もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 その吟醸、720mlが840円ナリ。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤而今 - 純米吟醸 山田錦 火入れ 27BY ── dಠಠb「確かに前の酒は、もっと甘くて濃かったし、香りのインパクトが強かったかもしれません。いまの酒は、軽くなっているはずです。by 大西唯克」#Fruity 




 而今 (じこん) です。様々な要素が重ならないと簡単には手に入らない銘柄なので、旨いとか不味いとかのレベルを越えて、もはや飲めるという事実それ自体が重大な意味を持っているとさえ言えますが、そこは口に入れる物、旨くなきゃ全く意味はないのでございます。

 えーと、酒とはまるで関係のない話で恐縮なんですが、本日7/2 (土) の『王様のブランチ』観ました? 我々夫婦がいつもメガネを調達しているリュネット・ジュラの表参道ヒルズ店が「買い物の達人」というコーナーに登場しました。

 ま、これを絡めてメガネ警察をするとなると、方々に様々なザワツキが生じる恐れがありますので、そこは大人の対応で、写真で軽く触れる程度に留めておきます (笑) 。ただ一つ、これだけは言わせて下さい。

 リュネット・ジュラに行ったら、自分じゃ絶対に選ばないようなメガネこそ試着しろ!

 洋服と違って、メガネの試着は簡単かつ手軽です。せっかくなんですから、冗談半分でもいいから、様々な面白メガネに果敢にチャレンジしてほしいと思います。なにかの偶然で自分の顔に奇跡のコンビネーションが生まれるかもしれませんよ。



 ▼車のメガネ。
jikon_yamada_hiire1.jpg



 ▼CM明けに一瞬だけ映ったJ.F. REYの左右非対称の -□‐○- メガネ。つうか、これでよくね? オレの提唱する〝スーパー中学生路線〟の条件も満たしてるし、彼の朴訥とした雰囲気をさり気なくアップグレードするデザインだと思うんだけどなあ。これぞ〝フューチャーのび太〟路線だよ (笑) 。
jikon_yamada_hiire3.jpg



 ▼結局、自分では無難なメガネしか選べない。しかも流行りの、み〜〜んなと一緒のクラシカルな丸 (笑) 。GOLDはやめとけ。向井くん、メガネ初心者なんだって。もーう、オレに相談してくれりゃ、芸能界一のメガネ伊達男に仕立ててあげるのに! いつでも連絡くださいね♡ そこらの糞スタイリストなんか目じゃないから。
jikon_yamada_hiire5.jpg



 ▼而今の大西杜氏と酒呑みミニオン。
jikon_yamada_hiire2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【135】而今 -じこん- 純米吟醸 山田錦 火入れ 27BY <三重>

木屋正酒造:http://kiyashow.com


Moukan's tag:




 ▼結果的にJ.F. REYの-□‐○-メガネが一番マシだった。
jikon_yamada_hiire4.jpg
 立ち香はメロン様の甘やかなフルーツ感。ニュアンスとしては、最近飲んだ中だと、山の壽なんかに近い。違いと言えば、而今の方が、少し透き通った酸が駆け抜ける感じかな。

 含むと、あるっちゃあるレベルの微細なガスがスマートに誘なう小粒なジューシイ感に、「まあ、そりゃ旨いわな」という、至ってノーマルな納得による静かな肯定的感情が追随する。メロン様の甘やかさからタイトな酸による力強い収斂性、少しほろ苦さを伴うエアリーなフィニッシュ感。

 一回火入れなので、ドッカンドッカン甘旨が弾ける酒質ではなく、わりとバランス重視でノーストレスに飲ませるタイプの、落ち着きある優等生な佇まい。去年、近所の居酒屋で飲んだロットの方が格段に甘かったような。27BYの山田錦火入れは、甘さよりも酸で流れを引っ張るタイプの酒質だと思う。

 実際、『日本酒ドラマチック 〜進化と熱狂の時代〜 山同敦子 著』の一節には、


 きらめきの一杯よりも、癒しの一本を造れと、取り引きする酒販店さんに言われたことがあります。確かに前の酒は、もっと甘くて濃かったし、香りのインパクトが強かったかもしれません。いまの酒は、軽くなっているはずです。酒販店さんの意見もあるけど、自分の造りたいものが変わってきたということ。これからもそのとき僕が飲みたい酒、理想の味を実現するために、もっともっと腕を磨いていきたいと思います。今年、ひとつの壁を越えたように思います。麹の香りが明らかに違うのです。これからも進化を見守ってください。



と書いてある。

 そんな杜氏の高い志を余所に、残酷なエンドユーザーの感想としては、「まあ、普通?」と言った感じ。もちろん、問題なく美味しく飲めてるんだけど、流石にハードルは上がり気味なので、そこは仕方ない。人気銘柄の宿命だしね。

 温度が上がってくると少し苦み&渋みも前に出てくる。而今なんか滅多に飲めない身にとっては、つくづく町田酒造が而今フォロワーだということを思い知る感じかな。ま、火入れなんで、あまり偉そうなことは言えないけど、最近飲んだ「美和桜・山の壽・萩の鶴・楯野川」を交えた5種のブラインド試飲をやって而今が1位になることは、少なくともオレに限って言えばないかな。

 評価は難しいなあ。普通にオススメだけど、プレミア価格で買うことは絶対にオススメしない。この火入れVerに関して言えば、同等クラスの酒は他にいくらでもある。

 申し訳ない、☆3.5で。


moukan1972♂



日本酒 而今 メガネと酒

Comment

Add your comment