もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 昨日1日、うちのパソコン (Safari) から「Discogs」にアクセスできなくなって「死ぬ」かと思ったけど、起きたら復活してました。冗談抜きで「Discogs」は完全に電脳状態 (外付け音楽脳) です。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤本日の1曲♪【GOSPEL CONTEMPORARY】Carla Brown - Love's Calling (1992)  

genre tag:R&B/MODERN SOUL
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎昨日に引き続き、フランスの『Best Funk Star Legend (2012) 』というニャカニャカに闇深いコンピから。ゴスペルシンガーが普通にアルバムを作ると、歌詞以外では、普通にコンテンポラリーな音になることはよくあって──たとえばSounds of Blacknessもしかり──、そればかりか、表世界の流行りとは無縁の、極めてトラッドな (「時代遅れ」と勘違いされてもおかしくない) 仕上がりになることも多いです。これも完全に「自主制作盤」という風合いのエンジニアリングで、1992年でしょ? 一体どんだけ世俗と無縁なんだよ (笑) 。ちょっとヤラれたわ。素晴らスィーですね。











 ▶︎Carla Brown - Love's Calling (1992)
 

 ▶︎Carla Brown - The Way You Keep Me (1992)
 

 ▶︎Gloster Williams And Master Control - No Cross No Crown (1979)
 

 ▶︎Soul Liberation - Touch Me Again (1982)
 

 ▶︎Donald Lawrence - The Best Is Yet To Come (2004)
 

 ▶︎※画像はイメージ。
music_Carla_Brown1.jpg


R&B

Comment

Add your comment