もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Anarkos - Felline (アナルコス - フェッリーネ) IGT Puglia「Rosso」2016 




2019_4_12Felline7470.jpg
 ▲4月11日 (木) 映画『賭ケグルイ』完成披露試写会イベントに登壇。[俺たちのTOKYO POP LINE][modelpress][完成披露試写会の動画①][② (生徒会長の真似をする) ③ (生徒会長にジャンケンで負ける)

 ▼一人ファンの子 (素人) が紛れ込んでるな。あと、どうしても最初に監督に目が行くのヤメタイ。おっさん目立ち過ぎなんだよ (笑) !
2019_4_12Felline映画賭ケグルイ浜辺美波1




 毎度アクセスありがとうございます。


 イタリアはプーリア州 (ブーツ状の国土におけるカカトの部分) の赤です。楽天のトスカニーが直輸入してて、商品の説明も販売ページに超詳しく書かれているので、オレから書くことはほとんど何もないんだけど、一点、この「Felline / フェッリーネ」という社名はグレゴリー・ペルッチ (Gregory Perrucci) 氏が情熱ある栽培農家、農学士、エノロゴたちを結集して立ち上げた「共同組織」で、醸造所は1ヶ所ながら、生産者ごとにワインは別々に仕込まれ、ラベルには個々のワイナリー (生産者) の名前を記載するというスタイルを取ってるので、このキュヴェは、Felline社に所属している「Anarkos」というブランド (ワイナリー) のワイン、ということになります。

 セパージュは「プリミティーヴォ」と「ネグロアマーロ」と「マルヴァジア・ネーラ」を3分の1ずつブレンド。これ、税込で1,663円ですか、安いですねえ。人懐こい甘さや柔らかさのある、言ってしまえば「飲みやすいタイプの旨口」なので、カチっとした正装感はヌワイけど、少し冷やして気軽に飲む分にはアリですね。いわゆる一つの「酔える濃いめのブドウジュース系」です。



2019_4_12Felline7490.jpg
 ▲ごめん、森川葵の左の頬にカーソル↑が写り込んでしまった。





◤Anarkos / アナルコス (Felline / フェッリーネ) IGTプーリア・ロッソ 20161,663 円

Tag Link



2019_4_12Felline7441.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。ミルクチョコや甘やかなバニラもあるけど、なんか好きな方向で甘酸っぱいな。赤紫蘇というか柴漬けというか。ほんのりよ。全体にはこの価格帯のイタリアやスペインワインでよく出会うアロマです。

 グラスに注いで──おっ、色濃いな。ちょい木工用ボンド。出汁系の旨みのモアレ。砂糖多めのツナピコ。



2019_4_12Felline7459.jpg
 ▲完成披露試写会イベントで不意に美人ショット。撮影したヤツはGood Job。
 
 ▼↓落差が・・・。

2019_4_12Felline浜辺美波つぶれない店



 どれどれ──。

 キャッチーにジューシイで割りと甘いけど、しっかり濃いし、好き嫌いはあるだろうけど、500~600円のグラスワインでコレを出されて文句を言う人はいないんじゃないかな。コンビニやスーパーで売ってたら大ヒット間違いナシゴレン (笑)

 スルっと入って来る柔らかなアタック、すり下ろしな濃厚ジューシネス、目の詰まったザクザクした旨みのテクスチャー、口どけの良いしなやかなタンニン、優しく丸みのある酸──まあ、カジュアルワインとして向き合うなら、これは大いにアリでしょう。結局、この値段のワインが勝利するためには「無理をしない」「できることだけをやる」──これしかないんだよね。

 ま、大枠で捉えればファルネーゼフアン・ヒル系ですね。カルピスの「ウェルチ」がそのまま拡張的に「ワイン」になった感じというか。ブルゴーニュ換算だと「完全なる甘口」なので、1年後に楽しく飲める自信はヌワイけど、今はまだそれなりには許容です。

 少し冷やしてもキチンと甘いので、これは避けようがない感じです。食中酒というよりは、麦チョコやドライフルーツをつまみながらレジャー感覚でガブガブ飲むタイプの赤。ワイン好きへの手土産には向かないけど、一般女子の集まる楽しいピクニック (花見とか?) に持参すれば好評を博すこと間違いナシゴレン。ただ一つ「これ (Anarkos) 、何て読むんですか?」と可愛い女の子に訊かれても「アナークオス」とワザと間違えて下さい。


moukan1972♂






Felline イタリア赤 プーリア 浜辺美波

Comment

Add your comment