もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤本日の1曲♪【BLAZE特集:62】Josh Milan - Album『6.9.69』 (2017)  

genre tag:DEEP HOUSE, VOCAL HOUSE, JAZZY VIBE, CLUB JAZZ, R&B, QUIET STORM
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎昨日に引き続き『BLAZE特集』です。特に系統立てた構成にはしてません。一応、これが現時点でのJosh Milanの集大成ということにはなるんだけど、このジャンルは「シングル」における「ヴァージョン」だけが重要なので、1つ1つの曲が他の傑作に太刀打ちできるかはまた別の話ですね。「DISK-1」はコンテポラリーなFusion (Smooth Jazz) で、House寄りのサウンドは「DISK-2」に収録されてます。突き詰めれば「DISK-2」の「16 - I Will Wait」だけが重要です。他は「DISK-1」の「05 - Here's To Love」と「DISK-2」の「24 - Black Man」あたりは佳作。先日取り上げた2011年の『Honeycomb Music Volume 1』の方が音楽的重要性は綾瀬はるかに上です。ちなみに「17 - Music Is Love」は「Diana Ross - The Boss (1979) 」からのインスパイアード。












Album『6.9.69』 (2017)

DISK-1
01 - Questions
02 - Blackbird
03 - Dependent
04 - Fragile
05 - Here's To Love
06 - I Wish You Well
07 - In All I Do
08 - The Bottle
09 - Live Together
10 - Not For Me
11 - Sweet Little Girl
12 - Questions (Reprise)

DISK-2
13 - My Big Brother
14 - It's Love
15 - Red White And Blue
16 - I Will Wait ←最重要曲
17 - Music Is LoveDiana Ross - The Boss
18 - Love Yourself
19 - Our Crown
20 - Lamentations
21 - The Lesson
22 - Let It Burn Away
23 - Anger
24 - Black Man



 ▶︎Josh Milan Presents T'zelle - Kipepeo (From『Honeycomb Music Volume 1』2011)
 

 ▶︎Josh Milan ←眼鏡カッコイイ。スクエア気味のティアドロップ。珍しい。
music_josh_milan5.jpg


DEEP_HOUSE VOCAL_HOUSE JAZZY_VIBE CLUB_JAZZ R&B BLAZE特集 QUIET

Comment

Add your comment