もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日曜に高いワイングラスを1つ割ってしまったので、前から欲しかった「REIDEL - Sommeliersシリーズ (シャルドネ) 」の創業260周年記念バリューパック (2脚で1脚分の値段=特製ケース無し) を買った。ついでに〝脚無し〟の「Oシリーズ (ピノ・ノワール) 」を買ってみたら、金魚は無理でもメダカなら何とか飼えるデカさだった。実は「Sommeliers」より「Superleggero」の方がリム (口) も薄くステム (脚) も細くて長いんだけど、安定感 (重さは似たようなもん) は「Sommeliers」の方がある。「Superleggero」はスタイリッシュでカッコイイし飲み口もスムースだけど、扱いが・・・。ハンドメイドが怖い人は「Veritasシリーズ」が4,950円なので割っても涙はギリこぼれない。日本酒用に「リースリング」か「シャルドネ」が1つあると便利──な時もある。ただ、ハンドメイドとマシンメイドとでは、重さがじぇんじぇん違うのと、体感上の精米歩合も変わります。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤本日の1曲♪【FUSION】Logic System - Be Yourself (1981) #松武秀樹/YMO 

genre tag:FUSION, DOMESTIC
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎昨日のLogicが耽美にDeepだったので、今朝は爽やかなLogic Systemでアンサー。実は以前に紹介済みだけど、あの頃はアクセスが2〜30しかなかったので、見た目を整えて「記事の再発」です (笑) 。Logic Systemは、かつて「4人目のYMO」と呼ばれた松武秀樹氏によるソロ・ユニット。いわゆる〝和モノ〟のカテゴリに入る曲だとは思うけど、ビックリするくらい〝音楽的な訛り〟がないです──ドラムのエンジニアリングの抜け感が爽やか過ぎる点 (特にスネア) を除けば (笑) 。全体としてはBeatの下部構造もパーフェクトにGrooveしてるし、余計なオカズがないところが上質さの証明。ちなみに12inchはUK盤ONLY。ヤマタツで踊りたくはないが、これでなら踊りたい。











 ▶︎ナイスですね!
 

 ▶︎後ろで「通称:箪笥」と呼ばれる馬鹿デカいシンセを操ってるのが松武秀樹。
 

 ▶︎松武秀樹 (Wikipedia)
music_logic_system1.jpg


FUSION DOMESTIC

Comment

Add your comment