もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今週の『歌謡ゲスオテン (通うゲス男テン) 』、初登場1位。一番悲惨なのは桐谷くん。ヒット&当たり役の予感もあっただけに。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Louis Blanc / ルイ・ブラン ブリュット ブラン・ド・ブラン NV 



2019_5_2Louis_Blanc8539.jpg
2019_5_2Louis_Blanc8513.jpg
 ▲『賭ケグルイ』の松田るかちゃんはズラの茶髪の方が普段の黒髪より似合ってる。




 毎度アクセスありがとうございます。


 5月2日にmoukan1973♀が鎌倉に泊まりで出掛けたのをいいことに、前から「これどうなの?」と思っていた信濃屋の3,000円ブラン・ド・ブランを密かに買って飲んでみた。ま、万一これが「旨い!」となれば、これからの季節、二人で映画でも観た帰りに道端で軽く飲めるということで、これでも一応、誠実かつ愛に満ちた毒味なのであります。

 この「Louis Blanc / ルイ・ブラン」というシャンパーニュを造ったのはコート・ド・ブランの南西に位置するコート・ド・セザンヌ地区のTalus-Saint-Prix / タリュ=サン=プリのメゾンだけど、エチケットには「MA (marque d`acheteur / マルク・ ダシュトゥール) 」と書かれており、これはホテルやレストラン等がシャンパーニュ製造会社に依頼して作らせた「プライベート・ブランド商品 (PB商品) 」であることを示すもの。



Côte_de_Sézanne_Talus-Saint-Prix



 この場合、銘柄の「Louis Blanc / ルイ・ブラン」は依頼者によって指定されたもので、実際にどこの蔵が造ったシャンパーニュなのかの印字義務はないようです。つまり、オレが「MOUKAN」というブランド名でどこぞのメゾンにシャンパーニュを造らせた場合、エチケットに製造者の名前は記さず、ただMAと記すことで「MOUKAN」というシャンパーニュが依頼者によるPBであることを説明するわけです。[参考

 ちなみにコチラ、信濃屋が直輸入してるけど、特に「信濃屋PB」であるような説明は販売ページにはありません。





『デキャンターワールドワインアワード2017』で表彰銘柄!

シャンパーニュ地方map1 メゾン・ルイ・ブランは、3世代に渡って続くシャンパン・メゾンで、シャンパーニュ地方の中心地エペルネの南にあるタリュサンブリ村に本拠を置きます。収穫はすべて手摘み。その後厳格な選果を行います。熟成はすべて5年以上と、法的に必要な期間の2倍以上の長さを誇ります。シャンパーニュ作りに真摯に取り組む小規模メゾンです。

 ブラン・ド・ブランは平均樹齢30年のシャルドネを100%使用。瓶内二次醗酵は5年。外観は淡いゴールド。香りは白い花やシトラス、ブリオッシュなどのイースト香が綺麗に立ち昇ります。シャルドネ100%らしい、キレのある艶やかな酸と、丸みのある果実感があり、調和の取れた味わい。ミネラルの余韻が心地良く続くエレガントなシャンパーニュに仕上がっています。

 現行品は、『デキャンターワインアワード2017』で表彰銘柄となりました!なんと「ベル・エポック ロゼ 2006」と同じ賞という、お買得品です!!

(販売ページより)







 そしてたった今知ったけど、Talus-Saint-Prix / タリュ=サン=プリ村って、上の写真の税抜1,980円のビックカメラ・シャンパーニュと同じやん (笑) 。



2019_5_2Louis_Blanc8523.jpg





◤Louis Blanc / ルイ・ブラン ブリュット ブラン・ド・ブラン NV3,239 円

Tag Link



2019_5_2Louis_Blanc8527.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。アロマの出力は穏やかながら、特に問題なさそうだな。あとは薄いか濃いか。熟したリンゴにライトなヨード感。酸は優しめ。

 グラスに注いで──なんか一瞬「ペンキな乳酸」を感じたけど、全体にはイイ感じだな。 (※ちなみに先のビックカメラ・シャンパーニュの記事でも「この乳酸キャラクターが木工用ボンド系なんだよな (笑) 。」と書いていた・・・。)



2019_5_2Louis_Blanc8530.jpg



 これで問題なく旨ければ夏場に道端でmoukan1973♀と飲める──。

 これ、アリだわ。バカ旨いわけじゃないけど、約3,000円だろ。ちゃんとシャンパンしてるから、2,500円前後のクレマンを買うなら絶対こっちだな。あと、モエシャンなんかよりは綾瀬はるかに旨いです。

 ただなあ。やっぱ酸が弱いなー。キュっと縮こまるようなミネラル感があって、それなりに堅牢な骨格ではあるけれど、もう一枚、ここに乗って来て欲しい果実味が足りてない。なんだろなあ。缶ビール換算で言うと良くも悪くもバドワイザーだな (笑)



2019_5_2Louis_Blanc8539.jpg



 GA!!!──「おっ?」と思ったのは最初の一口だけで、あとは坂道を転がり落ちるだけ。つい数分前に「これ、アリだわ。」と書いた自分を蔑みたくなるほど、今はもう旨くヌワイ (笑) 。ま、値段ナリですね。なんか徐々にクレマンな風貌に出会い始めたし、この程度のシャンパンを3,000円で買ってmoukan1973♀不在時に隠れて飲んでも背徳感なんか全くありませんね

 ダメだ。今はもう、これが「クレマン」なのか「シャンパン」なのか、ブラインドで飲んで当てる自信ないわ。


moukan1972♂



※2019年4月22日より、コメントは「承認制」になりました。[詳細&ガイドライン


浜辺美波

Comment

Add your comment