もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日本酒を飲んで心底「面白い」と思ったのは久しぶりかも。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Sherwood Estate / シャーウッド・エステート Waipara (ワイパラ)「Stratum / ストラタム」ピノ・ノワール 2017 




2019_3_20Stratum5887.jpg





 毎度アクセスありがとうございます。


 フィッチでシャンパーニュを買ったついでにアンダー2,000円の平日ワインを適当に拾ったうちの1本。他の店だと2,000円を少し超えることが多いみたい。NZのワイパラのピノ・ノワールです。割りとネット上に華やかな晴れ舞台が用意されてるワイナリーなので、興味のある人は検索すると、それこそ、ワイワイ、パラパラとアオリー (煽り) な言説が飛び交います。

 かつて山本昭彦先生 (この人、影響力あるのね、どちらかと言うと「舌」より「口」が利くタイプだと思うけど) も「ワインレポート」の中で「2014」を高く評価してましたが、別にそれを信用して買ったわけではありません。ヴィンテージも違うし、ALC.度数もこの「2017」は12%と、少し低めだし。




2019_3_20Stratum5891.jpg





◤Sherwood Estate / シャーウッド・エステート Waipara (ワイパラ)「Stratum」ピノ・ノワール 20171,906 円

Tag Link



2019_3_20Stratum5913.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。想像通りウニョウニョ系。なんだろうなあ。やっぱオレには「ミキプルーン」とか「劣化した醤油」とか「黒酢」を感じるんだよな。こういうピノ・ノワールは今のところ好みじゃないです。エレガントじゃないもの。ブルゴーニュ的なピノ・ノワールとはまるで異なるこうしたニュアンスを、世のワイン評論家たちはどう受け入れ、どう捉えているのだろう。

 グラスに注いで──柔らかフローラルで爽ヤカン。

 あまり酸は感じないけれど──。



2019_3_20Stratum5932.jpg
 ▲スティルトン (イギリス原産のブルーチーズ) なかなか旨い。エポワス同様、色の濃い部分が、なんか甲殻類 (カニ) の味噌みたいなニュアンスの香ばしさがある。ゴルゴンゾーラより好きかも。昭和のぎょう虫検査セロファンを想ひ出させるタッチで臭いけど (笑) 。



 ま、値段なりかな。アタックはクリアで甘やかだけど、適度なサイズ感でグニョっとした旨みの球体もあり、薄いけど水ではヌワイ感じ。だったら1枚 (1,000円) 足して〝更なる幸せ〟を手に入れた方が有意義なような気もするけれど、この値段にコスパを求める心理って、要はハズした時の「切なさ回避保険」ということなんでしょ (笑) ? 3,000円でハズすと切ないけど、2,000円ならグラスワインにムダ毛が生えた程度で諦めもつくというか。

 ブっちゃけ、山本先生が何をそんなにギャーギャー騒いでるのかはまるで理解できないけれど──ま、ヴィンテージも違うんだけど──、とはイエイ、下品と上品の谷間をスレスレ駆け抜けるだけの節度はあり、大仰で鈍重なグニョピノの1歩手前で踏み留まってる感はあるのかな。実際、先日のドメーヌ・デ・グラスよりはマシだけど、安ピノというジャンルなら、個人的にはアラモスの方が舌に馴染むし、やっぱストラタムはブルゴーニュ換算だと酸が足りなーい

 ニューワールド系のハズレ安ピノの共通点──それは、果実の表現を諦めて、その他のゴニョゴニョ要素を過剰に前に出すこと。そもそも香りが全然良くねえよ。これなら1枚足して「AOCブルゴーニュ」を買った方が絶対にシアワセになれます





 1973チャレンジ!!!
2019_3_20Stratum5937.jpg



 あまりにも「篠峯 Type-M」がなので、もう少し飲ませろというリクエストを受けて──。

 dಠಠb「ま、実際には5〜6種類くらいの糞ワインによる料理酒ブレンドなんだけど、中身は80%以上がピノ・ノワール。今日のヤツは40%くらい入ってる。冷やせばそこそこ飲めるから (笑) 。」
 ♡☺♡「普通に飲める (笑) 。軽くていいわ。」

 dಠಠb「これでもストラタム単体よりはマシだから。あとは温度だな。冷やせば雑な要素は誤魔化せる。しかしアンタの舌は安いな (笑) 。」
 ♡☺♡「いいでしょ (笑) ?





◤Catena / カテナ「Alamos Selección / アラモス・セレクシオン」ピノ・ノワール 20161,944 円

Tag Link



2019_3_21alamos5970.jpg
 ▲♡☺♡「地味だけど、このコ、いい子そうじゃん」。〝女優〟というよりは〝女子アナ〟サイズの容姿。銀座和光のインテリア売り場にいたらそこそこキレイ。もしくはグアム在住のスキューバダイビングの美人インストラクター。





 というわけDE、木曜に散歩がてらmoukan1973♀とチャリで歌舞伎町の信濃屋に行って、買ったその日に開けてみた。

 比べるまでもなかったですね。もちろん、タイプは異なるけど、明らかに気品とフィネスがあるのはコチラ。とにかく「無理をしていない」という点に好感が持てる。地味だけどキチンとした身なりで品があり、物静かながらも快活な果実味がある。これまでに口にしたアンダー2,000円の安ピノの中では一番イイです。楽天最安値で1,512円。これは満足度タカシスト。これぞデイリーピノの優秀瓶。


moukan1972♂






Sherwood_Estate ニュージーランド

Comment

Add your comment