もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤Catena / カテナ「Alamos / アラモス」Extra Brut NV 




2019_4_9Alamos7154.jpg
 ▲それ、ややこしいけど「どら焼き」じゃなくて「ブラウン・マッシュルーム」です。[SMART TOUCH「常識くるり」篇 30秒Ver][Making][メニコン公式][SMART TOUCH][CMギャラリー]←おそらく有村架純は降板 (公式から画像が消えた) で美波ちゃんに一本化。Web CM担当からTV版に昇格。







 毎度アクセスありがとうございます。


 アルゼンチンの名門ワイナリー「Catena / カテナ」の廉価レンジ「Alamos」シリーズのスパークリングです。セパージュは「ピノ・ノワール:50%、シャルドネ:50%」で、一応は「Extra Brut」の極辛口仕様になってますが、まあ、ココに関してはアテにはなりません。つまり、シャンパーニュ地方のそれとは感じ方が異なりますので。

 カテナには4段階のヒエラルキーがあって、上から「カテナ・サパータ」「アルタ」「カテナ」、そして「アラモス」の順に安くなります。ボルドーやブルゴーニュの一流どころより安いと言ったって、最上クラス「Catena Zapata / カテナ・サパータ」のトップ・キュヴェともなれば軽く20,000円は超えて行きます。ちなみに「Catena / カテナ」ブランドにもスパークリングがあるようで、そちらは2,000円台後半です。[D.V.カテナ・ナチュール




2019_4_9Alamos7162.jpg





◤Catena / カテナ「Alamos / アラモス」Extra Brut NV1,728 円

Tag Link



2019_4_9Alamos7205.jpg



 結論から言うと、改めて「Alamos / アラモス」は──「2016」以外の出来は知らないけど──「ピノ・ノワール」一択でいいカナート。今回はポイント15倍くらいで「店頭受取」にしたから送料もゼロだし、半ば「アタリ屋」行為のようなものだったけど、もしも2,000円前後で「まあまあか?」みたいなスパークリングを見つけたら、それってスゲえ手柄になるわけで、そんな日──オレが自信を持って「コレ買え──っ!!!」と叫べる日が、いつか本当に訪れるのでしょうか。一部のイギリスのスパークリングがシャンパーニュを脅かすほどのクオリティになってるようだけど、値段が普通に5,000円以上するからね (笑) 。

 1,000円台のスパークリングの中には、飲まなければそこそこ美味しいヤツもあるにはありましたが、現実には飲んでしまうので美味しくはありません。あくまでも「飲まなければそこそこ美味しい」という話です。ですが、これは飲む前から美味しくないという、泡だけが唯一の手掛かりのようなワインでした。「香らない・味しない・旨くない」のサンナイ酒ですね。これに「酸ない・ミネラルない・フィネスない」を加えればロクナイ酒、あと一つ・・・「楽しくない」でナナナイ酒です。



2019_4_9Alamos7209.jpg
 ▲どら焼きマッシュルームは適当に4つに切ってグリエリング。味は・・・ポソポソした味の薄い椎茸みたいだけど、肉の代わりにすればダイエット食材として流行りそうなくらいには普通に食べれます。あと、千葉くんの退社 (休職?) について何事もなかったかように振る舞う黒谷編集長がエゲツナイ (笑) 。






 さて、泡。もはや自分が「今、何の酒を飲んでいるのか」すら、よく分からないんだよな (笑) 。とにかく我々にとっては「スパークリング・ワイン」の基準そのものが「シャンパーニュ」なので、正直、それ以外の「泡」について何をどう語ればいいのか分からないんだよ。結局この手の「泡」って、オレから「言葉」を奪うんだよね。

 1年前とかはこういう味のしない薄い泡を飲むと腹が立ったけど、今は「いかにシャンパーニュが手の込んだ高級ワインであるか」が裏側から理解できるので、まあこんなもんか、という感じです。あと、日本の缶ビール (発泡酒や第三のビールも含む) や缶チューハイって、安い割りによくできてるよね。特に「旨い」とは思えないけど、それでもガブガブ飲めちゃうもの。









 3,000円近くしちゃうけど、こうして改めて想ひ返すと「AOCクレマン」って、一応は「シャンパーニュもどき」くらいの存在感はあるんですね。写真の2本 (写真クリックでJump) は、決してシャンパンの代わりにはならないけれど、1,000円台の安泡では感じることのできないワインとしてのフィネスは確かにあります。特には薦めないけどね。だったら頑張って旨いシャンパーニュを買った方がいい。クレマンは気軽なパーティー酒なので、ワイワイやりながら食前酒にクイっとやる程度の酒。


moukan1972♂






アルゼンチン Catena スパークリング 浜辺美波

Comment

Add your comment