もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日本酒を飲んで心底「面白い」と思ったのは久しぶりかも。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤クラシック仙禽 - 生酛 亀ノ尾 無ろ過原酒 瓶囲い瓶火入れ 2019 (30BY) <栃木> 




classic_senkin_kamenoo30by1.jpg
 ▲マイケル・ジャクソンと同じ誕生日。まだ19歳か・・・オレは予備校サボってレコード屋 (主に新宿アルタのCISCOと池袋のWAVE) ばっか行ってたな。[modelpress][ドワンゴジェイピーnews][19歳の長澤まさみ][19歳の綾瀬はるか][19歳の新垣結衣][19歳の夏目雅子




 毎度アクセスご苦労様です。


 30BYを買うのは初めてかな、仙禽 (せんきん) です。デイリー用の適当な日本酒ストックがなくなったので、他の用事も絡めてチャリで伊勢丹新宿に出向き、パっと目に付いたコレを半ば衝動買いして来ました──「そういやクラシック仙禽の『亀ノ尾』ってあまり見掛けないな」ってな感じで。それもそのはず「山田錦 (無垢) 」と「雄町」は通年商品だけど、コレは限定みたいね。


classic_senkin_kamenoo30by2b.jpg「火入れ属性」が要の──少なくとも表向きには「生酒Ver」は存在しない──「クラシック・シリーズ」だけど、今季からは「生酛仕込み」になったようです。ま、26BYまで「亀ノ尾」は「山廃 (赤) 」と「生酛 (橙) 」の両方で展開してたんだけどね。

 一応、儀礼的、もしくは戦略的に売場の (日本酒ソムリエ資格を持ってそうな) ネエちゃんに感想なんかを求めておいたけれど──決して参考にするわけではない──、それは、そうしておくことで、その酒がアタリでもハズレでも、その後の〝答え合わせによる齟齬〟だけは、少なくとも無料のギフトとしてオレの日々のささやかな娯楽になるからであります。彼女がこの酒をどう評したのかは、プライドもあるだろうし、内緒にしておきます。



classic_senkin_kamenoo30by2.jpg
 bottle size:720ml





【819】クラシック仙禽 -せんきん- 生酛 亀ノ尾 無ろ過原酒 瓶囲い瓶火入れ 2019 (30BY) <栃木>

(株) せんきんhttp://www.senkin.co.jp


Moukan's tag:




▪︎酒米/精米歩合:栃木県さくら市産 亀ノ尾/50%
▪︎酵母:非公開
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開
▪︎ALC:15%
▪︎処理:無ろ過原酒 瓶囲い瓶火入れ
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2019年7月
▪︎管理状況:2019/9/3に購入、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年9月3日 (火) / 1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




classic_senkin_kamenoo30by4.jpg



 立ち香──まあ、当然「赤とんぼ」とは違うわな。割りとバナナ寄りだけど、ラムネっぽさもありつつ、少し粉渋 (こなしぶ) そうな気配も。あとは、酸のニュアンスが26-27BYの「日輪田 純吟 無加圧直汲み」なんかを想起させる。グラスに注ぐと甘やかなマスカットがギュイ~ン。

 飲んでみる──なんか甘そうだな・・・。

 普通の、個性を放棄した方向での、割りと退屈めの仙禽。そして香りで予見されたように〝粉渋い〟──よくある火入れ的な雑味が退けにかけて立ち現れるニュアンス──です。ざっくり言っても言わなくてもイマイチ。



classic_senkin_kamenoo30by3.jpg



クラシック仙禽」に求めるべき瑞々しいクリアなエキス感に乏しく、なんかゴショゴショと粉っぽく、まるで攻めっ気もなく、ただ無難さを求めて「こんな感じでどうでしょう?」という気怠い提案だけを投げ掛けて来るかのような、とってもどうでもいいフルーティネス。そして、低アルとしてのアドバンテージに乏しく、普通に飲み心地が重い。たぶんワイングラスで飲むと更に「雑味&渋み」が前に出そうなので──洗い物も増えるし──、今日はやりません。

