もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日本酒を飲んで心底「面白い」と思ったのは久しぶりかも。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

【追記:2本目】◤菊鷹 - 純米 8号酵母「菊一文字」無濾過生酒 30BY 1&2本目! <愛知> ── dಠಠb「30BY2本目のon my list - excellentの実力は飲んで確かめるべし」#Fresh/Furuity/Clear/Women 



 ※2019年9月29日 (日) に2本目を開けたので、こちらに追記します。2本目

kikutaka8_30by1.jpg



 毎度アクセスご苦労様です。


 29BYで少しだけ「おっ?」と思わせる何かを内在していた菊鷹の8号酵母です。先に結論を言いましょう。これ、720mlがあれば大ヒット間違いナシゴレンですね。今季は「低アル設計」になっていて、これが大成功ランドの管制室という感じでコイサー (最高) です。

 温度が少しでもアガると我々には少し甘いけど、いやー、久々にこの手のキャッチーなモダン日本酒で飲んだ瞬間に「旨いじゃねえかコノヤロウ!」と思いました。こういう酒をオレに差し出せば手柄になるのに、まあ、やめとくのが (返り討ちに遭って傷つくだけなので) 無難です (笑) 。



kikutaka8_30by2.jpg
 bottle size:1800ml





【797】菊鷹 -きくたか- 純米 8号酵母「菊一文字」無濾過生酒 30BY <愛知>

藤市酒造 (by 日本酒専門店 Sake芯) :http://sake-sin.blog.so-net.ne.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:富山県産 山田錦 (麹) 、兵庫県産 夢錦 (掛) /70%
▪︎酵母:協会8号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+5/2.8/2.0 (※体感上は+2/2.4/1.2)
▪︎ALC:14.8%
▪︎処理:無濾過生酒 (どうやら原酒)
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2019年3月
▪︎管理状況:2019/6/29に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年7月3日 (水) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kikutaka8_30by3.jpg



 立ち香──なんかスベスベしてるぞ。アミノ酸どこー (笑) ? 予想外に清楚じゃないか。液面を動かすと酸っぱいヤツが顔を出して来た。ここまではイメージ通りだな。いや待て、今、ほんのり「パイナップル」を感じたぞ!?

 ヨサーゲ司祭──あ、グングン伸びて来た、パイナッポー。

 飲んでもパイナッポー (笑) 。余韻には熟れ茶けたブドウジャムのようなテクスチャーもあり、高めのアミノ酸は凝固剤 (ペクチン) 代わりとして機能。全く問題ないぞ。ガスマニアは「ガス無し」と思っておくべき。そして、口どけウルトラ抜群

 低アルらしいストラクチャーもあるけど、旨みに適度な粘性があり、すんげえジューシイ。これは久々に来たかもしんね。いつもの退けにかけてのドスン (苦みの跳ね返り) がない。あああコレ、4合瓶があったら大ヒット間違いナシゴレンでしょうね。



kikutaka8_30by4.jpg
 ▲「今年ブレイク間違いなし」と業界内外で話題の森七菜 (もりなな) ちゃん。うーん。うちら世代には「広末涼子の似顔絵」という感じなんだけど。。



 いやこれ、マジで「新生・菊鷹」だと思うわ。オレは圧倒的にこの軽い「菊鷹」を支持するな。オレの味覚やセンスを一定以上信じてる飲み手なら、これ買わなきゃウソだろ。他に買うべき酒なんかそうそうヌワイからな。あああ、なんかー、味も香りも違うけど、まるで「米鶴 山廃純大 28BY」を口に入れた時のような透明感があるなー。

 慣れて来ると、酸を中心に徐々に曲者な表情も出てくるけど──セメダインに関する闊達な議論が噴出 (笑) ──、敢えて粗探しをするとすれば、やや骨格はユルいです。ま、このへんは「低アル属性の代表的症状」なので、生酒の場合、多少のフニャフニャは仕方ない。だったらむしろコレの火入れを飲んでみたいけどな。

 それでも、低アルの良さである「コシ」や「旨み」よりも「エキス感」における煌めき重視な点こそ、この酒にとっては最大のアドバンテージ。アンチ低アルなドスコイ人種のことはシカトして、リズミカル&ダンサブルに日本酒をクイクイ飲みたい人は──この指とーまれっ!



kikutaka8_30by5.jpg



 ワイングラス (一応) ──。

 ちょっとお行儀良く無個性な酒になっちゃうのと、味が開くことで、一気に密度が下がり、完全に「低アルやん」という味わいになるので、小さな領域を小さな容器で飲むことをオススメします。

 なんか飲むたびに液性が撓んで来るような気がするので、今日はこのへんで。2日目に集中力が増すようなら「on my list - excellent」を点灯させます。





 1973チャレンジ!!!
kikutaka8_30by6.jpg
 ▲『ザ!世界仰天ニュース』にゲスト出演。いよいよ『アルキメデスの大戦』の番宣ラッシュか。こんな時だからこそアメトークで「浜辺美波芸人」やれよなあ。



