◤シャトー勝沼 (鳥居平今村) 「勝沼」Blanc 2016 




2019_5_3シャトー勝沼8630






 毎度アクセスありがとうございます。


 先日、六本木の💩ビストロで飲んだ甲州ワイン「アルガブランカ・ピッパ」が意外に旨かったので、近所で同じ品種のワインを買って来た。これ、有名なワインなんですかね。コンディションや瓶差の問題も多少はあるとは思うけれど、ちっとも旨くないです。ていうか、香りだけなら逆に「日本酒」と間違えるくらい (笑) 。





 勝沼産の甲州100%で醸す同家のスタンダード・キュヴェ。低温発酵、シュール・リー製法。甲州葡萄の素性の良さを思わせる深い色合いが、鳥居平今村の特徴。 美しい酸と熟した果実味、そして絶妙にして精妙なバランスの良さは、一般的な「甲州ワイン」のレベルをはるかに凌駕する。

(販売代理店のHPより)



 ▲「甲州」はグリ種 (黒と白の中間色) 。[参考


2019_5_3シャトー勝沼8637
 ▲確かにこんな少年がそのへんウロウロしてたらスカウトされるわな。

 ▼珍しくキメ顔の鈴井 (高杉真宙) くん。
2019_5_3シャトー勝沼_賭ケグルイ浜辺美波_高杉真宙_森川葵





◤シャトー勝沼 鳥居平今村「勝沼」白 20161,835 円

Tag Link



2019_5_3シャトー勝沼8610



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。ナニコレ、無臭。ほんのりチーズみたいな香りに出会うんだけど。もしや不自然系? 

 グラスに注いで──ほぼ無臭。マスカットっぽいテロっとした甘やかさは感じるけど、ワインとしては「無臭」でしょ。香りだけなら「日本酒」とも区別がつかないレベル (笑) 。えーと、あれだ、花巴の「水酛」を水で薄めたみたいなチーズ感。ダメな人には全くダメなニュアンスの臭みです。



2019_5_3シャトー勝沼8616



 飲んでみる──。

 はい、微妙ぉ〜ていうか、よくわからん。余韻にバニラアイスみたいな〝まろやかさ〟があって──なぜか幼稚園児の頃に食った蟻の味を想ひ出す──、ここに微かなミネラルを感じるものの、果実味は弱いぜよ。そして徐々にイチゴみたいな香り。白ワインでイチゴは珍しいけどな。今はなんか〝生酛の山城屋を生臭くした感じ〟だな。

 酸はそこそこテンション高めなので、ピーンとした直線的な味筋で、まあ、そこは良いけど、実際にはは「よくわからん」というのが正直なところ。とりあえず、旨くも何ともないですね。どちらかと言えばマズイです。





 1973チャレンジ!!!
2019_5_3シャトー勝沼8621



 先ずはブラインドで飲ませてます──。

 ♡☺♡「左のは・・・これ、日本酒でしょ? ワインじゃないでしょ? 右のは・・・これはワイン。でもなんか変な匂い。」

 飲むとしたらどっち?と聞いたら、最初は「勝沼」を選んだけど、別にどっちも旨くないからビールに切り替えました。





── 2日目。

2019_5_3シャトー勝沼8693
 ▲遂にmoukan1973♀が、♡☺♡「マッヒー (高杉くん) イケメン!」と言い出した。



 昨日よりは香るけど、別に旨くはヌワイですね。味のしないラムネをボリボリ噛んでるようなミネラル感はあるけれど、果実酒としては味気ないわな。酸のテンションはそこそこあるけど、香りの景色が曇りがち。

 この日に開けたシャンパンが久々に大当たりだったので、もはやmoukan1973♀は飲もうともしない (笑) 。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日より、コメントは「承認制」になりました。[詳細&ガイドライン


国産ワイン

Comment

Add your comment