もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Claude Dugat (クロード・デュガ) AOC Bourgogne Rouge 2013 




2018_Claude_Dugat9098.jpg
 ▲むしろ、どうしてその顔を隠さない (笑) !?







 毎度アクセスありがとうございます。


 Claude Dugat (クロード・デュガ) ──パーカー100点蔵 (グリオット・シャンベルタン1993、1996) のジュヴレ・シャンベルタンのトップ生産者だったんですね (笑) 。実はクロード・デュガが2002年に立ち上げたネゴシアン部門「La Gibryotte (ラ・ジブリオット) 」の同梱で買っただけなんだけど、開ける順番を間違えたか (笑) ???





 ジュヴレ・シャンベルタンとモレ・サン・ドニの間にある、ジュヌヴリエールという区画から生まれるブルゴーニュ・ルージュ。しかし、このワインを飲んで単なるブルゴーニュと思う人がいるだろうか。豊かな果実味、何層にもレイヤーを重ねる複雑さ、さらに深みのある余韻。ジェネリックなブルゴーニュの枠を完全に抜け出し、村名ジュヴレ並みの風格がある。

(輸入元のHPより)





 photo: ワインのAnyway-Grapes



 グラン・クリュは「シャペル・シャンベルタン」「シャルム・シャンベルタン」「グリオット・シャンベルタン」の3つを所有、3つ合わせても0.72haしかなく、年間6,000本のロマネ・コンティですら1.8haなので、それで高いわけだけど、どのみちグラン・クリュなんか飲めないし買えませんよ。

 そしてコレ、以前にも少し触れた近所のワインバーにボトル (7,800円=超良心的) でオンリストされてて、近いうちに再訪する予定なので、それの毒味という目的もあったんだよね。結果、この店の似たような値段のワインならシャンパーニュ (ブルーノ・パイヤール) の方が綾瀬はるかに旨いという結論に落ち着きました。



2018_Claude_Dugat9115.jpg





◤クロード・デュガ AOCブルゴーニュ ルージュ 20135,779 円

Tag Link



2018_Claude_Dugat9172.jpg
 ▲汚顔返上![modelpress



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。周辺に付着したコルクの匂いしか確認できないので意味ナシゴレン。今は完全に森の下草や腐葉土。moukan1973♀にも嗅がせたら、♡☺♡「オエっ、ヤバイ香りじゃん」と言ってたけど、まあ別にこういうことはよくある。

 とはイエイ、ブショネだったら後で面倒なので、ちょっとだけホストテイスティング。うわ、酸っぺえ (笑) 。味は特に問題なさそう。相変わらず瓶口からは土の香りだけ。

 グラスに注いで──あれから3時間くらい経過。今度は森の伐採が始まった。目の前に広がる景色は果樹園へと移行。グイグイとベリー博覧会&旨みの多重構造&クリアかつ直線的な酸ビーム。



2018_Claude_Dugat9190.jpg



 ♡☺♡「あ、旨い。香りの割りに味が爽やかでビックリした (笑) 。うわっ、結構酸っぱいよ。これクイクイ飲んじゃいヤツだ。旨いは旨いけど、でもちょっと高いかな。」

 直線的な酸がスパっと果実の球体を縦割りするタイプの、非常に透明感のあるピノ・ノワール。ともすれば「薄く感じる」バランスながら、凝縮感のある果実味がそれを阻止する。余韻には濃醇なベリーの、小粒な球体。

 ただ、値段がなあ (笑) 。まあ、これで2,000円台なら箱買いだけど、世の中そんなに甘くはヌワイ。それでも、この凝縮感&エレガンス──にどこまで金を出せるか──だわな。そしてグラスからは〝森の逆襲〟が始まった (笑) 。



2018_Claude_Dugat9194.jpg
 ▲「かぼす味」はイマイチ。大抵の場合、ポテトスナック系で「レモン系の味」に仕上げると「芋のデンプン質」と合わさって「安物のマドレーヌ」みたいな味になる。



 ♡☺♡「このワイン、旨いな。あのねえ・・・重くないのがいい。ずっと飲み続けられる。」
 dಠಠb「ついこの間だまで『薄い』とか言ってたくせに。」

 ♡☺♡「いやー、十分濃いでしょ。凝縮感がスゴイ。人は変われるんだよ。」
 dಠಠb「By ロッキー4『炎の友情』より。」


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


Claude_Dugat ブルゴーニュ赤 ジュヴレ・シャンベルタン 浜辺美波

Comment

Add your comment