 ♡☺♡「ナニこの消える感じ。超クリア。これ飲んじゃうやつだ〜。やるじゃん、お菊さん。これいくら?
 dಠಠb「税抜きだと2,900円。」

 ♡☺♡「マジかよ、安ぅ〜。」
 dಠಠb「安いのはいいんだけど、他のクソ酒と似たような値段だから、日本酒は価格帯で候補を選べないという大問題がある。こういう旨い酒をどうやって探し出せばいいか、これは難しいようで難しい





── 2日目。

kikutaka8_30by7.jpg



 立ち香──やっぱパイナップルあるよな。でも動かすと「黒澤 Type-9」っぽいブドウ感も顔を出して来る。

 昨日より果肉感は増したけど、まあ、口どけコイサー村のコイサー村長の長女の婿養子です。「on my list - excellent」を点灯させるので、興味のある人は買って飲んで確かめて下さいな。ある意味これはこれで完成してるので、自前で追熟させても、ここから先〝marvelousな未来〟が待っているとは思わないけど、すでに〝酔える清涼飲料水〟としては完成しており、この手の酒に対するオレなりの褒め言葉を書いておくと──「自動販売機やコンビニで買えたら尚コイサーな酒」──という感じですね。

 昨日も書いたけど、この酒を飲んでると「米鶴 山廃純大 28BY」を想ひ出すんだよね。味も香りも違うけど、色が同じみたいな (笑) 。それにしても旨いな。別に「marvelous」でもいいんだけど、酒としての〝凄み〟や〝壮麗さ〟はないので、まあ、29BYで言うと「篠峯 田圃ラベル 伊勢錦50 Blanc」みたいな位置づけの酒かな。究極の上質カジュアルというか。



kikutaka8_30by8.jpg
 ▲「天の川 (渦巻き銀河の腕) 」を「宇宙の川」だと思っていた御様子。



 いやー、ここまで文句も出ずにスイスイ飲める酒、御三家以外では久々だな。29BYの「旭興 雄町50」より上だな。とにかく軽くていいわ。クリスタル派の皆様はマストバイですね。ま、別に買う買わないはアンタの自由だけど。

 旨みのボディ感にジャムっぽさがあるので、熟成させるとココが育つ可能性アリ。今は高めのアミノ酸度はまるで感じないけど、熟成させると、それなりには熟れ茶けるかもね。





── 3日目。

kikutaka8_30by9.jpg



 まるで問題ないね。奇跡の口どけ牛 (モウ) 、これだけで評価激高の百合。このね、なんつうか、小さな領域でチュンっと甘酸っぱい感じがチャーミングかつジューシイなのよ。もう、これ飲んで「不味い」とか言うなら、他の趣味を探した方がいいでしょうね。

 低アルの新たな地平──そこまでオレは言うよ。フランスやイギリスのワイン評論家に飲ませたいねえ。香りや味よりも、おそらく彼らが最初に驚くのは値段だろうけど (笑) 。





── 4日目の昼。

kikutaka8_30by10.jpg



 ♡☺♡「これ旨いわ〜。アタシの中では篠ちゃんのBlanc系。」
 dಠಠb「あっちは赤い果実のイメージだけどな。こっちはパイナップルだよ。」

 たとえば「たかちよ黒」とか、とかくパイナップル系の日本酒はシロップみたいに甘くなりがちだけど──そこを評価するのは人の勝手だけど──、これはちゃんと〝甘酸っぱい輪郭の中でパイナップル〟という。残り2合ちょいだけど、最後まで大きくヘタらずに飲み切れるのも「菊鷹」の強み。

 旨いと評判の「Hummingbird 30BY」がコレを超えてくるイメージは頭に描きづらいけど、もしかすると今季は菊鷹フィーバーかもしれないので買ってみます



↑↑↑ 1本目 ↑↑↑


 2本目!!!
kikutaka8_30by2_2.jpg


 2019年9月29日 (日) に2本目を開栓──同じ店で買った同じ出荷年月の瓶です。


 立ち香──ちょっと旨みにコシが出てる (カニッキー=果肉フルな) ような気もするけど、基本的には前回同様にパイナップル。

 どうでしょうか──。

 ♡☺♡「あ、旨いっ! この味、思い出した。酸っぱい。キリっとしてていいわ。」

 これはまるで問題ないわ。ガスは〝ほぼ〟消失。とにかく旨い日本酒が飲みたい人は買うといいでしょう。「旨い」と分かってる酒の2本目なので、ここでは基本的にコンディションについてしか問題にしません──つまり、想定外の「過熟」があるのかないのか。



kikutaka8_30by2_1.jpg



 ちょっと〝透明感〟からは離れる〝渋みに寄る熟れ感〟が出てきたけど、むしろブラン・ド・ノワールみたいな骨格が育って、これはこれでいいわ。ただもう、以前のような〝低アル感〟はだいぶ後退してるけど。

