もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Adegas Valminor (アデガス・バルミニョール) DO Rias Baixas「Albarino」2017 




2019_7_17Valminor9261.jpg
 ▲北村くんは発声スタイルを〝アニメ式〟にしてて絵と巧く馴染んでるけど──松坂桃李は、まあこんなもんか──、DE、これ、もしかして美波ちゃんが足を引っ張るパターン (笑) ? 実は七色の声音を持つ彼女なので、逆に「これ誰???」くらい違う声にすれば良かったのに、意外に〝まんま〟なのな。つまらん。[映画『HELLO WORLD』予告][公式HP

2019_7_17Valminor浜辺美波hello_world1




 毎度アクセスありがとうございます。


 スペインはリアス・バイシャスの白です。スペイン国内ではルエダの白が圧倒的に人気みたいですが、逆に日本ではリアス・バイシャス (アルバリーニョ品種の白) の方が人気で、かつて諏訪のワイン王も薦めてくれてました。

 このエリアの品種は約90%が「Albarino (アルバリーニョ) 」なので、リアス・バイシャスと言ったらアルバリーニョ、アルバリーニョと言ったらリアス・バイシャスというわけです。日本酒ラヴァーがタマの浮気で飲む白としてはオススメできるとは思います──特に「東洋美人」あたりが好きな人には。もちろん (日本酒的な意味では) 甘くないけど。





常に先駆者であること”を目指す品質志向のワイナリー

 アルバリーニョ種のワインで知名度の高いリアス・バイシャスは、もともと優れたワイン産地です。ですが、地産池消のガリシア地方では従来のワイン造りの枠を超えたクオリティを目指す造り手はまだ少数派です。

 アデガス・バルミニョールはこうした風土の中、1997年に「伝統とテクノロジーの融合」を掲げて設立された、進取の気質に満ち溢れたワイナリーです。当初から最新設備の導入にも非常に熱心で、それはスペイン全土で見ても進取の試みで、こうした品質重視の姿勢から、常に高い評価を集めるリアス・バイシャス屈指の造り手として認められています。

 総面積34ヘクタールの畑はこの地方では大規模になりますが、243名にのぼる契約栽培者と作るブドウは全て手摘みで収穫し驚くほど丹念なワイン造りがされています。同時に品種を守る意識も強く消え行く希少な地ブドウにも熱心。テロワールへの情熱と自信に溢れたワイナリーです。

(輸入元のHPより)



2019_7_17Valminor9270.jpg





◤アデガス・バルミニョール DOリアス・バイシャス「アルバリーニョ」20172,246 円

Tag Link



2019_7_17Valminor9283.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。いいっすね。「Yes, アルバリーニョ!」という感じ。アロマに関しては歴代アルバリーニョの中でもベストな表情。トロピカル過多にならず、一廉のエレガンスがある。白桃の皮やソルダムのような甘渋酸がミネラルと結合。これに比べれば「日本酒のフルーティーは〝だだのティー〟」!

 グラスに注いで──フルーティネスとフローラルネスの絶妙なバランス感がコイサー。色は薄め。



2019_7_17Valminor9285.jpg



 これでマズいってこと、あるの???──。

 確かにアルバリーニョの割りにはフローラル石鹸ではあるけれど、透明感のあるエレガントなフルーティネスと、しなやかな塩気を伴うミネラル感、これらの的確なコンビネーチャンを同価格帯のブルゴーニュやボルドーに求めるのは難しいかな。とはイエイ、残念ながらオレの知る〝最上のアルバリーニョ〟ではありません。ま、普通には旨いけど。ワインを舌先に滞在させると微かにチリっとしたガス感。



2019_7_17Valminor9295.jpg



 もう少し力強い果実感が欲しい気もするけれど、これはこういうスタイルなんだろうな。そのぶん、この価格帯のスペインワインらしからぬフィネスは感じる。エレガントにスリムジューシイ。





── 2日目。

2019_7_17Valminor9305.jpg
 ▲Befco『ばかうけ 海王類の骨付き肉風味』は、一言で表すと「塩を入れ過ぎたデミグラス・ハンバーグ」という風味。煎餅としては悪くない。流石はパウダー王。



 ややフローラルだけど、普通に旨いな。なんかロワールのソーヴィニヨンみたいなピーチ感もありつつ、酸とミネラルの味筋は強靱かつタイト。今日はフルーティネスの出方も肉感的でジューシイ。

 いいんじゃないでシャウか


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


スペイン白 リアス・バイシャス 浜辺美波

Comment

Add your comment