もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 低アル志向の「菊鷹」は一定の成果を上げているだけに、山本杜氏の移籍は痛い・・・。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤Chateau d'Antugnac / シャトー・アントニャック AOCリムー (Limoux) オート・ヴァレー「Terres Amoureuses / テール・アムルーズ」2015 #Domaine des Deux Roches 




2019_3_6Antugnac5081.jpg
 ▲ドラマ版の完成披露イベントに登壇。アニメ&ドラマの2期に実写の劇場版公開と、2019年は『賭ケグルイ』イヤー。TBSなので今度こそ『王様のブランチ』の「お買い物の達人」コーナーに英監督と一緒に出てくれ──高杉くんは喋れないし面白くないから。[映画/ドラマ『賭ケグルイ』公式][俺たちのTOKYO POP LINE][modelpress][イベント動画



 ▲今のところ2019年のベストショット。TOKYO POP LINEの編集部は有能。カメラマンだけが有能でもイイ写真を選べないヤツも多いから。







 毎度アクセスありがとうございます。


フランスワイン地図3 アンダー2,000円のワインを適当に同梱したうちの1本なのでそこまで気にしてなかったけど、これまた南仏の「ラングドック・ルーション地方」のワインでした。「リムー (Limoux) 」はラングドック南部の町で、いくつかの「AOC」もあるようだけど、今回は格付けナシのキュヴェみたいです──いや、シールを剥がしたら「Appellation Limoux Contrôlée」と書いてあった、シネよ。セパージュは「シャルドネ:85%、モーザック:15%」で、モーザックはフランス南西エリアの土着品種みたいです。

 アントニャックはブルゴーニュのマコネ地区のドメーヌであるドメーヌ・デ・ドゥー・ロッシュが1997年に購入したシャトーで、当時は畑もセラーも荒れ果てていたらしいけど、それを3年かけて整理したんだって。よくフィラディスがメルマガで別ラインの「La Closerie Des Lys / クロズリー・デ・リ」を薦めて (煽って) 来るんだけど、同じ蔵だったのか。次はそっちを飲んでみるか──何がどう違うのか知らんけど。




2019_3_6Antugnac5088.jpg
 ▲英勉 (はなぶさ つとむ) 監督にも文字を入れてやれよ (笑) 。監督は偉いんだぞ! 引率の先生じゃないんだぞ!

 ▼ここにシールを貼る輸入元はマジでセンス無さすぎな。
2019_3_6Antugnac5127.jpg





◤Chateau d'Antugnac / シャトー・アントニャック AOCリムー (Limoux) オート・ヴァレー「Terres Amoureuses / テール・アムルーズ」20151,782 円

Tag Link



2019_3_6Antugnac5094.jpg



 立ち香──まずは開けたての瓶口から。なんか赤い果実系のニュアンスもあるんすけど。シャンパンのピノ・ノワールっぽいというか。ベリー&チェリー系のジャムみたいな表情も。そこはかとないレベルで樽由来の春風のような優しく甘やかなバニラ。丸みのあるクリーミーなテクスチャーのヒント。あれだな、なんか「Ca N'Estruc レキリブリスタ白」を想い出すな。

 グラスに注いで──どことなくスモモやザクロやアプリコットを感じるんだよな。あとはスパイシーというか、ファンタの「フルーツパンチ」というか (笑) 。

 間違いなく好きなパターンです──。



2019_3_6Antugnac5112.jpg



 値段なりの薄さだけど、エレガントにチャーミングで、アリっちゃアリですね。酸もミネラルもブルゴーニュやシャンパーニュ基準だと全く足りてないけど、つい最近飲んだ「デュポン・ファン Chaumes des Perrieres」っぽい青梅ライクなフルーティネスがあって、ちょうどその値段の半分くらいの価値 (笑) 。酸は糸のように細いものの、多少は長めの余韻を引き連れて来ます。

 そして、この流れで「REGULUS」を飲むと「全く酸っぱく感じない」という事態に遭遇し、そして紛うことなき「米の酒」を感じるという (笑) 。デロんとした甘みに旨みがしっかり乗って来る感じね。もはや「甘い酒」だし、まるで「バナナ味のシフォンケーキ」みたいだし、そこそこウルサイ酒です。



2019_3_6Antugnac5122.jpg



 ま、所詮は「原料:穀物」なので、多少はハンデをあげないとな──他の「日本酒」から多少は際立つことができても同価格帯のワイン (輸送費などを考慮して2,500〜3,000円で換算) と比較されると可哀想な面も出てくる。あとは、安いくせに、このシャトー・アントニャックがそこそこ頑張っちゃうんだよなあ──※「AOCワイン」でした。当然、身のこなし軽やかながらも質感豊かなミネラルが舞うしね。これは「」を目指したくなるし、当然のようにシャルドネ100%の「Las Gravas」という上級キュヴェ (3,002円) が売ってるんだわな。「REGULUS」もこれはこれでイイ出来なんだけど、やはりココからの「上」を目指せないのが何とも・・・

 この白を飲む前は──ちょうど5の倍数日だし──楽天で「REGULUS」の2本目を買う気マンマンだったんだけど、今はアントニャックの上級キュヴェを狙いに行くことしか頭にヌワイという切ない事態に・・・。

 日本酒はマジで「上」を目指すのが難し過ぎるジャンルで、最近の悩みはコレに尽きる。つまり、旨かった酒の、それと同じライン (同じ方向性の味わい) の、もっと旨いヤツを金に物を言わせて買うことができない。たとえば「REGULUS」なら、より出来の良い 「五百万石&越淡麗」で造った中取り部分を急速火入れして1年間「樽熟成」させてから出すとか、多少は上級キュヴェを造れる余地 (伸びしろ) はありそうなんだけど。もしくは複数仕込んでブレンドか、タンク選抜。

 多くの日本酒マニアとやらが一つ飲んだら飲みっぱなしで、すぐに他の酒のことを考えてしまう理由がこれでようやく分かった。それが旨くても同じ方向性で「上」を目指せないから──厳密な意味での「テロワール」なんか存在しないし──、それで潔く諦めて、別の銘柄の全く味と香りの異なる別の酒を飲むんだろ?

 そしてやがて〝それ〟が目的になり、今宵も笑顔で銘柄スタンプラリーの旅に出る、と。ま、ラーメン好きのラーメン屋巡りと同じか。


moukan1972♂






Antugnac ラングドック・ルーション 浜辺美波

Comment

Add your comment