◤Farnese / ファルネーゼ DOCモンテプルチアーノ・ダブルッツォ「Casale Vecchio / カサーレ・ヴェッキオ」2016 




2019_2_23Farnese0004.jpg




 毎度アクセスありがとうございます。


 イタリアはアブルッツォ州でモンテプルチャーノ種から造られる赤ワインですね。DOC認定は1968年です。野暮用で西荻窪に出向いた際に「KALDI」で適当に買って来たんだけど、どうやら『神の雫』で取り上げられてから更に人気が爆発したようで、今では日本が最大の消費国みたい (笑) 。

 ま、非常に分かりやすい、いわゆる一つの「飲みやすぅ〜い ♡ 」タイプのジューシイな赤なので、花見なんかの屋外パーリイ飲みにはモッテコイじゃないでしょうか。

 詳しくは「楽天最安値」でリンクを張ってる「トスカニー」の販売ページをご覧下さい。



2019_2_23Farnese0009.jpg





◤Farnese / ファルネーゼ DOCモンテプルチアーノ・ダブルッツォ「Casale Vecchio / カサーレ・ヴェッキオ」20162,088 円

Tag Link



2019_2_23Farnese4602.jpg



 立ち香──まずは開けたてを瓶口から。まだ冷やしてないから、今の段階では、まったりした甘やかなミルクチョコ系。キノコっぽい酸も感じる。味は濃そう。コンディションは特に問題なさそう。

 グラスに注いで──果実感が膨らんできた。絵の具ミネラルも感じるけど、すりおろしジューシイなタッチも感じます。



2019_2_23Farnese4628.jpg



 ♡☺♡「今日は3本ともアタリ!

 これで2,000円前後なら大いにアリゲーター。人気あるのも理解できる。基本的には「濃厚フィールド」に鎮座する位置付けで、やや筋肉質なタンニンとザラついたミネラル感がありつつも、全体としては極めてバランスが良いです。

 少し冷やすと甘酸の緊張感が増すので、より明るくフルーティーになる。小難しさ皆無のキャッチーな赤だけど、たとえば「フアン・ヒル シルバーラベル」なんかよりはワインっぽいので、品性はコチラの方が上。



2019_2_23Farnese4636.jpg



 アタックも柔らかく、果実感もそこそこグラマラスなので、人懐っこいっちゃ人懐っこいけど、イタリアワインだし、ある意味で飲む前の想定を何も裏切らない安心感はあるので、この値段としては、非常に手堅いです。

 オレ個人の嗜好に照らすとリピートは微妙だけど、外 (レストラン) で──滅多に行かないけど──他に飲むモノがなければ、黙ってコレをボトルで入れてしまうかもしれないし、際立つエレガンスを求めているわけでもなければ、普通に人様にオススメできるクオリティではあります。まるで気取りのない、素直に飲み応えのある、やり過ぎてはないけど十分に諸々が足りてる濃醇フルーティーな赤です。





── 2日目。

2019_2_23Farnese4661.jpg



 2016年のヴィンテージだけど、完全に「早飲みタイプ」ですね。買ってすぐに美味しく飲めるので手間要らずで、そのへんも人気の理由なのかもね。肉に合わせるには少し酸が足りてないような気もするけれど、その場合は少し冷やして飲みましょう。もちろん道に落ちてれば拾うし、人に貰っても邪魔にはならないし、気が向いたらまた買ってもいいかな。

 酒単体でもイケるタイプなので、休日に昼間からオヤツをつまみながら飲むのもアリゲーター。


moukan1972♂moukan1973






Farnese イタリア赤

Comment

Add your comment