To David Mancuso & Larry Levan」の二人で、数多あるディスコ・サウンドの玉石混交の中から、瞬時の感性によってウンコとカレーの違いを見透かしていたわけです。Club Musicにとって、アーティストとは作家であり、DJとは彼らの作品から〝新しい価値〟を導き出す (時に〝別次元の何か〟を創出する) 批評家であるという見方は大事です。「作ったヤツが一番エラい」という考え方は物事の一面しか見えていない間抜けの発想。ちなみに1981年というと、我が日本では「寺尾聰 - ルビーの指輪」や「近藤真彦 - スニーカーぶる~す」や「イモ欽トリオ - ハイスクールララバイ」などが流行っていましたが、その裏ではYMOが『Technodelic』を発表してましたね。











 ▶︎Double Journey (Long Version) ←元の倍の長さだからダブルと (笑) 。
 

 ▶︎Journey To... (The Remix) ←White盤のみのSax Version![Discogs
 

 ▶︎YMO - Seoul Music (1981) ←これぞJapanese Funkの金字塔![Live@新宿コマ劇場
 

 ▶︎Larry Levan & David Mancuso
music_david_mancuso_larry_levan1.jpg

 ▶︎Atmosfear (音楽的インテリ集団)
music_atmosfear1.jpg
 photo: WaxPoetics


FUSION

Comment

Add your comment