もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日曜に高いワイングラスを1つ割ってしまったので、前から欲しかった「REIDEL - Sommeliersシリーズ (シャルドネ) 」の創業260周年記念バリューパック (2脚で1脚分の値段=特製ケース無し) を買った。ついでに〝脚無し〟の「Oシリーズ (ピノ・ノワール) 」を買ってみたら、金魚は無理でもメダカなら何とか飼えるデカさだった。実は「Sommeliers」より「Superleggero」の方がリム (口) も薄くステム (脚) も細くて長いんだけど、安定感 (重さは似たようなもん) は「Sommeliers」の方がある。「Superleggero」はスタイリッシュでカッコイイし飲み口もスムースだけど、扱いが・・・。ハンドメイドが怖い人は「Veritasシリーズ」が4,950円なので割っても涙はギリこぼれない。日本酒用に「リースリング」か「シャルドネ」が1つあると便利──な時もある。ただ、ハンドメイドとマシンメイドとでは、重さがじぇんじぇん違うのと、体感上の精米歩合も変わります。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤勝沼醸造 「アルガブランカ・ピッパ “樽醸造アルガ白” 」2016 #theo「Shenzhou 410」 






theo_Shenzhou410_1.jpg
 ▲久々にmoukan1973♀がメガネ (左手前の方) を買った。素材はアルミ。もちろんセレクトはオレ。[theo - Shenzhou 410

theo_Shenzhou410_2.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 というわけDE、GW初日、久々のメガネ屋巡りついでに珍しく六本木で外食。店名は同じだけど、いつの間にかオーナーがチェンジしてて全く別の店になってたので料理は豪華客船レベルだったけど──食事中、二人で「この船、揺れねえなあ」を連発 (笑) ──、初めてマトモに飲んだイマドキ国産ワインが意外と旨かったというお話です。

 グラスで80mlくらいしか飲んでないので、ホント、文字通り「備忘録」です。



2019_4_27アルガブランカ_ピッパ8264





◤勝沼醸造 「アルガブランカ・ピッパ “樽醸造アルガ白” 」20164,320 円

Tag Link



2019_4_27アルガブランカ_ピッパ8263



 品種は「甲州」で、ボチボチ海外での栽培も広がりつつあるみたいね。どちらかと言うと「自然派」ライクな味わいだけど、梅酒っぽいタッチがあって、なかなか良かったです。ちゃんと濃いし、何より、いつも飲んでる白とは異なるキャラがあって、ちゃんとコレとしての存立性がある。

 dಠಠb「これが2,000円以下で買えれば普段使いできるわ〜」などとボケたことを言ってしまったけど、すぐにmoukan1973♀のスマホで調べると、はい、4,320円でした〜。Hガワ酒店で扱ってますね。




 ▲グリ種 (黒と白の中間色) なのか。[参考



 まあ、国内の小規模生産者のワインはブドウの収穫量の少なさもあって割高なんだよね。この値段を出すならシャンパン買うわな。でも、なかなか個性的な味わい (分かりやすいインパクトのある味筋=日本酒界だと「木戸泉」ライクなニュアンス) で、確かに人気があるのは分かりました。それこそ誰かにプレゼントされたら素直に嬉しいワインです。


moukan1972♂moukan1973



※2019年4月22日より、コメントは「承認制」になりました。[詳細&ガイドライン


国産ワイン

Comment

Add your comment