もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 今季の「山鷹 (山廃の菊鷹) 」は軽く仕上がってるヤツが多そうな予感。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤長陽福娘 - 限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 30BY 2本目!<山口>  




musume_junmai_jikagumi30by2_1a.jpg
 ▲美波ちゃん、姫ポテンシャル高杉。このオレですら、ちょっと甘く見てた (低く見積もってた) わ。ま、逆に言えば、マネージャー的には「 (うちの浜辺は) これくらいならいつでもできる」ということなんでしょうね。確かに寂しげな表情して黙って俯いてりゃ何もしなくても勝手に美人だもんな。これ、ある意味、松岡修造がコナカを着て〝ただ立ってる〟だけで様になるのと同じことです。加えて昭和の大根女優たちより今のコの方が研究熱心で器用だから──これにはオレなりの分析結果があるが長くなるからココでは書かない──、そりゃ最強なわけだ。向かって左から撮ってれば更に完璧でした (右目の方が小さいからコチラを手前にするとバランスが釣り合う) 。たとえば和田勉なら必ずそうしていたはず。日頃は「老けてる」だの「ババ臭い」だの言われてますが──実際そうなんだけど (笑) ──、むしろ今回は実年齢より少し下 (15〜6才) くらいの〝ウブな小娘感〟が良く出てました。[伏し目がちテイク

 ▼動画で細かく確認すると実際には触ってヌワイですね。←触ってたら流石にNGか (笑) 。
musume_junmai_jikagumi30by2_3.jpg




 これ、たぶん1本目とは別ロットです、長陽福娘 (ちょうようふくむすめ) の俺称「赤いヤツ」です。読者さんの話だと「青いヤツ」がそれなりの変化を見せてるようなので、まずは熟成定数がよりデカいコチラを開けました。飲んでから気づいたんだけど、数値が違いますね。もちろん「数値そのもの」が「味わい」に対して絶大な影響を与えるとは思ってないけど「仕込み違いの証拠」ともなれば話は別。

 ここ何年か、いろんなスペックで〝数値違い〟が報告されてるし確認もしてるので、むしろ「赤いヤツ」にもそれがあると考えるのが自然か。実際、1本目とは別の日に別の店で買ってるんだよね。特に28BYは読者同士でスゴく意見が分かれたので、この原因を〝ロット違い〟で説明することは極めて合理的だと言える。真相はわからないけど、面倒臭いのでいちいち蔵元には確認しません。所詮、造り手と飲み手は同じ空を違う場所から眺めているのに過ぎないわけで。



musume_junmai_jikagumi30by2_2.jpg
 bottle size:720ml[1本目の裏ラベル





【766】長陽福娘 -ちょうようふくむすめ- 限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 30BY <山口>

岩崎酒造 株式会社:http://www.fukumusume.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:山田錦/60%
▪︎酵母:山口9E
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+3.7/1.85/─ (※ちなみに至高の27BYは「+4/2.0」です。)
▪︎特記事項:あれ!? 日本酒度が1本目 (+4) と違うじゃん。飲んでから気づいた。どうりで・・・。
▪︎ALC:17-18%
▪︎処理:直汲み無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2018年12月
▪︎管理状況:2018年1/31に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年3月26日 (火) /1本目に開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not My On List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み




musume_junmai_jikagumi30by2_4.jpg
 ▲すでにレジェンダリーな存在になりつつある「お馬さんデート」シーン。音楽 (「Aretha Franklin - I Say A Little Prayer」の意味不明カヴァー) の使い方が奇異で賛否もあるが、逆にこれくらい謎のインパクトがあった方が将来的に〝カルト化 (面白シーンとして定番化) 〟する可能性がタカマールからオレは大歓迎です──そもそも日本のドラマや映画に音楽の質は求めていない。一応は〝歌詞に想ひを込めて狙い〟なのかな。



 立ち香──確かに少し鼈甲飴っぽいテカりを感じるな。それこそ「かりんとう」みたいな表情も。ま、実は「かりんとう」は黒くて太いヤツも細くて柴犬カラーのヤツもどっちも好きなんだけど、もはやファンタグレープなにそれ的な、乳酸というよりは、どちらからと言うとチェルシー換算で「バタースカッチ」の方ですね (笑) 。

 飲んでみる──。

 甘っ (笑) 。なんか牛 (もう) 、新酒時代とは全く違う酒になってるんすけど。ガスは少量ながらもグラスには細かな泡が付きます。味はまさに「飲む綿飴」です。でもなあ、マチダヤPBの生熟 (山田錦55&山口9E酵母) とか、こういう和テイストな熟し方をするケースもあるんだよな。もうちょい酸が立ってればリンゴの水菓子みたいなシャキシャキのテクスチャーも感じれるんだけど。



musume_junmai_jikagumi30by2_5.jpg
 ▲不自然な (つまり生理的には自然な) 眼球運動は『キミスイ』以降の美波ちゃんの必殺技の一つ。



