もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

☆短期集中連載☆【Xmas Recommended Champagne】は【16】まで更新。(12/15/15:43)
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤黒澤 - 生酛 純米「Type 7」仕込16 直汲み生原酒 30BY 2本目!<長野> ── dಠಠb「基本的に720mlで夏は越さない方がいい、たぶん1800mlは冬までイケる」 



kurosawa_type7_30by2_5b.jpg
kurosawa_type7_30by2_1.jpg
 ▲正直『アルキメデスの大戦』の興行収入は全く読めないな。そもそもあまり番宣の効くタイプの映画でもないし──泣ける (ドラマティックに人が死ぬ) わけでも物語の山場を占める恋愛要素 (あってはならん!) があるわけでもないし、そうかと言って高齢者が好きそうな「戦争映画」でもないし、ましてや若者向けの「デートムービー」でもないし (菅田将暉ファンが大集結するわけでもないし) 、これ、ホントに20億を超えるのか!? 東宝としては20億以下で大コケ判断、内心では30億40億は目指してるとは思うが、いかんせん番宣向きの映像要素が少な過ぎる。キャストもジジイばっかだしな (笑) 。[予告][公式HP


2019_19浜辺美波アルキメデスの大戦maxresdefault

kurosawa_type7_30by2_2.jpg
 bottle size:720ml





【805】黒澤 -くろさわ- 生酛 純米「Type 7」仕込16 直汲み生原酒 30BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:長野県産 美山錦/65%
▪︎酵母:協会701号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開
▪︎ALC:18%
▪︎処理:直汲み生原酒 (たぶん無濾過)
▪︎酒造年度/詰め日:H30BY/2018年12月 (詰め日での記載は長野ルール)
▪︎管理状況:2018/12/30に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年7月18日 (木) /1本目に開栓。
▪︎備考:1本目は2019年3月14日 (木) に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kurosawa_type7_30by2_3.jpg
 ▲写真ほど果肉はデカくないけど、チープ系アイスキャンディーとしてはアリ。それにしても、なんかこの夏はあちこちで「パイナップル推し」みたいだな。どうせ大手広告代理店の陰謀だろうけど。



 立ち香──少し熟れてるけど問題ないな。意外に「Type-9」よりも焦げ感のあるドライフルーツ系な熟香もあり、例年よりもシックな表情。それでも「ブドウ感」満載侍ですね。ジャムっぽい粘度のある果肉感のヒント。ライトなヨード感。7号酵母ライクなテカリ&セメダインは控えめで、どちらかと言うと素直に生酛由来のチャーミングな乳酸フレイヴァーが出てます。

 飲んだ瞬間のインプレッションが大事──。


D8wihZXVUAAllEN.jpg いいっすね。「on my list - excellent」は余裕。ガスは「Type-9」より残ってるかな。さすがに旨いな (笑) 。もっとチャーミングに仕上がってると思ってたけど、意外に重心は低めで、且つ「Type-9」よりもリジッドな骨格がある。旨みに滲むタニックな渋酸に濃醇かつ肉感的な果実味が宿るので、透明感はそれほどでも。

D-KO3cKUEAE9Z_O.jpg アタックからややザラついたテクスチャーを感じるものの、旨みの球体はキチンとジューシイなプロポーションで、酸はそれを「面」に広げ押し潰すというよりは、素直に「球」をプチュンと弾け潰すイメージ (それこそハイチュウを噛んだ時のような食感) 。

 退けにかけては黒澤チョークなミネラル感、やや7号酵母ライクな揮発性のある辛みを伴うアル感もあるにはあるが、全体としては濃醇にフルーティーで、珍しく余韻は長め。それでいて重さやクドさは皆無。ま、720mlだし、特に際立って軽かったり透明だったりはヌワイですが、そこは1800mlに期待ということで、まだまだ本番はこれから。



kurosawa_type7_30by2_4.jpg



 まあ、このへんを飲んじゃったら「風の森」なんかガキ臭くて「もういいや」という感じにはなると思います。好みは人それぞれだけど、一応これでもオレは両方を飲んでるので。


