もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日曜に「黒澤 Type-9」の1800mlを開けました。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤篠峯 - 田圃ラベル「Blanc (白) 」純米大吟醸 伊勢錦50 にごり酒 生原酒 30BY <奈良> #三幸製菓『えび揚げせん』 



賭ケグルイseason2浜辺美波1
shinomine_blanc_nigori30by1.jpg



 今季は「にごりざけ」と名の付く商品が増えました、チヨメン6組 (千代酒造メンバーの6号酵母隊) 、伊勢錦50「Blanc」のニゴリ君です。未だに「Branc」というスペルミスをタマに見掛けるんだけど (笑) 、ブラン・ド・ブラン (Blanc de Blancs=白ブドウの白ワイン) の「Blanc」だからね!

 特に製造方法に関しての質問は送ってませんが、飲んだ感じの印象だと、透明ヴァージョン (通常瓶) よりも締め付けの強い軋むようなテクスチャーを感じたので、もしかしたら「責め部分」がブレンドされてるかもです。ちなみに瓶内二次発酵はしてません。そればかりか、別にいつもの──「ろくまる」とかの「うすにごり」と何も変わりませんね。

 そういう意味では「櫛羅 純米 にごりざけ 生原酒 30BY」の12月印は炭酸飲料レベル (活性ニゴリ並み) のガスがありましたので、コレと商品カテゴリが同じというのは誤解を招きます。つまり、ある程度のガス感を求めて買っても期待には全く応えてくれません

 あと、酒とは「原料:米」以外は特に関係ありませんが、三幸製菓の新商品『えび揚せん』はヤヴァイです。食べた瞬間に森永製菓の『ポテロング』のテクスチャーを想ひ出したんだけど、やはりこれもノンフライ製法みたいね。なんか乾燥ヘチマみたいなスカスカ感もあって、なかなか面白いです。『味職人 サラダおかき うま塩味』に引き続き、オレが確認しただけでも、今年に入って銘品誕生が既に2回。これは誰か有能な商品開発者がいますね。これら2つの隠れ共通テーマが「新食感」というあたりにも、誰か一人の才能やセンスの台頭を感じさせます。これでCMキャラクターが「蒼井優」から「浜辺美波」にスイッチすれば、もはや我々に何も言うことはありません。




 ▼下は約25年前のキムタク (笑) 。
shinomine_blanc_nigori30by2.jpg
 bottle size:720ml





【750】篠峯 -しのみね- 田圃ラベル「Blanc (白) 」純米大吟醸 伊勢錦50 にごりざけ 生原酒 30BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:





▪︎酒米/精米歩合:奈良県産 伊勢錦/50%
▪︎酵母:協会6号
▪︎日本酒度/酸度/アミノ酸度:+7/2.3/─ (※29BY=+7/2.2/0.7)
▪︎ALC:15.5%
▪︎処理:無濾過生原酒
▪︎酒造年度/出荷日:H30BY/2019年1月
▪︎管理状況:2019/1/31に着、3℃で管理。
▪︎試飲日時:2019年2月18日 (月) / 透明Verの次に2本目として開栓。
▪︎JudgementOn My List / Not On My List
▪︎Grademarvelous/excellent/good/insufficient/faulty/indeterminable

※On My Listの酒に「faulty (失敗している) 」はない。Not On My Listの酒に「marvelous (驚くべき) 」はない。On My Listの「good」とNot On My Listの「good」は同じではない。On My Listされた時点で当ブログの嗜好を満たすものとする。「indeterminable (判定不能) 」の酒は各Listに振り分けせず。

※「Judgement」「Grade」内の単語は全てリンク済み



shinomine_blanc_nigori30by3.jpg



 立ち香── (透明Ver) プラス、こっちにはハチミツ様の甘やかさがある。ガスの気配はないな。若干細かい泡が上がってくるけど。

 ガスは29BYの「透明Ver」より弱く、30BYの「透明Ver」より強いくらい。あああ、これも「櫛羅 純米 にごりざけ 生原酒 30BY」と同様「あらばしり+責め」のブレンドなのかね。旨みが潰される流れの中で、舌の表面に少しズリっとした締め付けがある。