 しかしまあ、あのウォッカみたいに喉ティンコファイヤーだった酒がたった2ヶ月でここまで変化するか普通。元々そこまで「山田錦50」と比べて長命の酒ではないけれど、これはヨソウガイデス。あーあ、面倒臭せえなあ、日本酒って (笑) 。


 Additional Notes 💬

dಠಠb
「と思ったら、まさかのロット違い疑惑。それなら納得だけど、真相はさて。とにかく1本目との共通点がラベルの色以外に簡単には見つかりません。じゃあ、これが旨いのかどうかの話になるけど、別に不味くはヌワイし、むしろこの状態の方が好きだと言う人も多いだろうけど、オレが必要とする酒かどうかはまた別の話。ちょい18号酵母系のカプロン酸エチル香が出ていて、太り気味の純吟直汲み (18号+熊本酵母Ver) というニュアンスも若干あります。」





musume_junmai_jikagumi30by2_6.jpg
 ▲殿のオデコに何かが止まる。



 ワイングラス──。  

 そこそこスッキリしてるけど、オレには少し甘いですね。旨みのネチっと感がオレには〝やや〟お餅だけど、29BYよりは軽やかかな。ここ最近、残念ながら「長陽福娘」は「御三家の落ちこぼれ」になりつつありますね。オレの求めるエッジの利いた「不良っぽさ」がなくなっちゃったというか。

 今のこの酒は明るく人懐こい和風米サイダーという感じで、他にも似たような酒があった気がするけど、いちいち思い出すのも面倒臭い──実は想ひ出してるけど書いてリンクを張るのが面倒臭い





── 2日目。

musume_junmai_jikagumi30by2_7.jpg
 ▲得意の左アングル。目の大きさが見かけ上シンメトリーになる。



 立ち香──昨日よりカプエチが前に出て来たかな。

 甘いは甘いけど、昨日より〝らしい〟ザクザクしたテクスチャーが増してイイ感じだな。正直、少し安心しました。酸のアタックも鋭角的になって、簡単に言うと、昨日よりキレが増した印象

 うんうん、問題ないわ。ただ、温度が少し上がると綿飴攻撃が始まるけどな (笑) 。それでも何とかギリギリ甘ダレ阻止に向けてフンバルト。



musume_junmai_jikagumi30by2_8.jpg
 ▲右アングルだと向かって左の目 (右目) が小さくなる。



 もはやどこの何の酒まるで分からん状況だけど、謎の地酒としては中の上 (ちゅうのじょう=ありよりのあり) 。知らずに飲んだら、ほんの少しだけ「ん?」とはなるくらいには個性的。ただまあ、個人的には、もはや夢中になる要素はヌワイですね。ちなみにmoukan1973♀は、♡☺♡「今日の酒、あれ何? やたら甘かったんだけど・・・。ハッキリ言って旨くないでしょ。えっ!? 陽子!? あああ、もはや御三家の落ちこぼれかもね。」──と言ってました。そこまで酷い酒ではヌワイけどな。

 30BYは「純吟 山田錦50 直汲み 山口9E酵母」がイイみたいなので、ひとまず720mlを2本くらい買っておくか。ま、個人的に「山口9E」は至高の27BYをそこそこ堪能したので、余程のことがない限り、今さらオッパイ (胸) が踊ることはないけどね。「金で上を目指せない」日本酒にあっては、奇跡を二度以上体験することは難しいんだよね。





── 3日目。

musume_junmai_jikagumi30by2_9.jpg
 ▲黄金の左アングル。牛 (もう) 、完璧。



 甘っ!!! 滑らかなアタック、しなやかな旨みの球体を包み込む、少し逞しくも〝らしさのある〟ミネラル感。まあ、イマドキ地酒としてのクオリティは疑いようもなく高いです。ただ、オレの視界に入って来るかと言うと・・・。



musume_junmai_jikagumi30by2_10.jpg



 excellentよりのgoodですね──「on my list」はされないけれど。もはやジョウジョモニイ (どうでもいい) 感じなのでオマケしておこうかな。

 野暮ったいドッカン甘旨地酒ばかり飲んでウキャウキャ言ってる幸せな飲み手なら、このクラスの酒の持つ独特の上質さをいとも簡単に探せるんじゃないでしょうか。オシャレな甘旨系というか。

 どこかで売れ残りを拾えば「ナイスな甘口瓶」に当たる可能性はタカマーリます。


moukan1972♂






日本酒 長陽福娘 浜辺美波 not_on_list_excellent 大奥

Comment

Add your comment