もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤篠峯 - 生酛 純米 山田錦 無濾過生原酒 29BY 2本目!<奈良> ── dಠಠb「初日はexcellent」#Dry/岩塚製菓『本格四川風 麻辣美味仙』 




浜辺美波賭ケグルイ夢子
 ▲乃木坂 vs 東宝芸能。
 ▼AKBの元センター (行きつけの仲の良いエステサロンのお姉さん) vs ガーナ娘のセンター (女優さん) 。[予告動画
shinomine_kimoto_junmai29by2_1b浜辺美波つぶれない店1



 29BYチヨメンです。1本目から半年ほど経過してるのでイイ感じかと思ったらイイ感じでしたの巻です。さすがにもう720mlは売ってないかな。当時も思ったし今回も思ったけど、今時期もこれから先も、きっと1800mlはイイ感じだろうなあ。

 まあ、30BYのこの酒を今時期に買って飲むくらいなら29BYの売れ残りを探した方がいいでしょうね。これ、去年の夏の終わりや秋口にも「生熟ヴァージョン」が少量だけ出回ってるはずだから、そっちで探しても大丈夫でしょう。たぶん、中身は同じはずです。

 スペック的に「グラマラスな旨口生酛」を勝手に想像してしまうだろうけど、そんなコタァーヌワイです。むしろスリム&クリアで、この精米歩合こその堅牢なストラクチャーが却って酒の隅々にまでキチンと光を当てるという結果に繋がってます。



shinomine_kimoto_junmai29by2_3.jpg
 ▲「私が一番震えたのはあの決めぜりふ。『賭け狂いましょう!』って私に向けて言われたときは、本気で怖かったです。本気で震え上がりました。」──松村沙友理



 と、ヲモタラぁッ! (と、思ったら) ──軽くてクリアだったのは初日だけで、2日目は硬くなった寒天みたいに筋肉質な酒になっちゃいましたね。moukan1973♀も、♡☺♡「なんか鋭く突き刺さる感じがあった」と言ってましたが、そこまでではないにせよ、クワナリ逞しい細マッチョなドライ生酛ではありました。

 初日は普通にフレッシュな表情もあってフワっとクリアでしたが、そういう意味では元々が屈強な酒なんでしょうね。というわけDE、2日目はスペックなりの味筋です。それでもモダンだけどね。初日は「excellent」を付けたけど、最終的には「on my list - good」でフィニッシュです。





shinomine_kimoto_junmai29by2_2.jpg
 bottle size:720ml (あれ? 1本目より出荷の早い瓶じゃないか。1本目は7月出荷。)





【771】篠峯 -しのみね- 生酛 純米 山田錦 無濾過生原酒 29BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:山田錦/麹米:60%、掛米:77%
▪︎酵母:7号酵母
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+7/2.8/1.0
▪︎ALC:17%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H29BY/2018年3月 (※1本目より早い時期の出荷。)
▪︎管理状況:2018/12/3着、2月頃までは11℃前後、以降は3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年4月10日 (水) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




shinomine_kimoto_junmai29by2_4.jpg
 ▲岩塚製菓『本格四川風 麻辣美味仙』はサプライズな野心作。かなり本格的なので、そのまま高級四川料理店の「お通し (ビール用) 」に出せるレベル (笑) 。花椒の香りがリアルもリアル。ただ、袋に残ってる唐辛子や花椒の破片は、少なくとも日本酒やワインとは一緒に食べない方がいいです。普通にビリビリと辛いです。岩塚製菓はタマにホームランを飛ばすから侮れない。

 ▼しっかしツインテール似合わねえな。痛いおばさんコスプレイヤーみたい (笑) 。
shinomine_kimoto_junmai29by2_10.jpg




 立ち香──少しヨード感を伴う (寒天のような感触を想起させる) 清楚な乳酸。やや粉っぽいニュアンスも。露骨な熟香はヌワイです。

 ヨサーゲ司祭ではあるが──。



shinomine_kimoto_junmai29by2_5.jpg


 軽ぅ~。ガスは微かに残存。やや木香ライクな苦み&渋みに当たるものの、求めていた〝口どけ〟が素晴らしいレベルで実現されてます。味わい的には上質かつ透明感のある高級ラムネと言った感じで、飲むと実は乳酸フレイヴァーが主導するわけでもない。

 やや〝ミネラルの干物化 (骨格の柱にアタックのある粉っぽさ) 〟を感じるけど (笑) 、言われなきゃ「純米大吟醸」のようなシルキーなテクスチャーすらあるし、なかなかのエレガンスでゴワス。



shinomine_kimoto_junmai29by2_6.jpg



 ワイングラス──。

shinomine_kimoto_junmai29by2_11.jpg とりあえずガス&旨み&コク増し。グイ呑みの方が小さな領域で実の詰まったバランスになるので、ワイングラスは少しハイコントラストにギラつくイメージ。

 1本目よりも逞しくドライな表情もあるので、ここから先、少しブチャっと肥満化してもまるで問題ないでしょうね。旨口フィールドに広がる方向では育たず、今のところ「刺身」に対しての「干物」のような関係性を維持しつつ内に向かって──まるでチリが集まって惑星を誕生させるかように──五味が固形化している真っ最中なので、今飲んでも問題なく旨いし、今後の変化にも──予想は難しいけれど──それなりのワクワクは担保されてるとは思います。



shinomine_kimoto_junmai29by2_7.jpg



 半製品の30BYに辟易としている手間の掛かる〝うるさ方の飲み手〟が息抜きで一発挟む分には非常に充実できる酒だとは思います。ていうか、まだ買えるの?





── 2日目。

shinomine_kimoto_junmai29by2_8.jpg
 ▲このコ (乃木坂46の松村沙友理) はビビリ顔が一番様になってるな (笑) 。



 香りサイドの味わいとしては初日よりもキッチリ乳酸を感じるものの、味筋そのものはゴリっと筋肉質な硬直感があり、ピンと張り詰めた酸にガッチリとミネラル感が重なる流れ。なんか2日目は「火入れ」みたいな味の出方だな。うーん・・・珍しく初日よりも落ちるチヨメンですね。逆に言えば2年目にも熟成ロードが敷かれてるということだけど。



shinomine_kimoto_junmai29by2_9.jpg
 ▲得意の左アングル。年齢差8歳。同じ乙女座B型の26と18。



 なんか初日に書いた「旨口フィールドに広がる方向では育たず、今のところ『刺身』に対しての『干物』のような関係性を維持しつつ内に向かって──まるでチリが集まって惑星を誕生させるかように──五味が固形化している真っ最中」という道筋が1日で実現しちゃったみたいだな (笑) 。

 ジューシー&フルーティー&スイートなイマドキ地酒が好きな人には薦めないけど、少し気の利いたモダンなドライ生酛でキュっとヤリタイ人には一応オススメしておきます。1800mlならまだ買える店、ありますね。初日は問題なく「excellet」です。


moukan1972♂





 オマケ
shinomine_kimoto_junmai29by2_12.jpg
shinomine_kimoto_junmai29by2_13.jpg
shinomine_kimoto_junmai29by2_14.jpg
shinomine_kimoto_junmai29by2_15.jpg
浜辺美波賭ケグルイ夢子
浜辺美波賭ケグルイ夢子
shinomine_kimoto_junmai29by2_18.jpg
 ▲一番負けてはイケナイ相手 (生徒会長) に負ける。[俺たちのTOKYO POP LINE

shinomine_kimoto_junmai29by2_19.jpg
 ▲「グー」で必勝。


日本酒 篠峯 生酛 山廃 on_list_good 浜辺美波

Comment

Add your comment