もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤MARTINI (マルティーニ) Sparkling Wine「Brut」NV 




2019_9_2MARTINI9579.jpg
 ▲「限界突破×サバイバー=氷川きよし」と全てを同じ式に収めた方が風味が増す。




 毎度アクセスありがとうございます。


 北イタリアはピエモンテ州で1863年に創業した老舗ブランドが造る超メジャーなスパークリング・ワインです。飲んだのは月曜。この夏、意外に飲んでしまいがちだった缶ビールにも飽きて来た頃──日本酒はガブガブ飲めないし──、さすがに平日に一人でシャンパンを開けるわけにはイカないしで (笑) 、家の近くのセブンイレブンで買ってみた。気まぐれ寄りではありますが、もちろん、当たり屋スピリット全開です。







 まあ、ホントにどこでも売ってるし見掛けるスパークリングですね。今まで気にしたこともなかったけど、値段が1,000円ちょいだったので──と思ったら、よく見ると「1,225円 (税込) 」で、これは楽天最安値よりも300円以上高いので、ちょっと損した気分ではありますが、それでも全く罪悪感に駆られない価格ではあります。

 セパージュは北イタリア産のシャルドネやソーヴィニヨン、DOCプロセッコに使われるグレラ種などのブレンドだそうです。ちなみにMARTINI (マルティーニ) のラインナップには「Prosecco (プロセッコ) 」もあって、さすがにそっちは1,000円以下では買えないみたいね。それでもシャンパーニュと比べりゃアホ安だけどね。あと「Asti (アスティ) 」は甘口です。今回オレが買ったのは「Brut (ブリュット) 」という「辛口」です。



2019_9_2MARTINI9584.jpg





◤マルティーニ スパークリング・ワイン「ブリュット」NV1,225 円

Tag Link



2019_9_2MARTINI9586.jpg



 意外に飲めます (笑) 。オレから発せられる感想としては、もはやコレ以上のものはないです。それでも、なんで「飲める」のかを少し洞察してみると、他のこの手のスパークリングと比べて、甘くない、コレに尽きます。そうかと言ってシャンパーニュ基準で酸が切り込むということもないわけだけど、要するに「少なくとも酒が甘いことで印象がマイナスに寄ることはヌワイ」ということですね。

 味も薄いしベラボウに旨いわけでもないけど、最低限の「辛口度」は維持されてるから、吐き出すこともなく、普通に飲めます。1,000円くらいのまあまあなイタリアワインが素直に発砲した感じ。いつだったか飲んだ「Parxet CAVA」や「Alamos Extra Brut」なんかより綾瀬はるかにイイよ。安いしね。





 ▲1,620円のクソ泡 (※買ってはイケナイ) 。
 ▼1,728円のクソ泡 (※買ってはイケナイ) 。




 あと、オレにとって好都合なのは──シャンパーニュを想起させる要素が皆無である──コレですね。AOCクレマンに限らず、1,000円ちょいの泡モノでも、香りに関しては一瞬だけ「えっ、シャンパン風???」と思わせるモノもタマにあるんだよ。DE、そうなると、逆に飲んだ瞬間のガッカリ感がハンパないことになっちゃうわけ。だったら最初から最後まで微塵もシャンパーニュを感じずに飲み切りたいというかさ (笑) 。

 このスパークリングがオレの怒りを買わないのはそういう点ね。泡の禁断症状が出たらまた買っちゃおうかな。ただ、これ、開けるのにスゲえ苦労した。シャンパンと違ってガス圧が弱いから、コルクが回ったくらいじゃアガって来ないんだよ。非力な女子たちと文科系男子たちにとっては飲むまでが手強い相手。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


スパークリング ピエモンテ

Comment

Add your comment