もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【16】まで更新。(12/15/15:43)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「久々のチヨメン漁り」#昇龍蓬莱/醸し人九平次/篠峯 




 毎度アクセスありがとうござます。


 久々のチヨメン漁り。割りと素直に初回出荷コンディションの瓶が残ってたので、比較するには好都合。あとは時期を見て「菊鷹」あたりを拾ってれば新酒シーズン到来ですね。もう年末が見えました。



2019_9_7転入生1





ტ 本日までの転入生


◤昇龍蓬莱 生酛 純米大吟醸 山田錦 2014 (26BY) <神奈川>
◤醸し人九平次 純米大吟醸 雄町「SAUVAGE」2018 (30BY) <愛知>
◤醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦「EAU DU DÉSIR」2018 (30BY) <愛知>
◤篠峯 純米 伊勢錦 うすにごり 無濾過生原酒 30BY <奈良>
◤篠峯 田圃ラベル「Azur (紺碧) 」純米吟醸 山田錦55 にごりざけ 生原酒 30BY <奈良>
◤篠峯 田圃ラベル「Blanc (白) 」純米大吟醸 伊勢錦50 無濾過生原酒 30BY <奈良>
◤篠峯 田圃ラベル「Vert (翠) 」純米吟醸 亀ノ尾55 無濾過生原酒 30BY <奈良>
◤篠峯 純米「遊々」7号酵母 無濾過生原酒 30BY <奈良>
◤篠峯 生酛 純米 山田錦 無濾過生原酒 30BY <奈良>
◤篠峯 純米 愛山66 無濾過生原酒 30BY <奈良>
◤篠峯 ろくまる 八反 無濾過生酒 30BY <奈良>



2019_9_7転入生2
2019_9_7転入生3



「伊勢丹ストーリーは突然に」シリーズです。「醸し人九平次 雄町50」が想定外にイイ酒だったので──華やか成分に余計な質量があるものの──、さっさと「山田錦50」も買って来た。この2つは蔵の看板商品なので仕込み数も多く、どこで何を掴まされるか未知な要素もあるけれど、今後も「雄町50」だけは定点観測を続けてもいいかな。

 昇龍蓬莱 (しょうりゅうほうらい) は26BYなので、菊池杜氏時代の遺産です。出荷年月が「2019.06」なので、蔵出しの4年熟成ですね。山田錦40の高級品なので、せめて先日の「SHUHARI JUKUSEI × YAMADANISHIKI 2014」よりは楽しませてくれよな。検索しても同じスペックの熟成ヴァージョンがヒットしないので、もしかしたら「伊勢丹新宿」──ていうか「デパート」限定流通かも。我々が使うような地酒屋では「高級品」はさほど売れないからね。



2019_9_7転入生4
2019_9_7転入生5



 篠峯 (しのみね) は全て楽天のKTRでまとめ買い。こちらの4本は多分「初回出荷コンディション」でしょうね。まさかこの時期に「伊勢錦66 うすにごり」の720mlが残ってるとは意外だったけど、今は売り切れてるようです。「Azur (紺碧) 」は「にごりVer」で30BY初飲み。「Blanc (白) 」は2本目で、新酒時期の、あの〝ユルい〟感じがどこまで固まってるかに注目──骨格そのものに異質な変化が起きたケースは少ないけれど。「Vert (翠) 」は「にごりVer」で飲んでまあまあだったけど、いかんせんシュワシュワ属性が強すぎて6号酵母ライクなタッチを楽しめなかったので、実は少し期待。ちなみに「Vert」の6号酵母は30BYからのマイナーチェンジで「Azur」は引き続き9号酵母の模様。



2019_9_7転入生6
2019_9_7転入生7



 実は毎年そこそこ安定している (ニュアンスに大きな乖離がない) のが遊々 (ゆうゆう) という酒で、ちょうど夏を過ぎたあたりからが飲み頃。速醸のチヨメンの中でも、クワナリ酸度アクセルを深めに踏んでるので、キャラ立ちの良い味わいです。720mlが1,350円というのも嬉しい。「生酛 純米」は木香ファイヤーな28BYでもそこそこ美味しく飲めたという実績もあり、今季もその安定感に期待。

 そして、実は最も熱い期待を寄せているのが、黄緑色の憎いヤツ、愛山66です。25BY、26BYは未飲、今から思うと27BYはそこそこ良かったものの28BYはスルー、そして久々に楽しめると期待していた29BYが腐造スレスレの (飲めたもんじゃない) 糞酒で──からの30BYです。オレの中で相関性のある「櫛羅 純米」の30BYの出来映えが〝らしい感じ〟なので、その流れを汲んでくれれば。出来が良ければ1800mlを買う準備はできている。

 ろくまるは29BYでもそこそこ楽しめたメロン吟醸派の「八反」でエントリー。今季はハイクラスの「篠峯 純米吟醸 八反50」もニャカニャカの仕上がりだったので、ほんのり期待。

 というわけDE、この中に「on my list - excellent」以上の酒がある可能性は極めて低いものの、よほどのことがない限り、どれも黙ってスイスイ飲めはするでしょう。


 それでは皆さま、酔い休日を。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 昇龍蓬莱 醸し人九平次 生酛 山廃

Comment

Add your comment