もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤黒澤 - 生酛 純米「Type 9」仕込15 直汲み生原酒 30BY 4本目!<長野> ── d++b「クリスタル期☆終了のお知らせ──いや、コレはハズレ瓶の可能性も」 




kurosawa_type9_30by4_1.jpg
 ▲さて、今回も日比谷で追加の「大ヒット記念舞台挨拶」あるか──※昨日8/5に決まったけど美波ちゃんは不参加&抽選で席を選べないから意味ナシゴレン。それにしても舘パイセンと菅田将暉の白黒コントラストがもはやモカフロートという (笑) 。[初日舞台挨拶][modelpress][Best Shot

 ▼念の為に言っておくと、この写真の中に我々夫婦はいないから (笑) 。
EAZwlKMVAAAJwAE.jpg



 4本目 (最後の720ml) です。

 自分の言葉──720mlは7月中には飲み切りたい──に従って開けたら、ちょっとハズレ瓶でした。「marvelous」を点灯させた3本目を開けたのが「6月27日」なので、たかだか1ヶ月で後ろ向きに変化するか、という。というのも、なんか「若い状態」でよく感じる「硬さ」や「苦み」が巻き返してるタッチで、普通であれば、むしろ「熟れ過ぎ注意」だったんだけど、そういう表情は特にないし。

 まあいいや。うちには他に旨い酒がオッパイあるし、Type-9も1800mlが1本あるし。



kurosawa_type9_30by4_2.jpg
 bottle size:720ml





【809】黒澤 -くろさわ- 生酛 純米「Type 9」仕込15 直汲み生原酒 30BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:長野県産 美山錦/65%
▪︎酵母:協会901号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開 (※たぶん例年より日本酒度とアミノ酸度は低め。)
▪︎ALC:18%
▪︎処理:直汲み生原酒 (たぶん無濾過)
▪︎酒造年度/詰め日:H30BY/2018年12月 (詰め日での記載は長野ルール)
▪︎管理状況:2019/3/20に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年7月28日 (日) / 1本目に開栓。
▪︎備考:1本目は「2019年3月14日 (木) 」に試飲して「on my list - excellent」。「2019年5月15日 (水) 」に開けた2本目は想定以上の仕上がり。「2019年6月27日 (木) 」に開けた3本目は今のところ30BY唯一の「on my list - marvelous」。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み



kurosawa_type9_30by4_3.jpg



 ♡☺♡「ちょい苦い?

 3本目の方が良かったな──そりゃそうだ、marvelousだもの。ちょっと重心が下がって旨みが滲んで (ある意味「果肉感」が増して) 透明度そのものは下がってしまったような。さよなら、クリスタル期。

 なんかいちいち普通だな。





── 2日目。

kurosawa_type9_30by4_4.jpg



直汲み」ならではの個体差 (単なるハズレ瓶) か、もしくは時間経過による変化なのか。確かに何か不快に苦いなあ。逆に新酒ライクなゴワッシュすら戻って来てるような。そして甘さのキャラクターが砂糖甘い

 もはやこれまでの3本とは別の酒と言っていい。なんかフツーの若い黒澤という感じ。まさかの「on my list - good」でフィニッシュです。今や滅多に嬉しくなる日本酒にありつけないというのに、まるで貴重な機会を事故で損失してしまったかのような気分。1本あたりの値段 (1,447円!) は安いけど、日本酒ってば、本当の大アタリを掴むまでに必要な金の合計額はむしろシャンパーニュよりも高いんだよ。あーあ。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


日本酒 生酛 山廃 黒澤 浜辺美波 on_list_good

Comment

Add your comment