もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Jean Fournier (ジャン・フルニエ) AOC Marsannay「Cuvée Saint-Urbain」Rouge 2016 




2019_5_12Jean_Fournier9053.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 日曜にmoukan1973♀がオレが見繕ったシャンパーニュ (Pierre Gerbais) と白ワイン (Raymond Dupont-Fahn) を手土産に友人の引越し祝い (おばさんトリオ飲み) に出掛けたので、だったらオレも──ということで、独りで (最高) シレっとブルゴーニュの赤を開けてみた。

 前回は「AOCブルゴーニュ」を飲んだJean Fournier (ジャン・フルニエ) だけど、これ、フィッチでも4,114円だというのに、たまたま信濃屋 (3,780円) のスポット商品になってて安かったので拾ってみました。今回は一つ上のランクの村名アペラシオンです。

 休ませずに開けたからか、少し味わいが窮屈な気もしたので、もう1本買って少し熟成させてから再飲してもいいかな。チャリで行ける店でマトモなブル赤を買える店も少ないので、気軽に比較作業ができるというか。



Bourgogne_Marsannay1.jpg
 photo: www.bourgogne-wines.jp



 3区画(Ouzeloy、Etalles、Echezots)のアッサンブラージュ。25%程は契約栽培をしている購入葡萄を使用。一部除梗。ルモンタージュ・ピジャージュをしながら約3週間程度発酵。600L、350Lの木樽(新樽不使用)で14ヶ月熟成。典型的なマルサネのスタイルを表現したジャン・フルニエを代表するキュヴェ。

(輸入元のHPより)





 photo: WINE WHAT online



 さて、ブルゴーニュ地方コート・ドール地区の「コート・ド・ニュイ」の最北部に位置する「AOC Marsannay / マルサネ」は、マルサネ・ラ・コート村とその北に隣接するシュノーヴ村の一部、それに南のクシェイ村から成り立つ「村名アペラシオン」で、このエリアとしては唯一プルミエ・クリュとグラン・クリュが存在しないことから、近年はその割安感から注目されていて、今回のジャン・フルニエの当主ローラン・フルニエらが中心となってINAO (Institut National des Appellations d'Origine=国立原産地名称研究所) に対して14のクリマのプルミエ・クリュ昇格を働きかけている真っ最中であり、3〜4年後の認可を目標にしている模様。これが実現すると、これまで単なる「AOCマルサネ」だったモノが値上がることは必至。





 いや、すごい、16年のジャン・フルニエ。前年15年のイマイチさを完全挽回だ。ともかく、ここのマルサネとしては下位のキュヴェだけど、「どんだけ充実してんだ!」という複雑で豊かで魅惑の香り。口に含むとまず感じるのは塩っぽさ、そして決して過剰ではない豊かな果実味。次に滑らかな液体。加えて、これほど豊かなのにマスキングされないミネラル感。とんでもないワイン、と心からマジに思う。〈今飲んで90+、ポテンシャル91+〉

(リアルワインガイド64号より)

 ▲なんだ、このノリは (笑) ?



2019_5_12Jean_Fournier9059.jpg





◤ジャン・フルニエ AOCマルサネ「キュヴェ・サン・トゥルヴァン」ルージュ 20163,591 円)←日曜5%OFF

Tag Link



2019_5_12Jean_Fournier9064.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。ダークな甘酸っぱさ。〝糸のような麗しい酸〟は同じ組ではあるが、ACブルより、ほんのり土っぽいくぐもり感もありつつ、艶のある甘みが酸の小径を通って近寄ってくる。オレとしては透明感豊かなこちらの方が好みだ。アロマそのものは昨日のジュヴレ・シャンベルタンの方が優美にフルーティーではあるけど、これはこれだな。

