もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今季の「山鷹 (山廃の菊鷹) 」は軽く仕上がってるヤツが多そうな予感。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【JAZZ FUNK】Stanton Davis' Ghetto/Mysticism - Album『Brighter Days』(1977)  

genre tag:SOUL/FUNK, RARE GROOVE, CLUB JAZZ
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎4日前に引きつづき、世界的コレクターPeanut Butter WolfEgonが率いるSoul Calの『Soul Cal: Disco & Modern Soul 1971-1982』コンピから。トランペッターとして数々のセッションに参加したStanton Davisが1977年に産み落とした怪作中の怪作。正直、アルバムをトータルで評価するほどじゃないけど、まあ、幾つかの曲はブっ飛んでるし、何より──リマスタリングのおかげかもしれないけれど──、1977年産の割りにエンジニアリングの質感が異常にキメ細かく透明。ま、どちらかと言うと、SOUL/FUNK/DISCOではなく、純粋なFUSION式のエンジニアリングなんだろうけど。「Things Cannot Stop Forever」なんか'90年代中期のUK産「Disco Dub」や「Nu-House」を完全に先取りしてるよ。全曲リストはコチラから。未発表音源やリミックスを収録した『Isis Voyage (2014) 』も併せてどうぞ。『Isis Voyage』のリストはコチラ











 ▶︎Things Cannot Stop Forever (Poon Tang Tally-Wacky)
 

 ▶︎Things Cannot Stop Forever (Alternative Instrumental Mix/2014)
 

 ▶︎Things Cannot Stop Forever (Egon & Kelldada's Instr. Remix/2008)
 

 ▶︎Funky Fried Tofu
 

 ▶︎Funky Fried Tofu (Alternative Instrumental Mix/2014)
 

 ▶︎High Jazz
 

 ▶︎High Jazz Reprise
 

 ▶︎High Jazz Reprise (Alternative Instrumental Mix/2014)
 

 ▶︎Stanton Davis
music_Stanton_Davis1.jpg


FUSION CLUB_JAZZ FUNK

Comment

Add your comment