もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今週の『歌謡ゲスオテン (通うゲス男テン) 』、初登場1位。一番悲惨なのは桐谷くん。ヒット&当たり役の予感もあっただけに。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Assailli / アサイィ ブリュット アヴィーズ グラン・クリュ「Cuvée du Patron / キュヴェ・デュ・パトロン」ブラン・ド・ブラン 




2019_5_4Assailli8652.jpg
 ▲『王様のブランチ』の「買い物の達人」に初見参。ロケ場所は「池袋ビックカメラ」と、またしてもうちの近所。。

 




 毎度アクセスありがとうございます。


 フィッチの「お取り寄せメルマガ」経由で購入。楽天でポチった商品とはシステム上の都合で同梱できないので注意が必要です。ただし、メールでリクエストすれば楽天商品との同梱は可能です。現在、実店舗のHPが不通になってるので、メルマガ希望者は楽天から問い合わせてみて下さい。

 Assailli / アサイィはコート・デ・ブランのアヴィーズ村に1899年に設立された名門レコルタン・マニピュランで、正式名称は「Assailly Leclaire et Fils / アサイィ・ルクレール・エ・フィス」。1983年より、4代目となるパスカルとヴァンサンのアサイィ兄弟によって運営されています。



Cote_des_Blancs_Avize.jpg







「キュヴェ・デュ・パトロン」は、アヴィーズ産のシャルドネ100%で造られるブラン・ド・ブラン。ブドウの平均樹齢は30年で、ドザージュは1リットル当たり6グラムとのこと。なお「パトロン」とは「親方、職場の長」という意で、「親方のキュヴェ」と名付けられたこの作品は、シャンパーニュの匠であった父、クリスチャン・アサイィ氏への尊敬の念が込められた特上品であるとのこと。

 アサイィのフラッグシップ・キュヴェ、入手するなら今しかありません!

(メルマガの説明より)




とのことです。前回はエントリーレンジのNV「Cuvée Réservée」を飲んだけど、線が細く、イマイチ迫力に掛ける華奢なブラン・ド・ブランでしたが、今回の「Cuvée du Patron」は上級レンジだけあって、格段に旨かったです。表記はないけど、実質「ミレジメ」みたいです。



2019_5_4Assaill8670.jpg





◤Assailli / アサイィ ブリュット アヴィーズ グラン・クリュ「Cuvée du Patron / キュヴェ・デュ・パトロン」ブラン・ド・ブラン5,767 円

Tag Link



2019_5_4Assaill8675.jpg
 ▲日頃から買い物では一切迷わず「秒で決断する」と言う美波ちゃん、なかなか選べないマッヒーに「早く選べよ」と言わんばかりに急かすの巻。



 立ち香──デリシャス林檎。ほんのり青々しくミンティーな爽快さ、からのヨード感のある旨みの筋肉。徐々に熟れ感のある果実香、そこからブリュレな焦げ感。フルーティネスに対する緻密で繊細な表現力。アヴィーズならではの鋭さや重厚感はないが、愛らしさと高貴さがバランス良く溶け合ってる印象。

 これは問題なさそうだ──。

 ♡☺♡「旨い・・・っ! 飲んだ瞬間に旨い。・・・濃いっ・・・ヤバイっ! リンゴとビスケット感。」



2019_5_4Assaill8678.jpg
 ▲トランプ手品で「A」を当てる三択クイズにて──大事な場面では「責任回避」を目論み、最終決断をマッヒーに任せようとする。高杉くんも美波ちゃんの地味に小ズルい性格 (笑顔の策士ぶり) を良くわかってらっしゃるようで (笑) 。

2019_5_4Assaill8684.jpg




 ブラン・ド・ブランとしては久々の大当たり (Pierre Callot以来) 。こっちの方が綾瀬はるかに旨いな。スリムかつシャープな味筋ながら、質量を感じさせる酸、ストラクチャー豊かな塩気のあるミネラル感。麗しの透明感を有しつつも、静かに伸びのある余韻には、細いけど濃いというミラクルな味のパースペクティヴ。

 果実味には鈍重さをギリギリで回避するレベルの完熟具合が垣間見れ、程良い粘性を含んだ艶やかな甘みが的確な酸にコーティングされて、しなやかな旨みの球体を優しく包み込む。繊細で緻密な果実表現ながらの、この濃ゆいエキス感──これぞエリート・シャルドネの底力。ここ描かれた果実の絵を見えなくなるまでヤスリで削ったとしても、それでもLouis Blancよりも味が濃いんじゃないかと思わせる。



2019_5_4Assaill8688.jpg
 ▲一度は「ウォーキングです」と言った。



 ♡☺♡「いやあ〜、結構『最高』に近いというか、だいぶイイ。意外に王道感があるというか。」

 タイプとしてはグイグイ押すような力強いアヴィーズではなく、オレの記憶の中ではVarnier Fanniereなんかと同じ組。クワナリ贅沢ではあるが、いつかこの2つを味クラーヴェしたい感じではある。

 この「Cuvée du Patron」は楽天だとそこそこ高いんだよな。改めてフィッチの5,767円はアホ安だと思うわ。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日より、コメントは「承認制」になりました。[詳細&ガイドライン


Assailli コート・デ・ブラン 浜辺美波 シャンパン シャンパーニュ Champagne

Comment

Add your comment