 旨みを横に伸ばす力学で〝甘み〟が〝つややか〟に広がるけれど、ダラしなく泳ぐことはなく、あくまでもタニックな赤いイメージの渋みが適度な収斂性を携えて〝それら〟を引き受ける流れ。

 ♡☺♡「これは好きな日本酒です。やっぱ酸っぱいのがいいね。」

 もはや「飲まない」という選択肢は有り得ないが、そうしないで済む日本酒ライフというのも、それはそれで崇高に過ぎるとは言えるだろう。他人のシアワセを邪魔してほくそ笑むほどオレは暇じゃないが、とりあえず、この酒を飲まずにオレに何かの酒を薦めることだけは頼むから止めてくれ





── 2本目の2日目。

kikutaka8_30by2_3.jpg
 ▲10月4日 (金) 発売の『日経エンタテインメント 2019.11』に表紙初登場。約ネバ騒動も徐々に沈静化して来たみたいだけど、未だに「実写化には反対です!」「原作の世界観を壊さないで!」とか言ってるマヌケがチラホラいる。別に消費税じゃねえーんだから──直接自分に火の粉が降りかかるわけではない──、単にイヤなら観なけりゃいいだけの話。オレだって『あしたのジョー』が実写化された時に映画館で観なかったし、あのトンデモ実写版 (ガキ連がモブ扱い、葉子が香里奈、マンモス西の〝鼻からうどん〟が単なる記号) によって原作マンガや出崎アニメが汚されたとか全く思わねえもの。むしろ逆だろ。クソ実写版があればこそ、ますますアニメ版 (『あしたのジョー2』) は神格化されるんだよ。今のコってナイーヴなのね。あとウケるのが「 (外国の) 子役に演じてほしい!」という意見。あのぉ〜、アニメ版の声優、みんなヲトナなんですけど。ま、ダーク・ファンタジー系の少年マンガのアニメ版で『火垂るの墓』や『うさぎドロップ』みたいにリアル子供を声優に使うと、かなり異質な仕上がりになるけどな (笑) 。[ライムスター宇多丸のシネマハスラー『あしたのジョー』篇


 
 ▲「代表作がこれと言ってないくせに」←正気か。10代で複数の代表的アイコン (ファンが役名で語ることのできるキャラクター) を持ってる女優って他にいるのか?[浜辺美波『約束のネバーランド』主演が袋叩き エゴサ発動で「精神崩壊」寸前!?


kikutaka8_30by2_4.jpg
 ▲Befco『ばかうけ ペヤングソースやきそば風味』は完全に『キャベツ太郎』だわ (笑) 。「中濃 (とんかつソース) 」寄りではなく、あくまでも「ドライなウスター」寄りな甘辛フレイヴァーというアプローチを取ったことを評価したい。パウダー至上主義の「ばけうけ」の面目躍如。



 立ち香──ますますカニッキー (果肉フル) 。煮詰めた茶色めなパイナップル・ジャムという感じ。熟れたブドウもある。

 やはり、問題なく旨いな。この段階ともなると、最近飲んだ中では「篠峯 田圃ラベル 亀ノ尾 Vert」なんかと同じ組の甘酸っぱ系フルーティー酒ではあるものの、当然にして「on my list - excellent酒」としての完成度はコチラの圧勝。



kikutaka8_30by2_5.jpg



 1本目とどっちが好きかで言うと、これが意外に難しくて、酒としての纏まりがあるのは2本目ではあるかな。若い1本目にはクリアなエキス感がキラン☆と輝くものの、逆に苦み&渋みは強めに感じやすい。それに比べると2本目の苦み&渋みは旨みのボディに対する凝固剤のようなニュアンスになるので、ジャムというかチャツネというか、イイ塩梅のアクセントになってます。

 初日は「1本目みたいな低アル感がないな~」とか思ってたけど──つまり「濃い」──、実はそんなこともヌワイ。だってこれ、2日でなくなりそうだもの (笑) 。この酒を買わずして満足の行く「日本酒ライフ」を送れる人たちが心底うらやましい。オレが付けた「30BYのon my list - excellent」の中で、唯一、今でも普通に売ってる酒。これは凄いことだ。それだけ世の日本酒マニアさん (笑) たちは他に飲む酒があるわけだろ。天才だな──「肯定」の。



kikutaka8_30by2_6.jpg



 まあ、しかし、ですよ──、そんな銘酒「菊鷹 8号酵母」も、この酒 (黒澤 生酛純大 金紋錦 28BY) の前では、可愛いもんです。やはり、続けて飲むと、コチラには優美な麗しの熟味が静かに佇んでいて、ツーランク上の高級感を撒き散らす。開栓から1週間以上も経っているけれど、ますます旨いな。もう1本720mlをストックしてるとは、流石だな、オレ (笑) 。凡酒を100本飲んでも道すがら100人のブスとスレ違うことと何ら意味は変わらん。


moukan1972♂



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


菊鷹 on_list_excellent 浜辺美波

Comment

Add your comment