もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Lincourt Vineyards (リンコート・ヴィンヤーズ) AVA Sta. Rita Hills「Rancho Santa Rosa」Chardonnay 2015 




2019_8_11Lincourt0003.jpg

 ▼ウメムラの「6本2万セット」で、左の2本はリクエスト、あとはお任せ。合計で30,253円分。
2019_6_7ウメムラお任せ6本






 毎度アクセスありがとうございます。


 ウメムラの「お任せ6本2万」のうちの1本。今回はシャンパーニュを2本リクエスト (指定) して、残りの4本は「ACブルゴーニュ赤×1、国や地域を問わずの白×3」で頼んでみた。2,000円前後の気軽に飲めるヤツをリクエストしたつもりが、合計で3万円分くらいのワインが届くので、4,000円オーバーの瓶が2本ほど入っていて、そのうちの1本がコレ (カリフォルニア) で、もう1本は先日開けて流石に旨かったサン・トーバンの1級 (ブルゴーニュ) で6,980円ナリ。








サンタ・リタ・ヒルズ、華やかなアロマ


 サンタバーバラ郡サンタ・リタ・ヒルズに畑を持つリンコート。この地域は1996年まで知られることのない土地でしたが、今日多くの注目を浴びるカリフォルニアの冷涼気候なAVAの1つです。

 サステナブル農法に加え、気候、地質や地形学も考慮。ワインメーカー、ローナ・クルーツが全ての工程を監督。健康な自然環境はワインの品質に影響を与えると考えています。

 畑はランチョ・サンタ・ローザの東と西側にあり、白ブドウは97%でシャルドネ、2%でピノ・ブラン、1%でグリューナー・ヴェルトリーナーを栽培。フレンチとアメリカ産オーク樽で10ヶ月熟成、新樽比率25%。


▪︎Rancho Santa Rosa (ランチョ・サンタ・ローザ)

 460エーカー(東京ドーム約40個分)のランチョ・サンタ・ローザエステートに230エーカーの広さの畑。ランチョ・サンタ・ローザはサンタバーバラの最も有名な歴史的土地の1つ。南向きの美しい畑は海抜500~1000フィート。海洋を起源とする土壌。気候は一貫して冷涼、海からのそよ風が毎日畑に流れ込む。丹精こめて手入れされた小さな畑。事実、ランチョ・サンタ・ローザヴィンヤードは土壌のタイプ、日射時間、標高、グレード、(接ぎ木の)台木(ルーツストック)、クローンによってユニークな特徴を持つ59の小さなブロックの畑から構成されています。ランチョ・サンタ・ローザはリッチでシルキーなワインの生産で有名です。

(輸入元のHPより)



2019_8_11Lincourt0009.jpg





◤リンコート・ヴィンヤーズ AVAサンタ・リタ・ヒルズ「ランチョ・サンタ・ローザ」シャルドネ 20154,665 円

Tag Link



2019_8_11Lincourt0033.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。ゴージャス&リッチな表情だけど、もしかしたら初めてカリフォルニア産のワインで美味しいと思えそうな予感。やや甘やかな樽のニュアンスもありつつ、酸のカラーはシトラス系のイエローやオレンジ。ザックリ言えばブルゴーニュ式の佇まい。ここまでは問題ないな。いいぞ〜。

 グラスに注いで──レモンピールにリンゴの蜜。



2019_8_11Lincourt8846.jpg



 ♡☺♡「ちょっと甘いな。普通に美味しい。ちょっと雑味的なモノを舌の上で感じちゃうんだけど。んんん、熟してるからかな。」←それは「雑味」ではなく「ミネラル感」であり「樽由来の香ばしさ。

 少なくともMichael David Wineryよりは綾瀬はるかに旨い。リッチだが過剰な華やかさはヌワイ。広がる旨みと甘みとコクを酸が力強く手仕舞う流れの中に凝縮感が漲る。値段さえ見なければ上質なシャルドネとして素直に受け入れられるものの、問題は同価格帯のアタリのシャンパーニュと比較した場合の満足度の差にある。







 たとえば同じくウメムラで販売している4,752円のBrun Servenayなんかは、コート・デ・ブランのシャルドネ100%のNVしては、言ってしまえば〝たったこれだけの値段〟で全スパークリング・ワインのトップゾーンに君臨することができるが、スティルワインのシャルドネなんぞ、5,000円前後など、ワイン界の全てを視野に捉えた場合、ディズニーランドのエントランスで手荷物検査をやってる姉ちゃんが可愛いかブスかくらいの意味しか持たないだろう。

 それでもまあ、流石にこれくらいの予算を割けば、ブルゴーニュ以外のシャルドネでもそこそこ満足できるんですね。シャンパーニュ&ブルゴーニュ基準だと、どうしても酸が弱く量感がリッチなんだけど、こういうのが好きな人も多いんでしょうね。絶対に自分じゃ買わないけど、こういう機会に口に入れる分には、少なからずの意義はありました。2日目もグイグイ味が出てましたよ。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


ウメムラお任せ白 カリフォルニア

Comment

Add your comment