 なんか微妙だなあ。甘酸の明度は透明Verよりタカーメでビビッドだけど、甘みの質が、どことなく缶チューハイの「グレープフルーツ」みたいなんだよな。つまり、人口甘味料ライク。



shinomine_blanc_nigori30by4.jpg



 そして、比べると「にごりざけ」の方が重いし苦い。正直、これは要らないです。「透明Ver」の残り100mlをココに足して少し冷蔵放置します





── 2日目。

shinomine_blanc_nigori30by5.jpg
 ▲あんま甘めの煎餅は好きじゃないんだけど、コレは意外に進む。[三幸製菓・梅のち晴れ

 ▼実写ドラマの「シーズン2」はMBS・3/31〜、TBS・4/2〜。アニメ版シーズン1「第9話」の歌唱シーンを実写でもヤリます──既に撮影済み。これは凄まじい地雷になること確実 (笑) 。劇場版 (映画オリジナル脚本) は5/3〜。[ドラマ版シーズン2の予告][アニメ版シーズン1「第9話」恋のロシアンルーレット ][劇場版の特報
賭ケグルイseason2浜辺美波1



 やっぱ少しだけ飲む──。

 ちょっと最後が重いし苦いなあ。まあまあかな。こっちの方が液性そのものはパキっとしてるんだけどね。というわけDE、残りは瓶を寝かせて2〜3ヶ月くらい熟成させてみます。やはり、上っ面なニュアンスで「砂糖甘い」ので、今季はこういうキャラなんでしょうね。

 一方の「ARROZ」は余韻にバニラリーなミネラル感もあり、総体としては細酸っぱい酒なんだけど、なんかカスタードクリームの幻影すら感じるよ (笑) 。だったら別に普通の白ワインを買うからオレにとっては必ずしも重要な酒ではないけれど、白ワインは飲まないくせに「超酸っぱい日本酒なら飲む!」という変わり者のアナタには一応オススメしておきます。低アルの「ワイン酵母酒」としては良く出来てると思うよ。ワイン酵母ではないけれど、例えば「木戸泉 Afruge」あたりが好きな人ならフツーに飲めます

 これを機に違う惑星系に飛んで行きたいのなら、これの倍以上の値段になっちゃうけど、やはり「ルフレーヴ “Macon-Verze” (3,628円) 」あたりは「さすがにモノが違う」と感じると思うな。日本酒の純米吟醸クラスと比べれば、確かにブルゴーニュは高価だけど、それは「1,500〜1,800円でハイレベルな商品が少ない (存在しない) 」というだけの話で、逆に「3,000〜5,000円の勝負」ともなれば、いかにこの価格帯の日本酒がクソばかりかが分かるとは思うぞ。

 日本酒の場合、基本的に「高価な米をオッパイ磨く」ことでしか価格を上げられないから、旨さのフィールドで高級路線を確立できないというジレンマがある。どんなに旨くても「美山錦65」の720mlが定価で3,000円を超えることはヌワイという、この何とも歯がゆい状況!

 逆に言うと、それはつまり「誰も旨い酒の造り方を知らない」ということでもあるんだな──販売力と影響力のある酒屋が「タンク丸ごと1本を言い値の即金で買い取るから720mlを1本5,000円以上で売れる旨い酒をオリジナルで造ってくれ」と依頼したとしても、蔵元は「特A山田錦」か「愛山」を40%以下で磨くことくらいしかアイディアが浮かばない (他はせいぜい「袋吊りの雫酒」と「氷温5年熟成」くらい) ──つまり、真の意味で「旨い酒 (高い酒) の造り方を知らない」ということ──どっかの田舎者が容器に凝るという話もあるにはあるが (笑) 。

 そして、よくよく考えると、これは非常 (非情) に恐ろしい話ではある。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 on_list_unsufficient 浜辺美波

Comment

Add your comment