もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 おっと、楽天の某酒屋が一部スポット的に「篠峯」の扱いを始めてた。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Domaine Alain Chavy / アラン・シャヴィ AOC Saint-Aubin 1er Cru「En Remilly」2013 




2019_6_28Alain_Chavy9242.jpg
 ▲今回はいつも以上に木村佳乃が大活躍。美波ちゃんの音としてのセリフはナシゴレン。つうか、同シリーズの中で過去最低につまらん。しかしまあ、有村架純との姉妹役とは異なり、こちらは完璧な美人親子。キレイに釣り合ってる。[15秒CM][Making

 ▼ウメムラの「6本2万セット」で、左の2本はリクエスト、あとはお任せ。合計で30,253円分。
2019_6_7ウメムラお任せ6本


 ▲今なら「2019年 決算福袋(か) 紅白8本+1本 2万」の方がいいかも。




 毎度アクセスありがとうございます。


 ウメムラの「お任せ6本2万」のうちの1本。今回はシャンパーニュを2本リクエスト (指定) して、残りの4本は「ACブルゴーニュ赤×1、国や地域を問わずの白×3」で頼んでみた。2,000円前後の気軽に飲めるヤツをリクエストしたつもりが、合計で3万円分くらいのワインが届くので、1本高いのが入ってて、それがこれです。ブルゴーニュはサン・トーバンの1級で6,980円ナリ。







 アラン・シャヴィの本拠地はシャルドネの聖地「ピュリニー・モンラッシェ」みたいね。2002年に兄弟 (ジャン・ルイ) と畑を分割相続して2003年に自身のドメーヌを設立したんだって。発酵はステンレスタンク、樽は熟成時のみに使用。[参考




 photo: ワインのAnyway-Grapes



 Saint-Aubin / サン・トーバン はピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、ムルソーなどの高級アペラシオンに囲まれた優れた地質的ポンテシャルを持ちながらもマイナーということで、最近では方々のインポーターがお値打ちのドメーヌを発掘しては積極的に入れてますね。特に今回の「En Remilly」(画像の中央下) は両モンラッシェに抱きかかえられたかのような立地にある区画。


浜辺美波 そして当然、同じドメーヌの「ピュリニー・モンラッシェ1級 “Les Clavoillons”」はウメムラで12,960円ナリ。更には、他の生産者としては唯一この区画に畑を持つ天下無双のLeflaive / ルフレーヴの「Les Clavoillons」は25,220円です。ま、芸能人やスポーツ選手のCMのギャラと同じですね。同じ区画のワインでも人気者になれば値段も跳ね上がります。ちなみに美波ちゃんのCMのギャラは1本1,500万と、まだまだコスパいいです。もう卒業したけど、現役高校生が学校に通いながら1本1,500万の仕事をこなすとか、やはり芸能界は異常な世界。moukan1973♀の口癖──♡☺♡「顔ってナニ!?」[参考記事



2019_6_28Alain_Chav9257.jpg





◤Domaine Alain Chavy / アラン・シャヴィ AOCサン・トーバン / Saint-Aubin 1er Cru「En Remilly / アン・レミリィ」20136,980 円

Tag Link



2019_6_28Alain_Chav9267.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。さすがに旨そうだな (笑) 。甘やかスパイシーな樽香は甘香ばしいシャンパーニュ的なメイラード感。そしてグイグイ来ます、果肉感が。

 グラスに注いで──色はグリーンがかったイエロー。それなりに透明感はありそう。いやー、エレガンちゅ。青い梅ジャムのようなズリっとした肉感的な酸。ほんのりウィスキーのような甘苦い熟れ感も。



2019_6_28Alain_Chav9289.jpg



 平日だけど高級ワインをイタダキまーす!──最近いろいろバタバタしてるので癒しを求めて。

 さすがに旨いな、やるじゃねえか、ウメムラ社長あああ、シアワセ ♡。牛 (もう) 、オレ好みのパキっと感、満載ね。ちょっと味曲線の時空が歪む不思議な構造性。なんだろうなあ。やっぱ3,000円クラスのワインとは時間表現に関する色彩性が桁違いだよね。味や香りよりも、含んでから余韻が消えるまでの時間を楽しむみたいな。

 透明で儚い果実の球体を──肉眼では見えない何かをそれを通して可視化するかのように──ミネラルの太い筆が描く力強い陰影によってその実体を浮き上がらせるという光の力学。いやー、飲んだ瞬間に「旨い!」のではなく、時間推移の中で旨さの実存が浮き上がるイメージ。



2019_6_28Alain_Chav9295.jpg



 徐々にローストされた香ばしい余韻が膨らみつつも、酸はシャンパーニュ並みの握力で、五味の全てを握り潰すかのようにジューシネスを導く。いやー、高いけど旨いっ!

 帰宅したmoukan1973♀にも飲ませる──。

 ♡☺♡「うわ、何この透明感。一切の雑味がない。さすがに旨いな。」
 dಠಠb「アンタは覚えてないだろうけど、サン・トーバンの白はコレで3本目。どれもミネラルの粉塵が凄まじかった記憶。」





── 2日目。

2019_6_28Alain_Chav9417.jpg



 もう残りはグラスに1杯ずつだけど、今日はミネラルの塩気が凄まじい。果実味うんぬんより骨格で飲ませるタイプのブルゴーニュですね。筋肉質で強靭な──それでいてモダンなエレガンスもある。今現在「2015」と「2016」がウメムラで買えるので、次回のセット買いの際にリクエストしてもいいな。どっちもそこそこアタリのヴィンテージだったと思うから、何なら垂直買いしてもいいか。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


Alain_Chavy サン・トーバン ブルゴーニュ白 ウメムラお任せ白 浜辺美波

Comment

Add your comment