 とはイエイ、徐々に今は、割りと「ピーチな甘み&ポヨみ」が前に出てます。だけど、すぐにギシギシと苦くなる。田崎真也のような懐の深い日本酒ラヴァーなら、それなりに〝お褒めの言葉〟も頂けるとは思うけれど、この銘柄に過激な何かを求めている人間にとっては、頗る退屈な仕上がりになってます。



classic_senkin_kamenoo30by5.jpg



 飽きたので「黒澤」をロックで──「Type-K」と「Type-謎」のブレンドです。

 比べちゃいけない。田崎真也に教えてあげたい (嘘) 。あと、試しに「仙禽」もロックにしてみたけど、退屈な方向で薄くはなるものの、少なくともノイジーな粉渋いタッチは随分と取れます。もはや何の酒を飲んでるのか全くわからないけれど、そのまま飲むよりはイイかな。



classic_senkin_kamenoo30by6.jpg



 試しに「仙禽」をワイングラスで──。

 香りは益々「日輪田」ライク。そして、全く旨くないですね。とはイエイ、日本酒全体の中の偏差値で言えば「55」よりは上なんでしょうね。つまり、もっと酷い酒は幾らでもあるし、それなりに日本酒が好きな部類の人たちであっても、このくらいなら普通に笑顔で飲み切れるとは思える。

 そういやコレ、生酛なんだよな。確かにノイズの出方だけは「新生・山城屋」にソックリだわ (笑) 。





 1973チャレンジ!!!
classic_senkin_kamenoo30by7.jpg
 ▲ほんと、美波ちゃんは若者らしいカジュアル・ファッションがまるで似合わないな──特にデニム (笑) 。



 ♡☺♡「なんかアル感、ない? 最後、イヤな感じのが残る。ハッキリ言って旨くない。これはダメでしょう!
 dಠಠb「〝アル感〟というか、なんか粉っぽく渋いんだよな。」





── 2日目。

classic_senkin_kamenoo30by8.jpg
 ▲確かにリアルな〝トリュフ感〟が再現されてはいるが、パウダーごときで「トリュフ入り」と明記していいのか (笑) !?[QBB PREMIUMベビーチーズ トリュフ入り



 昨日「寝酒」で軽く飲んだら──「旨い」とは思わないものの──、なんか普通に飲めたんだけど、今日はどうでシャウか。

 んんん、雑味ティカル。クリアなエキス感 (「マスカットの天然水」的な) に一瞬だけ遭遇したりもするんだけど、すぐに汚れが張り付く感じで、余韻は頗る汚いです。そういう意味でも、なんかキャッチーな「山城屋」というタッチで、どっかの酒屋が「少し温度を上げて飲むとウンヌン」と書いてたので、今レンジで常温付近に上げて飲んでみたけど、割りとツンとしたアル感が増しますね──そういやmoukan1973♀も昨日飲んだ瞬間に指摘してたな。



classic_senkin_kamenoo30by9.jpg



 まあ、RS (れいしゅ) もJO (じょうおん) もどっちもどっちだな。ただこの酒、ちょっと不思議なのは旨くないのにも関わらず──そして、必ずしもそこまで軽いわけでもないにも関わらず──、なんでか飲んじゃうんだよな (笑) 。オレの仙禽偏差値 (イクラ視力) が高いからなのか、どうでもいい酒に対する感度が鈍化したからなのか、理由はわからないけれど、捨てずに2日で──しかも〝ほぼ独り〟で──飲み切れたことだけには敬意を払おうか。

 というわけDE、よい子の皆様は特に買う必要はありません。 


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


日本酒 生酛 山廃 仙禽 亀の尾 not_on_list_good 浜辺美波

Comment

Add your comment