D9VxfPmUYAAbPHt.jpg 個人的に30BYの黒澤組は「Type-9」だと思ってるし今もそれは変わらないけど、この「Type-7」もニャカニャカ。720mlに関しては、もういつでも飲めますね。「割りと早急に熟す式」を持ってる酒なので、ケチって引っ張ると後悔します。是非、正しい状態で飲んで下さい。おそらく1800mlの方が「あらばしり成分」が多めなんだろうな──つまり、720mlより先に〝汲む〟と。

 1本目の記事の中で (2日目の) Type-7は少しヨード感 (海藻系の旨み=ボンタン飴) が強めに出ていて、今後、少しモタっとしたテクスチャーに変化する可能性もあるので、ちょっと飲み頃を探るのが難しそう──と書いていたけど、実際にそういう感じ、あります。今の段階ではまだ「旨口プロレス」になってはいないものの、どのみち720mlで夏を越すのはやめた方が無難。ただし、1800mlなら夏は越せるし、たぶん1年は持てます





── 2日目。

kurosawa_type7_30by2_5.jpg
 ▲「京都きもの友禅」の新CMキャラクターに決定。なんかゴテゴテした下品なデザインばっかなんだけど──ヤンキーの成人式というか──、そもそもこういうのがウリのブランドなの? どれもあんま似合ってないしメイクも変。しかも唯一のマシなショットがCMに使われないとか、スタッフ無能過ぎ。まだ18なんだから、田舎の演歌歌手みたいな着物は似合わない。[浜辺美波 特設ページ

 ▼こちらもスッカリ売れっ子のようで。冬には二人が再共演した映画『屍人荘の殺人』も公開される。ボチボチ「特報」かな。あと、中村倫也はもう少し仕事を選んだ方がいい。なんか一昔前の韓流スターみたいなキャーキャー感。
kurosawa_type7_30by2_6.jpg



 これに「excellent」を点灯させないと〝神酒待ち〟になっちゃうので。まあ、濃いっちゃ濃いけど、重くはないっていうね。1800mlには求めるべき透明感はあるのだろうか。今季は1本しか買えなかったので、いつ開けるかにこれまでの経験と勘が試される。

 あと、右の酒はコレと比べちゃうと少しだけ分が悪いけど、伸びしろはあるんでね。まあ、敢えてボキャ貧を装うと「どっちも美味しいです!」ということです。

 どっかの誰かが「 (Type-9は) 飲み易いのですが何かもの足りず」とか言ってたけど、そんなことはヌワイ。明らかに「Type-9」の方が上。でもほら、オレだって「人気イタリアン」の「ウニのクリームパスタ」より「富士そば」の「ちくわ天そば」の方が旨いと感じることはあるわけだから、つまり「好き嫌い」と「どっちが上か下か」の話は同じ地平で語られる言葉ではないということ





── 4日目。

kurosawa_type-s30by2_3.jpg



 dಠಠb「残り1合もないけど、徐々にオレ好みの透明感を手に入れつつある。今日が一番イイな。軽さがType-S (山恵錦65)とは別次元。」
 ♡☺♡「ワールドクラス。」





── 5日目。

kurosawa_type7_30by2_7.jpg
 ▲NHKまでヤルか!? そして我々はCELL REGZAのマルチ画面がないと生きてイケない。壊れたらどうしよう。現行機種でこの機能があるテレビは存在しない。

kurosawa_type7_30by2_8.jpg



 異次元の軽さ。実はこれ、5日目で残1合ないけど、今が一番旨いかも。だいぶ旨みの粘り気が馴らされて、オレ好みの方向でイイ感じにペターンとしてますね。



kurosawa_type7_30by2_9.jpg
 ▲吉本のせいで北村くんと美波ちゃんのニュースはお蔵入り (=実際には放送されず) 。



 最後はワイングラスで──。

 旨いなあ──以上 (笑) 。グイ呑みより少し硬さを感じるものの、まあ、ラストの一杯なのでオリの暴走もあるわけで。

 個人的には大いに1800mlへの期待がタカマール。「marvelous」間近。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


日本酒 黒澤 生酛 山廃 浜辺美波 on_list_excellent

Comment

Add your comment