 グラスに注いで──まるで大豆を煎ったような香ばしさもありつつ、果実というよりは野菜な青さ、徐々にタバコな草感も少々。徐々にバニラリー&ミルキーな甘やかさ。



2019_5_12Jean_Fournier9072.jpg



 飲んでみる──。

 なんかACブルよりフレッシュでクリアだな。そして、オレにとってはそこそこ甘やかです。昨日の今日じゃクワナリ分が悪いかな (笑) 。なんか水っぽく感じるなあ。前向きに捉えれば「雑味がなくピュアで透明感に満ちている」ということなんだろうけど。

 ただ、この「透明感」というニュアンスが厄介で、ちゃんとエキス感に果実味が凝縮していないと、単に「水っぽい」ということなってしまうわけで、そこのサジ加減は難しいわな。



2019_5_12Jean_Fournier9079.jpg



 ザルト──。

 あああ、こっちの方が綾瀬はるかにスケール感が増します。つまり、より〝高級な佇まい〟になる──GA!──今回は安く買えたけど、これで4,000円はないわ。個人的に「リアルワインガイド」とは感性が合わなそう (笑) 。

 ま、このレンジのピノ・ノワールを最低でも100本くらいは飲まないと相対価値は分からんな。シャンパーニュは家で200本以上飲んでるからなあ。





── 2日目。

2019_5_12Jean_Fournier9124.jpg



 なんかACブルの方が派手というか、フィネスは足りてないけど、その分、相対的には量感豊かで口の中オッパイに旨みが広がるというか。今回の「Cuvee Saint-Urbain」は瑞々しくクリアで、ともすれば「薄い」「大人しい」と感じさせる味筋なんだけど、よりエレガントで端正な味わいとも言える。

 とはイエイ、昨日よりはイイかな。まろやかな旨みの広がり、輪郭クッキリな酸、甘さ控えめのベリー系ジャムのような適度な量感。あ、なくなっちゃった。ちょっと今回は、さすがに早く開け過ぎました。あとは、前日のジュヴレ・シャンベルタンが旨すぎた。

 まあいいや。せっかくなので、この「Cuvee Saint-Urbain」を安いうちにもう1本買って、半年くらいセラーで休ませてから秋頃に飲んでみようかな。筋の良さは感じるので、決して悪いピノ・ノワールじゃないですよ──「リアルワインガイド」は褒め過ぎのような気がするけれど (笑)





 2本目!!!
2019_11_9Jean_Fournier9563.jpg

2019_11_9Jean_Fournier9560.jpg

2019_11_9Jean_Fournier9555.jpg


 ※2019年11月9日 (土) に同じ店で買った同じヴィンテージの瓶を墓場で開栓


 今回の方が旨く感じたのは環境のせいか、オレの味覚がそちらに寄ったからなのか。いずれにせよ、1er Cruを持たないマルサネだけに、村名アペラシオンでも3,850円と、コスパは最高。

 アタックはシルキー。ふくよかな旨みが広がるジューシイな量感ながら、透き通った酸が流麗なフィネスをもたらす。時間と共にどんどんキュートな果実味も膨らみ、疲れ知らずにスイスイ飲めて、それでいて程良い充実感。



2019_11_9Jean_Fournie9550.jpg
2019_11_9Jean_Fournier9583.jpg

 ◤Roberta Flack - I'm The One (1982)[Album - All List
 
 ▲BGMは洗練された都会のヲトナらしくRoberta Flackをしっとりと。



 ♡☺♡「これ旨ぁ〜い。程良い。サンドウィッチに合うぅ〜。」

 温度もあるのかなー。外飲みなので、都度都度冷やしたりできず、外気の冷たさとワインの暖かみのバランスがコイサーというか、とにかく滑らかジューシイで旨いです。何なら評価を一つ上げて「また買いたい/recommend」にしてもいいくらい。まだ買えそうなのでリピートしてジックリ家で確かめてみよう。

 まさに最上級のピクニック・ピノ (笑)


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日よりコメントは「承認制」に、同年6月15日より非公開コメントが「不可」になりました。[詳細&ガイドライン


ブルゴーニュ赤 Jean_Fournier マルサネ

Comment

Add your comment