もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Miniere / ミニエール ブリュット「ABSOLUment / アブソリュモン」ブラン・ド・ブラン NV(Dégorgement:2016/05) 




2019_3_30Miniere6655.jpg
 ▲ガーナ娘のセンター浜辺美波、2019年3月29日 (金) 「ロッテ vs 楽天」開幕戦始球式に光臨。「M」のワッペンに背番号「373 (みなみ) 」と、準備は万端。しかも球場の場所が「美浜区」とは。そして、握りがマサカの「チェンジアップ」、しかも手首の捻り方もナゼカの本格的カーブ仕様 (笑) 。[翌日のスポーツ報知は破格の扱い (デスク有能) ]

 ▼さすがは女優。1コマ1コマの形だけはマトモに見えるが・・・ (特に左下) 。[実際のへっぽこモーション][豪速球Ver][高速ナックルVer][火の玉Ver
2019_3_29浜辺美波ロッテ始球式1






 毎度アクセスありがとうございます。


 ミニエールは、ランスを西から東に流れるヴェル川の北に広がるヴァレ・ド・ラ・ヴェル/Vallée de la Vesle地区 (格付けクリュは無し) にあるエルモンヴィル/HermonvilleのRMで、ジャック・セロスでの修行を終えたフレデリック&ロドルフ兄弟が2015年に立ち上げた新しいドメーヌ。まだまだ日本への輸入本数が少なく、フィッチが独自に入れてもすぐに各キュヴェ60本くらいの入荷分が完売してしまうほど注目度は高いです。



Vallée_de_la_Vesle_Hermonville



 これまでに2種類のキュヴェを飲んで来たけど、今回は満を持してのブラン・ド・ブラン。最新ロットの生産本数は1,408本。

 ベースワインは2010年のブドウが82%、2009年が18%。師匠のアンセルム・セロス同様、発酵と熟成には樽を使い、基本的にはマロラクティック発酵はナシ。8ヶ月間の樽熟成を経て2011年5月にボトリング (瓶内二次発酵) 、丸5年の瓶熟後、2016年5月にデゴルジュ、6g/1Lのドザージュが施されてから、おそらく半年以上の休息が与えられ、ようやく出荷。なので、日本の店頭に並ぶのは2017年以降になります (オレが買ったのは2017年9月26日) 。2010年の秋にブドウを収穫してから約7年の歳月を経てエンドユーザーの口に入るという──特に新興ドメーヌの場合は最初の数年間は収入が激減するので大変──、まあ、素敵にロマンティックです。

 このブラン・ド・ブランも、フィッチが直で入れてるからギリギリ7,000円弱で買えるけど、5年後には10,000円を超えてる可能性は高いです。



2019_3_30Miniere6661.jpg





◤Miniere / ミニエール ブリュット「ABSOLUment / アブソリュモン」ブラン・ド・ブラン NV6,880 円

Tag Link



2019_3_30Miniere6678.jpg
 ▲ブラン・ド・ブランは和食系でも全く問題なく合わせられるので便利です。もちろん、外の和食屋にミニエールは置いてないわけだけど。



 立ち香──抜栓すると、まだまだ元気で粒の大きな泡がグイグイと上がって来ます。香りはバーモントカレーのCM流に言えば「リンゴとハチミツとろ〜り溶けてる♪」というニュアンス。そこまで樽香は前に出てなくて、むしろ濃厚なジャムのような粘性のヒント。

 ♡☺♡「旨いっ! 酸っぱくていいわ〜。身体中の疲れがほどけていく感じ。これ旨い。ギュギュッっとした凝縮感。」



2019_3_30Miniere6681.jpg
 ▲ロッテ広報が発表した美波ちゃんのコメント:「ちょっと届かなかったですが、思いをボールに乗せすぎたと前向きに捉えて、100点満点をつけたいと思います。」←事前に考えるタイプ。



 思ってたより濃く、そしてまだまだフレッシュ。こりゃ5年10年持てる強さだ。結果的にコレが最後に開けられたので、より追熟している可能性もあるだろうけど、3本の中ではコレが一番ジューシイだし濃く感じる。グラスに注ぐとミニエールらしいキリキリと鋭利でシャープな樽フレイヴァーの奥から甘やかなバニラの風が舞い込んで来る。改めて飲むと、師匠のジャック・セロスとは味筋はまるで違いますね。端的に言って、まだまだ尖った粋がり感 (イイ意味での向こう見ずな若さ) に溢れてます。

 エッジの利いた新世代ブラン・ド・ブランとしての溌剌とした魅力は確かにあるし飲んでも十分に旨いんだけど、まだまだ樽の年齢が若いのか、これは使い古して行くことで、数年後にはもっと練れたタッチの優美な果実味を表現することが可能になるんじゃないでしょうか。

 グラスから浮き立つアロマはもはやシャンパーニュのそれではありません。完全にキリキリとシャープなブルゴーニュ・ブラン。ただ、含むと果実の濃さだけはシャンパーニュ基準ですね。コレとデュフールマリー・クルタンなんかを飲み比べると、なかなかに素敵な休日を過ごせるかとは思います。デュフールは、そろそろ6,000円台では買えなくなるかも。ジワジワと人気上昇中です。


moukan1972♂moukan1973






Miniere 浜辺美波

Comment

Add your comment