もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤Matteo Correggia / マッテオ・コレッジァ DOCGロエロ「Roero Rosso」2010 




2019_3_9Matteo_Correggia5446.jpg
 ▲サングラスとカツラを付けた出川哲朗ではなく、奥田民生です。







 毎度アクセスありがとうございます。


 イヤな予感はあったものの「シャトー・ラネッサン 2004」がまんまと逝ってたので、そうなると同じ店で買ったコレもアヤシイことになるわけだけど、今日はそーゆー日ということで、前向きに開けてみた。

 2004年にDOCG (Denominazione di Origine Controllata e Garantita) に昇格した「Roero / ロエロ」です。ま、フランスのAOCより評価基準がユルいので、そこまで信頼度の高いランクでもないみたいです。セパージュは〝ピエモンテの魂〟とでも言うべき「ネッビオーロ100%」ですね。ピエモンテには「Barolo / バローロ」と「Barbaresco / バルバレスコ」という「二大DOCGロッソ () 」があるけど、これらはマトモな瓶を引くには5,000円〜と「AOCシャンパーニュ」並みの予算が必要なので、そうした意味でも、近年「Roero / ロエロ」はまだまだ割安で旨いヤツが引けるということで注目されてるようです。



2019_3_9Matteo_Correggia5453.jpg





◤Matteo Correggia / マッテオ・コレッジァ DOCGロエロ「Roero Rosso」20102,451 円

Tag Link



2019_3_9Matteo_Correggia5425.jpg



 立ち香──甘酸っぱいドライフルーツのようなニュアンスもありつつ、香りの出力は控えめで清楚。ブルーベリー・ジャムのような果肉感もある。あとは、少し煙草の葉のような酸味。

 コンディションに問題はなさそう──。

 ♡☺♡「ほど良くカジュアルで旨い。タンニンの先生が強すぎないのがいい。」

 まあ、値段なりというか、良くも悪くも人懐こくフルーティーだがタンニンはしっかり。少しネトっとした甘旨酸のトライアングルがあって、豊かな量感はあるのだけれど・・・ブルゴーニュが恋しい・・・という。



2019_3_9Lanessan5427.jpg



 あとはコンディションも完璧ではないでしょうね。少し〝くぐもり〟を感じる。うーん、次はちょっと真面目に──近所でサクっと拾うのではなくて──ちゃんと目星をつけて「Roero / ロエロ」を選んでみようかな。ぼちぼちワインも「飲めるは飲める」という段階は早くも抜けて来た。一度「旨いヤツ」引いちゃうと、それ未満の酒が完全にどうでも良くなる。

 そう考えると、安いし味わいもキャッチーだけど、それでも「カサーレ・ヴェッキオ」は良く出来たイタリアワインだと思うわ。


moukan1972♂moukan1973






ピエモンテ ロエロ イタリア赤

Comment

Add your comment