もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Kimoto Kurosawa “Hashira” Katsunuma Wine Barrels (黒澤 生酛 柱焼酎仕込み 勝沼ワイン樽熟成) 26BY <長野> ── d✖️✖️b「中身が26BYであることを飲んだ後に知る・・・」 




kurosawa_hashira28by1.jpg
 ▲PB系の安サラセン。こういうのを食べると、いかに三幸製菓が一流企業かが分かる。同じ100円でもちゃんと仕上げて来る。

 ▼顧問杜氏の中澤礎氏と現杜氏の黒澤洋平氏。

 photo: さくほ町民キッチン



 ていうか、某酒屋の販売ページをよーく見ると、出荷時に既に「2年熟成」なのな。少しヤヤコシイのは「製造年月=瓶詰め年月」ではあるものの、この酒の場合は「樽熟成」させてるので、そこのDATA (いつ樽熟成を始めたのか) は書かれていないっていう。つまりこれ、中身は26BYなのな。こういう商品こそ「2014」と書いとけよな、センスねえな。確かに長野は「製造年月」と「出荷年月」が異なる場合はその両方を記載しないといけないんだけど、「製造年月=瓶詰め年月」なので「2017.10」というのは28BYであることの証左にはならない (笑) 。

 言ってる意味わかる?──26BYの酒をタンクや樽で熟成させます──これは「製造年月」として書く義務がない──ところが「瓶囲い (瓶詰め) 」して熟成させた場合は「長野ルール」で例えば「2015.3」というふうに書かなければならない (26BYであることを示唆) ──ところが「樽熟成」なので、この「製造年月=2017.10」が示す内容は「熟成開始時期」ではなく「瓶詰めされた時期」というわけ。

 要するにオレがちゃんと理解してなかったということです。28BYシーズンの1月とか2月に搾って「じっくり熟成」させて2017年の10月に瓶詰めしたと思ってたんだけど、この時点で「2年熟成」ということは最低でも2015年の10月から樽熟が始まってるわけで、さすがに10月には仕込みは終えてないから、結果26BYであることが──今わかった (笑)




 ▲「木戸泉」の熟成酒は必ずヴィンテージ記載アリ。ただ4つの数字を事務的に書くだけ。〝ただそれだけのこと〟がどうして日本酒はできないっ!



 日本酒もワインみたいに西暦でヴィンテージを記載すれば全てが丸く収まるのに、どうしてそうしないのだろう。こういう細かい部分の法整備こそが日本酒が「世界のSAKE」として羽ばたくためには絶対に必要。シャンパーニュのNVじゃあるまいし、基本的には「単一ヴィンテージ」で仕込むんだから、それを書きゃいいんだよ。ブツクサブツクサ。「BY」にしたって「元号」が変われば「1」に戻るんだろ? スゲえヤヤコシイよ。ブツクサブツクサ。




kurosawa_hashira28by2.jpg
 bottle size:500ml





【769】黒澤 -くろさわ- 生酛 柱焼酎仕込み 勝沼ワイン樽熟成) 26BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:信州産ひとごこち/59%
▪︎酵母:協会901号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:非公開
▪︎ALC:19% (原酒)
▪︎処理:たぶん二回火入れ。「柱焼酎仕込み」の原酒を赤ワイン樽に2年間貯蔵。
▪︎酒造年度/出荷日:H26BY/2017年10月
▪︎特記事項:「2017年10月=瓶詰め時期」の時点で「2年熟成」なので、論理的に考えて中身は「26BY」で確定。問題は「2年熟成」の事実がラベルのどこにも書いていないこと。だからラベルからヴィンテージを特定できない。
▪︎管理状況:2018/2/13着、平均11℃前後で管理後、年明け頃から冷蔵庫に移動。
▪︎試飲日時:2019年4月5日 (金) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not My On Listindeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




kurosawa_hashira28by3.jpg
 ▲もはや「めざまし女優 (朝の芸能ニュース専用タレント) 」の綾瀬はるか。最近は〝求められるままのピエロ像〟にお疲れ気味か。もう34歳か。早く誰か貰ってやれ。


 というわけDE、飲んでる (下書きを書いてる) 時はコレが「26BY」であることに全く気付いておりません (笑)


 立ち香──結構なコハク酸ファイヤー。しっかり熟してるけど、それなりには酸っぱそう。なんか火入れの熟成純米ライクな (それこそ「神亀」とかの) ナッツ感。あんま「黒澤」っぽくないな。香りだけで「黒澤」だとは絶対にわからないレベル。つうか、スゲえ焦げめの方向に熟してんだけど。

 とりあえず飲んでみる──いきなりワイングラス。



kurosawa_hashira28by4.jpg
 ▲石田純一の息子 (理汰郎) がいつ間にかスゲえデカくなってる (笑) 。



 スゲえビター砂糖超少なめの硬いチョコレートを「焼酎」を舐めながら一緒に食べてる感じ。思ってたより (フルーツよりも) スイーツ寄りの味わい。あと、なんか全然「生酛」を感じないというか、そもそもどういう意図でこういうレシピしたのかまるで見えて来ない。そういう意味じゃ「木戸泉 Afruge」なんかは分かりやすくてポップだよね。そういやココはボトルにヴィンテージをちゃんと記載するよな。こういうところは正しいし評価したい。

 少し引っ張り過ぎたことは認めるけど、この程度でこんな風になっちゃう「黒澤」には興味ないんだよね。酸が暴走しないとツマランよ。全然酸っぱくない。



 Additional Notes 💬

dಠಠb
「というわけDE、これ、4年熟成状態 (笑) 。それにしたって、ちょっと期待ハズレの方向な味わい。いつもの〝酸〟がまるでヌワイもの。肝心の樽熟の意味もよく分からん。ま、チャレンジ酒だったんでしょうね。第二弾はなかったはずだし。これが『穂積』なら4年でもこうはならない。判定不能でフィニッシュです。熟成酒としては普通の出来だけど、結構ハードに焼酎を感じます。簡単に言うと『旨くない』ということです。」




moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 黒澤

Comment

Add your comment