◤Domaine Philippe Charlopin Parizot / フィリップ・シャルロパン・パリゾ AOCブルゴーニュ「Cuvée Prestige 」2015 




2019_3_16Charlopin5648.jpg

 ▼親子似スギ (笑) 。





 毎度アクセスありがとうございます。


 フランスはブルゴーニュの「ジュヴレ・シャンベルタン」に醸造所を構えるスター生産者 (オヤジのフィリップ氏は今やロマネ・コンティよりも高値の付くこともあるアンリ・ジャイエの弟子としても有名) ですね。この「AOCブルゴーニュ」──ドメーヌが所有するブルゴーニュ各所 (ジュヴレ・シャンベルタン、マルサネ、フィサン、モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ヴォーヌ・ロマネ) のあらゆる畑のブドウをブレンドして造られるキュヴェ──ですら、ヴィンテージや販売店によっては余裕で4,000円を超えますが、今回は近所の信濃屋にスポットで安く入ってたので買ってみました。




2019_3_16Charlopin5653.jpg





◤Domaine Philippe Charlopin Parizot / フィリップ・シャルロパン・パリゾ AOCブルゴーニュ「Cuvee Prestige 」20153,564 円

Tag Link



2019_3_16Charlopin5683.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。この時点では思ってたほど芳醇でもない (酒屋や代理店の煽りがスゴい) 。やや黒酢やプルーンジュースっぽい渋酸も感じるけど、そこまで複雑でウニョウニョしてるわけでもない。割りとすり下ろしジューシイな印象。

 グラスに注いで──おっと、先ほどとは異次元の広がり (笑) 。花と果実とのエロティックな取っ組み合い。舌に乗るジュリジュリしたテクスチャーのヒント。透明感とは真逆の液性なので、酸の抜け感はそれほどでもないけれど、まあ、そこそこエンタテイメントなACブル。



2019_3_16Charlopin5687.jpg



 コンディションに問題はなさそう──。

 ♡☺♡「旨いけど薄いなー。」
 dಠಠb「薄くねえよ、何言ってんの?」──だったら「アルパカ」でも飲んでろよ。

 ♡☺♡「やっぱ薄くない。」
 d++b「・・・・・。」

 しかしmoukan1973♀のスティルワインに対する病的なまでのバカ舌は何とかならないものか。せっかくいろいろ買って来ても飲ませ甲斐がなさ過ぎる。そういや、かつてサンジュリアンさんの奥様も「 (ワインは) 何を飲んでも全部同じに感じる」と言ってたっけな (笑) 。



2019_3_16Charlopin5692.jpg



 そうかと思うと、シャンパーニュに関しては大して出来の良くない瓶でも、♡☺♡「旨い旨い」と言う。ま、所詮はヲンナだな (性差別発言) 。大切なのは気分!──良く言えば「情緒を重んじる」ということでもあるが、より正確に言えば「感覚に対する分析作業 (知覚の再構成) が生物学的に不得手である」ということに過ぎない。

 結局、イマドキ日本酒の生酒って、味が濃いんですよ。シャンパーニュもスティルワインの白よりは味が濃い。そういうのに慣れちゃったもんだから、何を飲んでも「薄い薄い」と言う。ま、実際に薄いモノが多いんだけど (笑) 。



2019_3_16Charlopin5695.jpg



 タンニンもしっかり (オレにはすり下ろし系のテクスチャーを感じる) 。樽の利きもそこそこ強く、このクラスのブドウだと、ややそこを支え切れないという印象も。ま、問題ないレベルではあるけれど、特にお値打ち感があるとも思えず──だってこれ、店によっては5,000円近くするんだろ?──、だったらギイヤールでしょ、という話ではある。ま、それに関しては「透明感」や「エレガンス」を常に重視するオレの嗜好に依拠することではあるけれど。

 時間と共にジャムっぽい肉感が膨らんで来るし、樽由来の香ばしいカカオ&ナッツもイイ感じに懐いて来た。ズリズリした軋むような力強いミネラリティと、まるで削りぶしライクな旨みのモザイク。あああ、徐々にイイかも (笑)

 なくなっちゃった・・・。

 ♡☺♡「スイスイ飲めていいわ。あんま酔わない。」←そんなアナタには「ほろよい〈ぶどう〉」をオススメ致します。

 今後のブル赤に関する購入方針としては、シャンのNVと同様、まずは様々なドメーヌやネゴシアンで販売しているエントリーレンジの「AOCブルゴーニュ」を3,000〜4,000円で拾いつつ、気に入った造り手に出会えれば村名アペラシオンに進み、更にそれが気に入ればウメムラの6本セットで1万前後のキュヴェ (1er Cruとか) をリクエストして単価を下げる、これでイキます。

 こうなると、もはや日本酒の (どうせ旨くもない) 初銘柄をいちいち試してる暇なんかヌワイな。日本酒は自前で旨すぎる瓶を育てすぎた。これより上を目指すことは本当に容易ではヌワイが、とりあえず30BYは「黒澤 Type 9」を4本 (1800ml×1、720ml×3) ほど確保したから一安心。日本酒に関してはいろんな銘柄を飲んだって得るモノは少ない。ポテンシャルの高い瓶を最高の状態で飲む、これだよ


moukan1972♂moukan1973






ブルゴーニュ赤 Charlopin ジュヴレ・シャンベルタン

Comment

Add your comment