もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 而今「特上雄町」純米大吟醸 720ml 54,000円 (笑) 。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Nathalie Falmet / ナタリー・ファルメ ブリュット「Le Val Cornet / ル・ヴァル・コルネ」ブラン・ド・ノワール 2011(Dégorgement:2016/5/23) 




2019_4_6Nathalie_Falmet6999.jpg






 毎度アクセスありがとうございます。


2019_4_6Nathalie_Falmet_CjcmMkvVAAAYsM5.jpg Nathalie Falmet / ナタリー・ファルメはシャンパーニュ地方の最南エリアに離れ小島のように広がるコート・デ・バール地区のRouvres-les-Vignes / ルーヴル=レ=ヴィーニュのRMでデビューは2009年。元々シャンパーニュの醸造コンサルタントをしていたナタリー・ファルメ (1968♀) が家業を継ぐ形で新たに醸造場を建設、ブランド名も自らの名前を冠した。

 コート・デ・バール地区には (不当にも) 格付けクリュが存在しないので、代々グラン・クリュを所有しているドメーヌとは異なり、人に秀でる何かがないとなかなか見向きもされないという不利もあり、その結果、現代シャンパーニュにとっては、皮肉な事に、今や〝最も野心的な造り手が集まるエリア〟となった感もあるし、そればかりか、むしろコート・デ・ブランやモンターニュ・ド・ランスのグラン・クリュ系のキュヴェより値段の張るモノも多い。なんだろうね、同じシャンパーニュでも、どことなく漂う〝更なる舶来感〟なんでしょうか。ま、輸入本数が少ないから割高になりやすいんでしょうね。



Cote_des_Bar_Rouvres-les-Vignes.jpg



 以前エントリークラスのNVを2本飲んだけど、アタリは「Dégorgement:2016.5.23」の方で、リピートした「2016.10.6」はイマイチ薄かったです。

 今回はミレジメのブラン・ド・ノワールを飲みます。表記はないけど「2011年」のブドウのみで造られ、単一クリマ「Le Val Cornet」のピノ・ノワール&ムニエを半分ずつ使用、ムニエは容量350リットルのバリックで樽発酵/樽熟成、ピノ・ノワールはステンレスタンクで発酵/熟成、瓶内熟成に移る前にシュール・リーの状態で定期的にバトナージュを行いながら8ヶ月間熟成、この間にマロラクティック発酵、デゴルジュは2016年の5月23日、おそらくボトリングは2012年の春頃なので、瓶熟は約4年、ドザージュは5g/1Lと、エクストラ・ブリュット寄りのブリュット。



2019_4_6Nathalie_Falmet7001.jpg





◤Nathalie Falmet / ナタリー・ファルメ ブリュット「Le Val Cornet / ル・ヴァル・コルネ」ブラン・ド・ノワール 20116,193 円

Tag Link



2019_4_6Nathalie_Falmet7035.jpg




 立ち香──オサレなアプリコット・ジャム。ミンティーなアロマが爽やかにそよぎつつも、ムニエ由来なのだろうか、コアに粘り気のある力強い酸の肉。樽のニュアンスはそれほどもなくて、むしろブリオッシュやビスケット系の甘香ばしいタッチに出会う。ただ、ほんのりフルーティネスの表情はシックにスモーキー。

 コンディションに問題はなさそう──。

 ♡☺♡「ああああ。女性らしい。ピノのこの感じ、あるねえ。香ばしい。美味しい。濃い。ちなみにこれいくら?
dಠಠb「6,000円台で買えるのはフィッチだけ。」

 ♡☺♡「まあまあか? 7〜8,000円言うとアレだけど6,000円台ならいいっかみたいな。ホント『わかってんのか!?』という感じだけど (笑) 。」
 dಠಠb「たぶん今は値上がってると思うから、次にフィッチが最新版のミレジメを入れる時は6,500円くらいになってそう。」



2019_4_6Nathalie_Falmet7037.jpg



 そこそこ香ばしく熟してる。焦げたハチミツ。もう一声〝濃ゆいエキス感〟が欲しい気もするけど、まあ、こんなもんだろ。グラスはザルトの方が熟感と甘香ばしさが膨らみ、リーデルの方が酸が鋭角的に入って来るので、ピノ由来の渋酸に力強さが滲む。

 時おりキノコのようなキシキシしたテクスチャーとミネラル感が交錯する先にホロ苦いジャムのようなジューシネス。余韻は長めながら、やはり、もう一声、前半部分に透明感のあるピュアな果実味が欲しいので、もっとピノ・ノワールの比率を増やして欲しいな。むしろムニエはムニエで「ムニエ100%」のキュヴェを造った方が面白いような気もするけど。

 まあまあですかね。ガブガブ爽快に飲むならNVで十分ですね。同じコート・デ・バールの女性ヴィユロンのブラン・ド・ノワールならマリー・クルタンの方が上。





── 2日目。

2019_4_6Nathalie_Falmet7056.jpg
 ▲見事なまでに初日と同じモノを食ってる (笑) 。メインは違うからさー。そりゃそうと聖子ちゃんの肌がまるで茹で卵・・・。このとき18才 (もうすぐ19才) 。



 昨日より濃いし旨い。というより、諸々のアタックが鋭利になって、これくらいギシっと舌が締め上げられた方が樽のニュアンスやミネラルをしっかり感じれるので隅々にまで焦点が合う。開けたては少し閉じ気味なので (ぼんやりとした曇り空) 、飲む5〜6時間前に抜栓だけ済ませておいた方が良さそう。

 最新ヴィンテージは「2013」なのかな。ここ最近、楽天でも少し下火のような気もするけど、今でもNVが4,000円ちょいで買えるなら再飲したいな。


moukan1972♂moukan1973






Nathalie_Falmet ブラン・ド・ノワール

Comment

Add your comment